邪馬台国 下関

アクセスカウンタ

zoom RSS 有冨 ハンドウ山 登山口 の道下の崖に生えるツル草の考察

<<   作成日時 : 2017/02/06 01:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0


立論やり直し
藤原宮御井は下関市有冨 ハンドウ山登り口下の空地にある井戸 説

万葉集52
畝火乃 此美豆山者 日緯能 大御門尓 弥豆山跡 山佐備伊座 
の「畝火乃 此美豆山」 の場所はどこか? が大問題となる。

美豆山 という表記は "美しい豆の山" ・・・ ちっこい山

藤原宮に遷都 文庫書紀D302-5 持統8年
12月6日に、藤原宮に遷り居します。 9日に百官拝朝す。

旧暦12月6日は太陽暦では12月末日。 万葉集52 の東西南北は冬至の日の出・日の入りの方位か?

先代旧事本紀 巻第一 では日向の橘の小戸橿原、橘の小門橿原と記されている。
神武天皇の橿原宮は海岸の橘の小戸にある。
文庫書紀@238-9
観れば、夫の畝傍山の東南の橿原の地は、蓋し国の区か。治るべし」 とのたまふ。
『角川 大字源』 で「」 の字を調べれば
@ おか。 陸。 山のふもとに入り込んだ、住むに適した所
A きし。 みずぎし。入江の奥にある岸。
神武紀 の通説一般的な「墺」 解釈は@
先代旧事本紀 巻第一 の 橘の小戸橿原 では「墺」 の意味はA

万葉集52香具山、菅山であり、香具山ではない。 香具山と香具山は別である。


『風水 気の景観地理学』 渡邊欣雄 著 人文書院 1994年
沖縄・台湾・福建省の風水を研究した学者(東京都立大学 社会学) の書
この本 P237 図43 から風水の明堂・龍穴は
有冨上 ハンドウ山の登り口下の空地(昔、中村本家さんの旧宅跡) の井戸

藤原=葛原 で、葛・ツタに覆われた場所は中村本家さん旧宅跡地の崖
その場所にある井戸が藤原宮御井か。
この空地には野兎がいる。 菟田の「菟」 は「卯」 で方位は東。
推古天皇 19年5月5日  文庫書紀C120-9
田野に薬猟す。 鶏鳴時を取りて、藤原池の上に集う。
真東に形山の青山が位置する。

先代旧事本紀の冒頭の神、天冨道 は有冨 字「中村畔」 の道
古事記の 常道(ひたち) の仲の国の造 も同じ。
日本書紀の片岡=常陸国風土記 那賀郡 茨城里 の片岡
 ↓
原=原=城 ・・・ つる草の類

神代から葛、野バラのツルが生えている。


ハンドウ山 登り口下の崖 片居・片立、磐余

ハンドウ山を100メートル登った所に巨大な山桜の木があった。
その辺に榊が生えていた。
若桜部朝臣五百瀬  文庫書紀D310-2
天香山の五百箇の真坂樹 文庫書紀@76-6

中臣の遠祖、天屋命  雄略紀の少子部など「子」 関係の地

高安城=長門の城 でハンドウ山 登り口付近の溝跡、山城跡
「高」 はハンドウ山の登り口
市中 文庫書紀D258-5 ハンドウ山の登り口下の空地 中村本家旧宅跡

天吉葛 文庫書紀@38-12
土神 埴山姫 ハンドウ山登り口の赤土。 土は五行の中央
埴安池 大歳池
天香具山 ハンドウ山で高松野、高松塚、高円野。 前方後円墳の祖形 

記紀、万葉、風土記など
「中」「長」「常」 の地名・人名は下関市有冨 字「中村畔」〜ハンドウ山 登山道

隋書倭国伝
倭の地勢は東高くして西下り ・・・ 綾羅木川の流れ

下関市綾羅木川流域を風水で見分して流域の明堂・龍穴はハンドウ山 登山口下の空地にある井戸である。

魏志倭人伝では人が死んで葬り終わった後、水に入って禊ぎしている。
墓地と禊ぎの水場が近いことから梶栗浜遺跡である。
梶栗浜遺跡の近くに橘の小戸があり、畝火の美豆山・橿原宮がある。
橿原宮は梶栗か綾羅木郷台地である。

福岡平野に多い多紐細文鏡、細形銅剣から
梶栗浜遺跡は松浦〜福岡市からやって来た神武東征軍の墓地か。

古事記
安寧天皇陵 畝火山の美富登にあり。
 ↓
地形が女の陰部状の谷なので、下関市立考古博物館 駐車場横の石松さん宅下の谷 字「宝前」 に安寧天皇の陵墓がある。
ホト(陰部) の美豆はクリトリス。 この場所で中世の祭祀跡あり。


建国記念の日 2月11日(土) 
鳥見山 有冨のハンドウ山の奥 大迫池の上の尾根
ハンドウ山の頂は卑弥呼の冢で、前方後円墳の祖形

神武天皇の橿原宮は下関市立考古博物館の駐車場にあった。


日本の中心点 下関市有冨 ハンドウ山 登山入口の下 空地
真北 竹生寺横の妙見社
方位磁石 西偏7°
真東 青山
真西 やや梶栗浜遺跡

竹生寺(北)・青山(東)・梶栗浜遺跡(西) の交点が奈良。 字「金鋳ヶ谷」

夏至 東西から北へ27°〜 30°
日の出 ハンドウ山の頂
日の入り 安岡八幡宮
冬至 東西から南へ27°〜 30°
日の出 長府覚苑寺の裏山 長門鋳銭所 ・・・ 万葉集52 青香具山
日の入り 綾羅木郷遺跡 字「宝前」 のホト谷 ・・・ 万葉集52 畝火山


万葉集13、14、15 中大兄近江宮御宇天皇三山歌
竹生寺の山号が高山なので、今まで万葉集の高山は竹生山と思っていた。
高山は長府覚苑寺の裏山(176.6メートル) である。

高山 ・・・ 長府覚苑寺の裏山
耳梨山 ・・・ 竹生山
畝火山 ・・・ 下関市立考古博物館の駐車場
  ↓
『古代の方位信仰と地域計画』 山田安彦 著 古今書院 1986年
P162〜165

『奇景の図像学』 中野美代子 著 1996年
発行 角川春樹事務所 発売 紀伊國屋書店

P260
の図に合致!!

天心十道の地である有冨上 字「中村畔」 から
方位磁石 西偏 7°の南  門司の風師山 山頂  風師
正方位の真南  小森江西小学校 ・・・ 学校を建てる前は大量の銅鉱滓が畑に散らばっていたと伝わる。

小森江 隠国の泊瀬(文庫書紀B42-5)、隠江(万葉集249)

過去記事 記事の半分は今と考えが異なる
小森江 風師山の洞窟 銀鉱
http://44051510.at.webry.info/201408/article_13.html
小森江西  ぐみの木谷 銅鉱口
http://44051510.at.webry.info/201409/article_13.html
「風師」 とは何か  古代史論叢
http://44051510.at.webry.info/201408/article_12.html

小森江貯水池の北岸の上50メートルの場所に銅鉱跡。 石灰岩と緑青が露出。
「北九州市の文化財を守る会」 が2014年11月末ごろに調査確認済み。
武烈紀 小泊瀬宮の銀郷 候補地。
 

有冨 ハンドウ山 登山口 の道下の崖に生えるツル草
  ↓
草壁皇子の「草壁」 の場所


万葉集巻十六を鑑賞する  集歌3840
ttp://blog.goo.ne.jp/taketorinooyaji/e/dfbb3848f48174ea97fa0de48abdacb2
穂積もハンドウ山 登山口下 の崖だ。

穂積=三宅=倉 か。



『古事記 祝詞』 岩波書店 日本古典文学大系
祝詞 P399-6
山の口に坐す皇神等 ・・・ 「山の口」 はハンドウ山 登山道入口

常陸国風土記 那賀郡 茨城里=欽明紀 茨城皇子 文庫書紀B242-末行
茨城の場所は中村本家さん旧宅跡の空地の入り口 野バラが生えた所





月別リンク

有冨 ハンドウ山 登山口 の道下の崖に生えるツル草の考察 邪馬台国 下関/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる