万葉のふるさと 佐世保


万葉集

1168 白埼
① 大潟町「水銀山」の隣の小字「白馬」
白崎を陸上自衛隊相浦駐屯地内の「白馬」に比定する。
太上天皇は相浦川を下って来たので、高天原は相浦川を上った所にあり、天石窟は湧水(天真名井か)がある泉福寺洞窟になる。
相浦川流域は遺跡が多い。

② 白南風町


1215 玉津嶋 ― ①宇久島の宮ノ首遺跡 ②平戸市野子 高島の瑪瑙

1238 竹嶋乃阿戸 ― 高島町の宮ノ本遺跡

1780 鹿島 ― 牽牛﨑向かいの鹿子前(かしまえ)町

1669 三名部浦 ― 船越 「鍋之浦」(場所はバス停 船越小前)

1671 湯羅乃前 白神 ― 平戸市小田町船越に近い「湯ノ﨑」
1220 木国之湯等乃三埼 ― 五島 曽根温泉

1672 黒牛方 ― 小値賀島の赤浜

1676 妹山・勢能山 ― 五島 中通島の山王山 雄嶽・雌嶽か

1680 真土山 ― 有田町か波佐見町の陶土皿山 (地順がおかしい)