毘沙ノ鼻 万葉歌碑


毘沙ノ鼻展望台の歌碑

長門なる 沖つ借島 奥まへて 吾が思ふ君は 千歳にもがも

歌碑の歌は、天平10年(738)、長門守巨曽倍対馬(こそべのつしま) が都で催された橘諸兄(たちばなのもろえ) に詠んだ歌である。
「長門の国にある沖つ借島の名のように、心の奥に深く思っているあなた様は、千年も長生きしてほしいものです」 と、自分の任国の地名を巧みに使い、長寿を願った歌である。

この地より西方5キロの海上に浮かぶ蓋井島こそ、天平の昔の「沖つ借島」 であろうとする伝承が、江戸時代中期以降に既に見えている。 「八幡宮縁起」(1689)・「防長地下上申」・「長門一の宮住吉神社史料」 などがそれである。

今、これらの伝承を重んじ、この島を眺望できる、ここ本州最西端の毘沙ノ鼻の地に、この万葉歌碑を建立するものである。


私見
この時の橘諸兄の家は御崎にあり、客と蓋井島を眺めながら歌を作った。
長門の「長」 は寿のことで、「長門」 とは御崎と蓋井島の海峡、御崎の海岸、あるいは蓋井島の港のことか。

万葉集
1021 住吉乃 荒人神 ・・・・ 吉母の若宮神社
1022 八十氏人乃 手向為 恐乃坂  恐乃坂は吉母のゴミ捨て場に上る道
1023 大埼乃 神之小浜者   大埼は毘沙ノ鼻、神之小浜は畳石
1024 毘沙ノ鼻 万葉歌碑  蓋井島の歌


吉母のゴミ捨て場入口に上る急な坂道の小字は「堂」
恐乃坂だ。