吉母・永田郷  地元の 言い伝え


吉母・永田郷 地元の人の言い伝え

神功皇后の三韓征伐は吉母を本陣としていた。
このため大和朝廷の人が吉母に何年間か住んだ。

一の宮の住吉神社よりも吉母の若宮神社の方が格が上だった。

老人ホーム梅花園の上に日野大納言の砦があった。
永田石原の山中から妙寺にかけて、物凄い数の五輪塔がある。
梅花園近くをブルドーザーで整備した時、土中から多くの五輪塔が出た。

五輪塔で最大立派な物は妙音寺に納められている無縫塔で、元は字「大居」(だいい) にあったが祟りがあるので妙音寺に移された。
日野殿は字「大居」 で戦死した。

永田石原 日野八幡宮の宮守の先祖は北陸から御神体を運んで来た。



私見
天智天皇の「近江の比良」 の場所が見つからない。
萩市の指月山を元は平山と言った。
古事記で、天菩比命の子に建比良鳥命がおり、
  津島 ・・・・ 角島
  遠江 ・・・・ 萩市大井
なので、比良浦は「遠つ淡海」 として土井ヶ浜から萩市にあったと思う。
北陸は「越」 で、私見では記紀・万葉の越は油谷町・日置町。

老人ホーム春光苑裏にある日野殿廟墓 解説看板 では日野大納言は佐渡に流されたという。


下関市内で五輪塔が多い場所は
  青山くずれ ・・・・ 井田・小野・形山・有冨上 など
  永田郷の石原から妙寺にかけて

角川の地名辞典 山口県巻  青山城
「地下上申」 には、「往古青山弾正と申仁居住被仕たるとは申習候得共、弾正と申仁之由緒ハ申伝無御座候」 とある。
青山弾正なる人物の由緒は分かっていない。

私見では雄略天皇の吉野宮は綾羅木川の流域にあった。
永田郷と青山周辺の五輪塔は倭国の人たちが遺した物である。
五輪塔を立てた人たちは仏教の教養があり、すこぶる漢字を知る人たちだと思える。