曙王

垂仁記に「倭は師木の登美の豊朝倉の曙王」がでてくる。

輝北町市成のあたりに登美ノ丘、豊留・豊重、朝倉と地名がそろう。