アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
邪馬台国 下関
ブログ紹介


講談社学術文庫 『 倭国伝 』  旧唐書 P205、208
旧唐書に
「倭国は、古(いにしえ) の倭の奴国也。」
「日本国は、倭国の別種也」

竹取翁博物館  邪馬台国や徐福に関心を示された 2014.4.14
http://blogs.yahoo.co.jp/koiiyk/31302118.html
  ↓
中国の古地図 日本国と倭が別に描かれている。


中国正史の古代日本記録
いき一郎 編訳 葦書房  1984年 1992年 第2刷
P49
後漢書 巻80 「烏丸鮮卑列伝」 に、
鮮卑の檀石槐が光和元年(178年) に、魚をつかまえるのが巧みな倭人のいる倭人国を撃って倭人をとらえ、倭人に秦水の魚をとらせ食糧にした、とある。
「三国志」 は倭人を人とし、倭人国を人国としている。

この場所は鳥取県の青谷上寺地遺跡である。 近くに地名「汗入」 がある。

青谷上寺地遺跡展示館 ホームページ
http://www.tbz.or.jp/kamijichi/index.php?view=4095
土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム ホームページ
http://www.doigahama.jp/

佐賀 ・ 徐福国際シンポジウム
http://inoues.net/study/jyuhuku2008.html
  ↓
赤関=天関
文庫書紀@198-末 神武東征
是に、火瓊瓊杵尊、天関を闢き雲路を披け、仙蹕駈ひて戻止ります。



参考文献   以下の本は所有しています。
記号  例   
文庫書紀D74-12 → 岩波文庫 日本書紀(五) P74 の12行目
小学館書紀A469-8 → 小学館 新編日本古典文学全集 日本書紀 A巻 P469 の 8行目
続日本紀B74-12 → 岩波書店 新日本古典文学大系 続日本紀 三 P74 の12行目
日本後紀 47-8 → 集英社 日本後紀 P47 の8行目
旧事F169-4 → 批評社 先代旧事本紀 訓註: 大野 七三  巻第七 P169 の4行目
訳旧事E305-7 → 批評社 先代旧事本紀 現代語訳  巻第六 P305 の7行目
祝詞393-7 → 岩波書店 日本古典文学大系「古事記 祝詞」 P393 の7行目
風土記71-12 → 小学館 新編日本古典文学全集 風土記 P71 の12行目
岩波風土記183-2 → 岩波書店 日本古典文学大系 風土記 P183 の 2行目
文庫風土記下168-5 → 角川ソフィア文庫 風土記 下 P168 の 5行目
山川風土記27-331行 → 山川出版社 風土記(常陸国 出雲国 播磨国 豊後国 肥前国) P27 行数331
小学館今昔物語C252-8 → 小学館 新編日本古典文学全集 今昔物語集 C巻 P252 の 8行目
岩波今昔物語A145-6 → 岩波書店 新日本古典文学大系 今昔物語集 二巻 P145 の 6行目
古語拾遺164上-20 → 右文書院 『古語拾遺』 を読む P164上 の20行目
古代氏文集40-364 → 山川出版社 古代氏文集 P40 の 364行 
を示す。

万葉集
おうふう(株) 萬葉集
岩波書店 新日本古典文学大系 萬葉集
笠間書院 万葉集表記別類句索引 編者:日吉盛幸

風土記の索引書
和泉書院 『古風土記 並びに 風土記逸文語句索引』 橋本雅之 編


私は他人の説を摘まみ食いして、それを手直し修正し「自分の案」 を打ち出す「いいとこ取り」 は絶対にやりません。 私はずるくて利口なパクリ行為はやりません。 奔放な当てずっぽうのブログですが、一次資料に基づくものを書くため、記紀・万葉などの文献を読み、市町村史や郷土の自費出版物などの地方資料を渉猟して書いてます。 ネットで見たものはリンクを貼ってブログ主に通達してます。

私は僅かでも何かしらの着想(ヒント、アイデア、思いつき) を得た参照元は漏れなく全部を記してます。
当ブログは学術書レベルで参考文献を示してます。
着眼にあたって参考としたものを記すのは書き物の基本的な礼儀作法です。
他人の発見を尊重してこそ自分の発見やオリジナリティを主張できる。

私のブログは当ブログだけであり、他でブログ等はやってません。 私はネットの投稿、掲示板やコメント欄への書き込み他をしたことはありません。 なりすまし に注意してください。


zoom RSS

蓋国 の考察

2018/02/18 05:17

山海経 海内北
蓋国は鉅燕の南、倭の北にあり、倭は燕に属す。


弥生貯蔵穴 中国北方系 下関市綾羅木郷遺跡
高床式倉庫 中国南方系 昔の中学教科書 静岡県登呂遺跡

弥生貯蔵穴は北朝鮮の楽浪郡、燕国と結びつく。

地下式倉庫と高床式倉庫
44051510.at.webry.info/201010/article_7.html


思いつきの考察  下関市の地名より
「蓋」 の地名
蓋井島
土井ヶ浜の 「釜蓋」 ・・・ バス停 岡林 の東側

倭は下関市の永田郷〜有冨

倭の北
豊浦町・豊北町・油谷町の海岸
韓国の釜山・金海


思いつきの考察 B 「蓋」 より、支石墓か
支石墓 下関市
中ノ浜遺跡 川棚  支石墓状のもの

若宮支石墓
若宮古墳の横の弥生墳丘墓は解説看板によれば、昭和60年、61年の調査で発見された、とある。
郷土史本 『川中風土記』 (1970年) p. 21 によれば、
昭和28年 (1953)、吉村次郎氏と伊東照雄氏が調査して、若宮古墳の後円部のうしろに支石墓を発見した、という記述がある。


巨石組み
三浦山遺跡 特牛
44051510.at.webry.info/201401/article_30.html

後山古墳 古墳時代後期 幡生本町  「掘ったほ! 下関 2017」 p.11


蓋国は支石墓がある地域と思える。
韓国の全羅道
宇久島 宇久松原遺跡(平郷)  支石墓・甕棺・石棺  貝輪・貝製垂飾品

福岡県糸島
糸島には韓人系の遺跡が多く、とくに糸島西部は渡来系である。 しかし引津の新町支石墓群は低頭・低身長の縄文人的人骨が出土した。


蓋国の「蓋」 の字は支石墓、甕棺を思いつき連想させる。


漢和辞典
漢和辞典で「蓋」 をひくと、
草カンムリの字だから菅、茅で屋根を覆う
車上に立てる傘
の意で支石墓のような石ではない。



侏儒、長身  倭人とちがう人種差別
日本書紀
神武東征
長髄彦  手足が長い半島系か。 梶栗浜遺跡は長髄彦の墓地か
高尾張邑(葛城邑) の土蜘蛛 侏儒に似る 文庫書記@236‐3

雄略紀 葛城山の一事主神 長身

常陸国 中臣部若子 長尺6寸 天智10年 文庫書記D56‐10 
常陸国風土記 那賀郡 大櫛之岡 貝塚 巨人

日高皇女(新家皇女)
蘇我常陸娘

猨田彦大神 背の長さ7尺余り  文庫書記@132‐10

日本武尊 長身

鹿児島県 弥五郎どん伝説 巨人


門司・彦島の巨人伝説
門司区 小森江東小学校前の「 巨人坂」
門司の 白木ア(新羅)、葛葉(百済)、小森江(高麗)  地名 転訛説

巨人の足跡は彦島の老にもあるという。

『ひこしま昔ばなし』  p. 163〜167
おおひと ・・・ 大江屋敷 本村町5丁目の山手
こびんおおひと


考古学 半島系遺物
六連島
綾羅木川
涌田後地、吉永 ・・・ 渡来系で注目したい場所




記事へトラックバック / コメント


考古学 よもやま話

2018/02/16 12:37

仏解説 「支那が日本と韓国の野蛮人を文明化させた。 ハングルは支那語の表記のため19世紀に作った」
deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6980.html

倭王の軍団 巨大古墳時代の軍事と外交
d.hatena.ne.jp/skycommu/20140503/1399070582


國學院大學博物館は考古学ファンにはたまらないだろう
blog.livedoor.jp/ota416/archives/52266572.html


[PDF]- 古代の鉄 - その2 鉄が日本列島へやってきた
www.honnet.jp/metro/kodaishi/k298/kodaishi298.pdf

春秋戦国時代 燕国の考古学
utsunomiyatakanori.com/2018/02/08/春秋戦国時代-燕国の考古学/

春秋戦国時代の燕国と遼寧地域に関する考古学的研究
www.l.u-tokyo.ac.jp/postgraduate/database/2014/66.html
  ↓
下関市 吉永 山の神遺跡 最古の鉄関連遺跡
燕・楽浪と結びつくか。


秦の始皇帝、その激動すぎる人生マトメ! 呂不韋を退け、不老不死に走り ...
bushoojapan.com その日、歴史が動いた 秦の始皇帝

平成30年2月10日(土) 北九州市 いのちのたび博物館
午後1時30分〜午後3時30分
講演 「シルクロード・グローバル社会の先駆けを訪れる」
講師 下関市 東亜大学 黄 暁芬 (西安の出身。京都大学 博士課程卒)

平成22年度 歴史講演会 予定
rekishitomonokai.at.webry.info/201003/index.html


毎日新聞-2018/02/12
埋蔵文化財専門職員 考古学支える「花形」、減少の一途 採用ミスマッチ ...
坂井秀弥・奈良大教授(文化財学) によると、開発事業が減少した90年代末からしばらくは、正職員の募集がほとんどない状態が続いた。 この時期、専門職を志した若者の多くが嘱託職員として現場に入り、経験を積みながら欠員補充の形で正職員を目指した。 埋蔵文化財行政の礎を築いた世代が退職期に入った5年ほど前から、各地で職員募集が増加。 しかし、考古学を専攻する学生数の減少や、景気の回復で学生側が売り手市場に回ったこと、やりがいより安定を求める学生気質の変化などが、近年 ...


人を幸せにする人になろう 文化財専門職員の数
onepeace2054.blog.shinobi.jp/未選択/文化財専門職員の数




記事へトラックバック / コメント


韓国の倭系遺物

2018/02/15 12:06

季刊 古代文化 古代学協会
参考となる考古学論文

第63巻 2011年 
金海會峴里貝塚出土の近江系土器  武末純一など

第64巻 2012年 
勒島遺跡衰退の歴史的背景
朝鮮半島南部における後1世紀代の交易体系について  井上主税

第66巻 2015年3月   
「外来系土器からみた対外交流の様相」  森本幹彦 


ネット
伽耶 Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%BD%E8%80%B6

[PDF] 韓国における祭祀遺跡・祭祀関連遺物 - 神宿る島
www.okinoshima-heritage.jp/files/ReportDetail_31_file.pdf
要旨:沖ノ島の祭祀を理解し、位置づけるための有効な比較検討資料として、韓国における祭祀遺跡・遺構の事例を概観し、祭祀関連遺物について考察を行った。 中でも、扶安竹幕洞祭祀遺跡は ...


九州前方後円墳研究会  熊本大学 文学部 杉井研究室
ttp://snow.advenbbs.net/bbs/kyuzenken.htm
第15回 (2012年度) 九州前方後円墳研究会 北九州大会
投稿者:杉井 健 投稿日:2012/04/10(Tue) 18:14 No.8
【テーマ】 沖ノ島祭祀と九州諸勢力の対外交渉
この沖ノ島祭祀の成立は、古墳時代初頭から続いていた西新町遺跡における半島系土器の集中に代表される 「博多湾貿易」 の衰退以後に開始されることが注目される。


韓国考古学学会、5世紀墓発掘したら日本独自スタイルでアイゴー!
toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2176.html



岩波文庫 魏志倭人伝 等
魏志 倭人伝
帯方の東南大海の中にあり、
水行
北岸狗邪韓国  官、副官はいない。

後漢書 倭伝
倭はの東南大海の中にあり
西北界拘邪韓国

倭の奴国 倭国の極南界なり。  下関市有冨 字「中村畔」
魏志倭人伝の奴国と後漢書倭伝の金印の奴国は別である。
魏志倭人伝の奴国は下関市永田本町、吉見の古宿。 旁国の奴国は長門市か。

宋書 倭国伝
高驪の東南大海の中にあり、世々 貢職を修む
高句麗の東南は島根県出雲、関西。

p.93 現代語訳
句驪  「高驪」 ではない。
天路をとじふさぐ
「天路」 の表記は峠越えの山道か。 句驪と倭国は陸続きで山越えの隣国か。 

水行  沿岸を行く

「東南」 の方向  宗像市・福津市〜北九州市〜下関市 川棚
韓国の東南に倭国(の都) があるのだから、倭国は関西ではない。

中国古典の「大海」  私見 「大海」 は普通名詞でなく固有名詞(地名)
「大海」 の場所 対馬 → 下関市永田本町・吉母沖 の海

隋書 俀国伝
全羅南道から対馬へ渡る。 金海には寄らない。


梁職貢図
blog.goo.ne.jp/yoshinogawa3/e/d74b3790a7d6cfbb62bf03ced789b205

斯盧国、新羅 – 古代史俯瞰 by tokyoblog
tokyox.matrix.jp/wordpress/斯盧国、新羅/

梁書倭国伝は末盧国を盧国と記す。


邪馬台国への道  新説 不彌国=吉見、船越
末盧国(盧国) は下関市室津。
御崎は1955年まで室津上に所属し下関市でなく豊浦町だった。

万葉集 楽浪の志賀の唐崎 は室津である。

中国(帯方郡) の使者は本州最西端の御崎に上陸した。
御崎から山を越えて 「室津の遍路道」 を進み、厚母から梅ヶ峠を越えて永田郷 バス停「永田石原」 の伊都国に行く。

新説 不彌国は吉見、船越である。


山鹿市
『熊襲は列島を席巻していた』 内倉武久 著 ミネルヴァ書房 2013年
P273
熊本県 山鹿市の国会議員 松野 頼久 (維新の党)
松野家は古くからこの地の豪族で、家系図である 「松野連倭王系図」 (国会図書館蔵、静嘉堂文庫蔵) には、先祖に倭の五王(済・珍・讃など)、熊襲の厚鹿文・市乾鹿文・取石鹿文などの名がある。

  ↓
北九州市いのちのたび博物館
企画展 「写真で見る装飾古墳 (福岡県・熊本県)」
平成29年12月23日(土・祝)〜平成30年4月8日(日)




記事へトラックバック / コメント


日鏡 (ひのかがみ) 考察

2018/02/09 21:15

鏡村の谷の陶人 文庫書記A24‐9 天日槍
  ↓
天日槍の従者は仿製鏡を作り、陶人から鋳型は石製でなく土製である。

天日槍が持参した宝物に日鏡 1面がある。

日鏡は日時計として利用された説がある方格規矩鏡か

参照サイト
(6)方格規矩鏡
www.eonet.ne.jp/~yamataikoku/1600.html
このサイトの下端 (*1)福岡教育大学の波田野珠美さんによれば、W.P.イエッツは方格規矩鏡を日時計と考え、


菟道河 下関市永田川
近江国の鏡村 下関市黒井 善明寺の東にある「鏡山」
但馬国 下関市 本州最西端 御崎の淵ヶ谷


吉永の 植田遺跡  吉永839番地
大門古墳に近い植田遺跡から鏡片が出土している。
参照 『 豊浦町史 三 考古編 』  P503〜510  平成4年
梅光女学院大学 地域文化研究所 国分コレクションの資料 となっている。
「漢式鏡の残欠」 といわれていたが、調査で倭製方格規矩鏡の破片とされる。
製作年代は、4世紀後半〜5世紀半ば  
丹朱が付着し、手慣れの跡
6世紀半ばに投棄


下関市域で出土した鏡
植田遺跡 吉永  方格規矩渦文鏡の破片か   
吉田八幡宮 裏山石棺  連弧文鏡 ※ 仿製の内行花文鏡
吉見上越第2号石棺  乳文鏡
土井ヶ浜遺跡  弧文鏡 素文鏡 ともに完鏡
上の山古墳  六鈴鏡

秋根遺跡(弥生後期後半) R‐]XU地区 内行花文日光鏡  土壙墓
延行条里制遺跡(伊倉集落) 内行花文鏡 完鏡


以上を書く時に見たサイト
古代東アジアの銅鏡 - 邪馬台国大研究
inoues.net/study/kagami.html
2007/11/11 - そんな中、歴史倶楽部の郭公さんが紹介してくれたこの講演会は「鏡」を中心に据えもので全4回のシリーズ なのだが、...


【書評】日本の米の故郷が絞り込まれた!『列島初期稲作の担い手は誰か ...
bushoojapan.com 書籍・映画
2017/03/24 - 日本文化とはなにかと日本人に問えば、多くの人が「米」「稲作」と答えるのではないか。 弥生時代の始まりは普通、水田稲作が日本列島で始まった ...

反論
弥生土器は朝鮮無文土器の影響 (下関考古 奥野)
 縄文土器 外傾
 弥生土器 内傾
製作法のちがいは人が渡ってきたから。


本・文献・論文
『弥生時代の青銅器生産体制』 田尻義了 著 九州大学出版会 2012年
p.191
図110 朝鮮半島における倭系青銅器と小型仿製鏡の出土分布図

※ 絶版で Amazon 中古価格 も高い。 楽天に「在庫あり」 で新品を購入。


『列島初期稲作の担い手は誰か』 古代学協会 編 すいれん舎 2014年
下條信行 監修

※ 中古本を購入。 土井ヶ浜人類学ミュージアム「渡来人説」 に批判的。




記事へトラックバック / コメント


狗邪韓国の位置

2018/02/04 22:32

糸島説
朝鮮半島南端の勒島から福岡県糸島の弥生土器が出土している。
糸島から璧が出土しているので、糸島に狗邪韓国の首都があった。
糸島には「狗邪」 と音が似る「可也山」(365.1m) がある。

伊都国=糸島説 が粉砕された。
支石墓の糸島にあったのは伊都国ではなく狗邪韓国だった。


須玖・岡本説 福岡県春日市
多紐細文鏡の鋳型が出土。


古賀市青柳説
通説では狗邪韓国は金海にあったという。
北部九州で金海に関係する場所は福岡県古賀市である。

古賀市青柳に弥生時代−中世の 馬渡・束ヶ浦遺跡 がある。
弥生時代の環濠・住居跡・貯蔵穴群、甕棺墓群 
金海式甕棺(前期末−中期初頭)。 銅剣・銅戈・銅釧、碧玉製管玉・勾玉

福岡県の地名 平凡社  479上
「 弥生前期末−中期初頭の早い段階に当地に有力集団がいたことなど、魏志東夷伝倭人条における北部九州地域のクニの成立過程を探る上で重要な遺跡といえる ... 」


宗像説
魏志倭人伝が書かれたのは古墳時代はじめである。

当時、渡海の基地だった場所は宗像市・福津市だった。
宗像−沖ノ島−全羅南道 の航海ルートだった。 宗像海人は壱岐・対馬を中継してない。


畿内説
宗像は関西のヤマト政権と結びついている。
奈良県・大阪府のヤマト政権は魏志倭人伝の狗邪韓国である。


下関説
金海は下関の西北に位置する。


狗邪韓国の本拠地は朝鮮半島ではなく九州または関西にあった。

通説は金海に狗邪韓国とみる。

朝鮮半島で倭の青銅器が多数出土している場所
金海・釜山・梁山  北九州市・下関市の西北に位置している。

朝鮮半島南端の「北岸 狗邪韓国」 には邪馬台国の官、副官はおらず、戸数なども記されてない。


後漢書倭伝
狗邪韓国は邪馬台国の位置から西北方向にある。
邪馬台国は 北九州市・下関市 にあったと見れる。

下関市の西北方向に金海・釜山・梁山があるので、下関市の山陰側、室津・黒井・吉永に狗邪韓国の本拠地があった。


以上を書く時に読んだブログ
朝鮮からの「支石墓と稲作」の伝播
japanese130.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-87c2.html

A倭人 支石墓(しせきぼ) は語る
ameblo.jp/taishi6764/entry-11980478110.html

●朝鮮半島の倭と日本列島の倭
blog.goo.ne.jp/dogs_ear/e/99966d9deb33daa2ab8224cfef65b589

志登支石墓群・倭は朝鮮半島まであったみたいだけど
lunabura.exblog.jp/24368052/


なぜ卑弥呼神社がないのか | 田中英道ホームページ
hidemichitanaka.net/?page_id=1124

中川八洋掲示板
“記紀ごろし” 成って、皇室亡ぶ ──赤い古代史を粉砕し、古代史に日本を取り戻そう(2)
nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/02/02/153406


私見 卑弥呼神社の候補地
下関市
永田郷 御堂遺跡の場所にある天照大神碑
有冨上 天御中主神社(場所不明。 はんどう山か)

思想哲学
墨子の墓
道家 魏志倭人伝は老子など道家の神仙思想である。

日本の神道は中国の道家、墨子から派生したものである。

道家思想は女性的である。

老子 28 の冒頭
淮南子 第一 原道訓
 新釈漢文大系 淮南子 上 p.58下 訓読文 末から3行目 「雌節」
 中国古典文学大系 淮南子 説苑(抄) p.9下‐1行目 「雌のさだめ」


常陸国風土記の場所は下関市 綾羅木川北岸〜吉見である。

ゼロの焦点
考古学には「ゼロ」 概念がなく、数値が大であることのみに注目する。
「出土なし」 のゼロもまた地域の特色を示す顕著なデータである。

青銅器(銅剣、銅矛、銅戈、銅鏡、銅貨) を持つのは渡来系住民である。
邪馬台国は渡来系ではない。 青銅器が出土しない所、青銅器の出土が乏しい場所には原住民のクニがあった。


渡海ルート
全羅南道−沖ノ島−宗像  関西ヤマト政権

金海−対馬−壱岐−下関市室津(末盧国)  邪馬台国


以上、あれやこれや「思いつき」 説を錯雑と書いた。
結論は、
「北岸 狗邪韓国」 の位置は通説どおり金海付近でよく、下関市吉永・黒井付近に狗邪韓国の分国または本拠地があった。 末盧国は室津にあった。 邪馬台国は梅ヶ峠を越えて永田郷、吉見の古宿、有冨方面にあった。

根拠
下関市室津、黒井、川棚の西北方向に金海がある。




記事へトラックバック / コメント


下関市吉見 黒歯国の船越地区

2017/12/22 08:13

夏王朝 中国の夏王朝は東夷の扶桑の地にあった。
義和 Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%92%8C

「お歯黒」 と支那の神話
oyakochoco.jp/blog-entry-2062.html

夏王朝
www.allchinainfo.com/history/simply/xia


東嶽 泰山 竹生観音の山
西嶽 華山 吉母
南嶽 霍山 伊倉の火の見山
北嶽 恒山 永田郷 妙寺
中嶽 嵩山 有冨 字「中村畔」 ハンドウ山

箕山 有冨 字「箕越」 有冨古墳、レンタカー屋、空地

甘水 吉見の西田川沿いの温泉、養老の泉・醴泉


龍王神社 吉見
大比留女 其娘為七歳
http://44051510.at.webry.info/201209/article_48.html
  ↓
応神記 天の日矛 阿加流比売
難波の比売曾の社 碁石から吉見古宿の「船釘」 龍王神社の浜宮
また
「震旦国から来た」 は楊貴妃とも通じる。
今昔物語集  震旦付国史 「秦始皇、在感楊宮政世語 第一」
岩波書店 新日本古典文学大系


垂仁紀 都怒我阿羅斯等
豊国 国前郡 比売語曾社の候補地
・ 吉母の弁財天・威瀬・いせどの森  参照 「よしみ史誌」 p.711
・ 御崎の河口 海岸の岩上に弁財天の祠
・ 吉母の大河原 干潟が広がる


熊野 船越
斉明紀 文庫書記C354‐末行
屋(いふや)社は吉見 農免道路の千石岩
熊野(ゆうや、伊賦夜坂) の有馬村 花の時には亦花を以て祭る。
船越地区の花卉栽培は伊奘冉尊の泉津平坂まで遡る。

菊理媛神
文庫書記@56‐4
時に泉守道者白して云さく、「(のたまふこと) 有り。 ... 」
  ↓
出雲の屋社

吉見の農免道路(県道244号 下関川棚線) の脇にあった千石岩は現在撤去されている。 その場所に泉が湧いて道路に水が出ている。

また、
『防長地下上申』 第3巻 p.334上
壱盃水  船越峠ノ前ニ有
清水故往来之人、夏ハ一盃呑申ゆへか一ぱい水と申伝候

  ↓
船越 中川さん家横の湧水池「清水川」

黄泉の泉 候補地
・ 千石岩があった所の湧水
・ 船越 中川さん家の横の湧水池「清水川」


小治田宮
竜王山の千石岩伝説はとても重要である。
吉見の光善寺から千石岩へ行く農道と用水路がある。
ここに小治田宮、蘇我倉山田石川、山田寺があったような気がする。

高麗(狛、こま)氏、厩戸皇子はここか。

※ 蘇我倉山田石川麻呂は蒲生野山田も候補地
蒲生野山田に倉光さん家があるので、倉山田か。


饒速日尊
河内国の河上の峯(いかるがのたけ)に天降り、
山を越え、大和国鳥見の白庭山(有冨墓地の東側尾根上) に移った。

法隆寺 斑鳩(いかるが)寺

吉見の竜王山は乕伏山という。 「乕」 は虎の俗字


黒歯常之
『三国史記 下 雑志 列伝』  林英樹(訳) 三一書房 1975年
三国史記 巻 第四十四 列伝 第四 〔10〕 黒歯常之
p.150‐1行目
黒歯常之は百済の西部の人で、身長が七尺余もあって、すばやく強く且つ智略があった。 百済の達率兼風達郡将になった。

風達 竜田の風神
船越→千石岩(竜田)→吉見漁港・永田本町(難波)
風神は千石岩または竜王山の風穴か
風神=風伯=仙人

万葉集1682
常之倍尓 夏冬往哉 裘 扇不放 山住人


『黒歯常之』という人物
blog.livedoor.jp/tragic_history/archives/136130.html
  ↓
私見 江の大塚
地」 は山に囲まれた桃源郷
黒歯(コシ)→越 で船越。 百済から船で越してきた人々か。

「風達郡将」 であった黒歯常之の守備位置は下関市吉見の船越、または竜王山の千石岩 であり、言屋社の泉守道者だった。


関ヶ原
地形から船越は防衛上の要衝地である。
農免道路沿い 字「原」、「船越原」


 「碁」 の字から以下の場所は同じ
常陸国風土記の末尾
多珂郡 藻島駅家 東南の浜 (ごいし)の色、珠玉の如し。

古事記
淤能呂島
応神記 天の日矛 阿加流比売 難波の比売曾の社

場所
吉見古宿 国道191号沿い 七曲がり
どさんこラーメン店・畑建設前の海岸岩場

参照
「よしみ史誌」
p.705 神さん岩と帆柱瀬
p.706 浜宮さん

考古学 大久保古墳群



『古代氏文集』 山川出版社
新撰亀相記
p.206  三 伊佐諾・伊佐波両神、生淤能己侶島本辞
  ↓
吉見古宿の串山半島か




記事へトラックバック / コメント


中国の歴史 神話伝説 「三皇五帝」 は下関 の人たち

2017/12/17 20:31

三皇五帝 Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%9A%87%E4%BA%94%E5%B8%9D#.E4.B8.89.E7.9A.87

中国の正史で邪馬台国が重視された理由は三皇五帝の国だからである。

『先代旧事本紀』 の冒頭
天祖 天日天狭霧国日国狭霧尊 = 堯・舜・禹 など

中国考古学  仰韶、半坡、城子涯の遺跡
しかし、
三皇五帝は東夷(=山口県下関市) の人たちだった。


『孟子』 全釈漢文大系 集英社
P266
離婁章句 下
孟子曰く、「は諸憑に生れ、負夏に遷り、鳴條に卒(をは)る。東夷の人なり。


『山海経・列仙伝』 全釈漢文大系 集英社
若木 日本原産の椿 赤い花、青い葉

大荒北経 p.591 783 若木
下関市宇賀(南宇賀、北宇賀) ・・・ 中国の西安と同じ緯度 
鯖釣山に椿の原生林

海内経 p.599 794 若木
南海は綾羅木の海
黒水(黒=玄=北) 竹生観音がある山(東ヵ嶽・竹生山)
青水(青=東) 石原・形山

霊山 ハンドウ山 若木
鳥氏 八咫烏、鳥見 有冨墓地
場所は有冨上

安岡・蒲生野・有冨上  伏羲、黄帝、堯、舜がいた所
紫野遺跡、潮待貝塚、神田遺跡




記事へトラックバック / コメント


舜は東夷の人である。 有冨の小字「夏越」

2017/12/13 22:19

私は8月下旬から 『中国古典文学大系』 平凡社 (中国古典の現代語訳) を読みだした。 10月下旬から中国神話の場所は倭国である下関市(有冨〜吉母) と思うようになった。
11月下旬から淮南子を読みだし、一昨日ネットで YouTube 【淮南子】 を検索したら、この方の動画を見つけた。

衝撃!日本神話は真実だった。天照大御神様は存在した。その3(記紀編) 天照大神
www.youtube.com/watch?v=0uRNqsdrfDc
(コメント欄)
nihontenjin1 年前
孟子曰、舜生於諸馮、遷於負夏、卒於鳴條、東夷之人也
孟子は舜は東夷の人であるとその血統を述べている。


『孟子』 全釈漢文大系 集英社
P266
離婁章句 下
孟子曰く、「舜は諸憑に生れ、負夏に遷り、鳴條に卒(をは)る。 東夷の人なり。
  ↓
「邪馬台国の場所」 は中国神話に深く関係し、日本のみならず中国の根本問題でもあり、とても奥が深い。


平成25年8月25日(日)  文化財保護課 濱崎
掘ったほ!下関 2013 第3回展示解説会  配布資料 
  ↓
綾羅木川流域の小字地図 有冨 「箕越」
角川日本地名大辞典 山口県 巻末小字一覧 では「越」 (なごし)

場所は有冨古墳前のパチンコ屋跡の空地。 レンタカー屋がある所。
夏王朝は下関市有冨 遠山運送の東側 にあった。

遠山運送の東側の空地、サンヨー、生協配送センターは有冨の中村本家さんの田があった所で、1960年代半ば、市が「下関の発展のために売ってくれ」 と言うので手放したものという。
  ↓
有冨 中村本家さんのルーツは夏王朝の禹である。

夏禹 夏后氏 夏の姓 「姒」 ジ 女の年長者


舜は禹に国を譲った ・・・ 出雲の国譲りか

堯 ・・・・・舜を召し因りてる ・・・ 堯は「天」「国」 では「国」 の者
  ↓
『先代旧事本紀』 の冒頭、天祖 天日天狭霧国日国狭霧尊
  ↓
日天狭霧国日国狭霧尊 は堯・舜・禹 の中の誰か。 あるいは黄帝か。
天 ・・・ 「譲」 の字
国 ・・・ 「禅」 の字



夏の扈(ゆうこ)氏 
虞(ゆうぐ)氏 −帝舜のこと


天一  淮南子
【特集】木星とガリレオ衛星(2017年) - アストロアーツ
www.astroarts.co.jp/special/2017jupiter/

荘子と進化論 その200。 | 人生朝露 - 楽天ブログ
plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/201701010000
  ↓
青龍 有冨の字「中村畔」 から東方向に位置する字「夏越」 と青山


神聖な方位
方位は道具(指南車、羅針盤) を使わなければ観測できない。 西偏7°
梶栗浜遺跡 ― 青山の山頂 を結ぶ線
竹生観音から南の方位 西偏7°

風水の方位 「方忌み」 等の意味を持つ。
本格的な方位の測定はネット地図ではなく風水羅盤を使う。


山海経
『山海経・列仙伝』 全釈漢文大系 集英社
青丘 巻末索引
p.51 南山経
p.431 海外東経
p.514 大荒東経

私見では、
「南」 は洛陽の南方ではなく下関市綾羅木の海
「北」 は黄海の北側・北朝鮮の海ではなく下関市吉母・御崎・涌田の海

南山経
p.71 丹穴の山 渤海 鳳凰

羲和の国   羲和は「十日」 を生んだ。
山海経 大荒南経
p.543


明治書院
『中国古典小説選 1』 穆天子伝 漢武故事 神異経 山海経 他
山海経(抄)
p.53 清の学者の説 「大荒経」 は「海外経」 の注釈


書経
『書経・易経(抄)』 中国古典文学大系 平凡社
書経 〔六 舜が帝業を継ぐ〕
p.23上 その年の春二月には、東方に巡守して、泰山のところに至り、柴を焼いて泰山と天とを祭り、

p.33下 注25 泰山に柴を燔(や) いて祭る

『尚書』 全釈漢文大系 集英社 p.68


竹生観音がある山の名 東ヵ嶽 = 東岳(泰山)


千葉大学 井上孝夫 1992年
Google で検索せよ
【 PDF 古代採鉱民族の構成 】
 ↓
P72
はんどう山の北西に位置し、中腹に竹生観音のある通称「竹生山」 は2つの峰から成るが、西峰を「観音山」、東峰を「千束焚」と呼んでいる。

書経(尚書) 堯典 泰山で柴を焼いて天を祭る記述
下関市蒲生野山田・有冨上 竹生観音の山に「千束焚」 としてある!




記事へトラックバック / コメント


北京大学 道教中心先生 驚愕

2017/12/13 12:08

探寻庄子文化之源(上)——庄子之谜
www.youtube.com/watch?v=EQoLLvh5sIo

孔子05/ 孔子與老子論道-後1/3處
www.youtube.com/watch?v=QyTDb0Cqy_s

周易《易经》伏羲篇第03集:河圖顯形
www.youtube.com/watch?v=ieBO7UerjnY


邪馬台国
・ 墨家、日本渡来  下関市永田郷  山海経 海外東経 雨師妾・赤松子
・ 青丘国  下関市蒲生野・有冨  竹生寺 東嶽=下関泰山

・ 隋書俀国伝 邪靡堆  下関市永田本町


蓬莱山  下関市吉見 串山
瀛洲  下関市吉母 黒嶋
方丈山  下関市蒲生野・有冨 東嶽




記事へトラックバック / コメント


淮南子で、日本の歴史とルーツが解明される

2017/12/12 23:43

天照大神様は存在した。日本神話は真実だった。天照大神 その1 伝説 羲和
www.youtube.com/watch?v=HmtfGF8kFGg

天照大御神様は存在した。衝撃!日本神話は真実だった。 2 天照大神
www.youtube.com/watch?v=QVazLrfg6yw


青丘国=倭面上国=有冨上国
『淮南子・説苑(抄)』 中国古典文学大系 平凡社
時則訓 第五 P72下‐末
 東方の極は〔遼西の〕 碣石山から朝鮮をすぎ、大人国をとおって、東のかた日出の処、榑木(榑桑・扶桑の国) の地、青丘の樹木しげる原野に達する。 そこは太r(庖犠氏) の帝と句芒の神が司宰していて、一万二千里のひろさである。

その政令には、いうよう、
「集会禁止(群禁) を解除し、閉鎖したものを開放せよ。 窒(ふさ) ぎとめた処(行きどまり) や障塞(とりで) を開通させよ。 交游を厚く行ない、怨みごとを棄てよ。 労役者や罪人を釈放し、憂患者を放免させ、刑罰をさしとめよ。 関梁(関所や渡し守) を開き、貯蔵の財貨をひろくゆきわたらせよ。 外敵とは講和し、四方〔の異族〕 を撫(なつけ) よ。 柔恵の施政をおこない、剛強策をさしとめよ」
と。


  ↓
弥生時代の年代測定論争に一石
環濠集落の消滅は2世紀後半から3世紀初頭とされるが、淮南子が書かれた時(紀元前2世紀) には既に環濠は消えていた?

青丘国は魏志倭人伝の記述、墨子の兼愛、続日本紀の天皇に通じる。


下関市有冨 字「中村畔」 儀万さん家 ・・・ 有冨村の庄屋
「儀万」 は次の文言によるか。
同上書  泰族訓 第二十  P320下‐10行目
さて、宮室を高くしないわけは、材木を惜しんだのではなく、鐘や鼎を大きくしないわけは、金属を惜しんだのでもない。 ただ性命の情況どおりにやれば、制度が民の表(てほん、目標) となりうるからである。

珍しい名前「儀万」 は淮南子の文言と思える。


年代測定
yama06.at.webry.info/201305/article_81.html

【新設】基礎 縄文時代
www.asahiculture.jp/shinjuku/course/266ac4a4-882a-404c-fb9b-59dca71068dd

中国語の7割が日本製という事実
www.youtube.com/watch?v=IMUBw9Q52p0

中国人が日本人には絶対言わない日本旅行の意外な本音
「あまり豊かじゃないけど、いい国ね」
kuromacyo.livedoor.biz/archives/1903323.html
  ↓
常陸国風土記
『風土記』 新編日本古典文学全集 小学館 に収録。




記事へトラックバック / コメント


「史跡の道」 ガイドブック を使って

2017/12/12 03:59


下関考古博物館の受付でもらえる 『 「史跡の道」 ガイドブック 』 を使って。

私は、
三郎山古墳と有冨古墳を斜めに直線で結ぶ着想はできなかった。
秋根上の若宮神社跡とその「西北」 にある蒲生野山田内の某所を結ぶ着想もできなかった。

『 「史跡の道」 ガイドブック 』 を見ると、圃場整備がされて畑の形、道路が昔と違っているものの、おおまかな方向は 東‐西‐南‐北 ではなく、
西北(乾・天)‐東北(艮・山)‐東南(巽・風)‐西南(坤・地) である。

綾羅木の上の山古墳、延行の古墳群は東北(艮・山) の方位に位置する場所と関係するのだろう。

数年前に 『古代氏文集』 山川出版社 に収録されている 「住吉大社神代記」 を初めて読んだ時に P47 443 「此の内の字」 は蒲生野山田の小字「此地」 ではないかと思ってみたものの、蒲生野山田に住吉があった郷土史料を見つけることはなかったので、そこから先に推測が利かなかった。

各集落の神社が合祀された川北神社の世話係(崇敬総代) に蒲生野山田からも1人出るので、場所が不明な有冨村山田の天御中主神社は蒲生野山田にあったかと思って昔の事を知ってそうな方に聞いみたが、みな知らないと言う。

蒲生野山田の中央道路は王子権現山古墳から西南へ行く田の畔である。 または球場前のセブンイレブン横から上る道である。

住吉大社神代記の P47 440 から、竹生観音から流れ出る谷川と深坂用水路と交叉する場所が住吉神が所有する穴門山田の堰で、この堰から溝を掘って東側の倭(有冨上 忍海刀自の親族の田畑) に水を引こうとしたが、なかなかうまくできなかった。 というふうに私は解した。
P47 442 「東は倭岑」 は ハンドウ山−有冨墓地の尾根筋 である。


やすおか史誌  平成2年
P6
(蒲生野) 山田
地形は三郎山台地によって安岡平野と方向を変え、隣村有冨村と接続して南面する。 王子ヶ森古墳はに有冨古墳群、に延行古墳群、西に三郎山古墳群を見下ろす中央部に存在したことは何かを意味していないだろうか? (時代考証は別にして

住吉社の南東に山田邑を置き、西北社領の分岐点にこの山田邑を設けたのには住吉社領として意味があるかと思えるが推測を出ない。 市合併以後蒲生野の一部とされたが近年また一自治会としてのまとまりを持っている。


※ 蒲生野山田が「住吉神社 西北方位の神領の分岐点」 になっていたとある。
蒲生野山田を「住吉社領」 に認定することがそもそも初耳だし、どのようにしてその着想を得たか、「やすおか史誌」 の著者に質問してみたい。

やすおか史誌 P589
冨任八幡宮に蒲生野八幡宮が合祀されている。
蒲生野・冨任は安岡地区、有冨・延行・綾羅木は川中地区である。
蒲生野山田は有冨支配( P583) だったので、蒲生野八幡宮が山田集落にあったとは思えないし、山田集落に住吉社があったとは知らないし、思いもつかなかった。 郷土史料に載ってるが場所不明だから私が探していたのは「有冨村山田の天御中主神社」 があった所だ。

有冨村内の住吉神社の神田 が蒲生野山田 字「大山田」 だったのだろうか。
よくわからん。



日本書紀
山田史御
「方」 は丈山である東ヶ嶽・竹生山
山田 有冨上の山麓〜蒲生野山田

三宅臣藤麻呂
新羅・百済は朝鮮半島ではなく室津(御崎含む)・涌田・吉永・黒井の新羅人・百済人の入植地で倭国の「三宅」 だった。
田道間守  天日槍の後裔で、三宅連(三宅氏) の祖


万葉集の三方沙弥は永田郷の人だと思う。

山田三方は懐風藻に歌が3首ある。 懐風藻の場所は竹生観音である。




記事へトラックバック / コメント


蒲生野山田 横田遺跡

2017/12/11 12:39

蒲生野 妙蓮寺の山号 長谷山 はせやま
一の瀬 バス停 小字「長五郎」「榊」
深坂 神功皇后の腰かけ石 場所未詳


深坂用水路 蒲生野山田→有冨
『古代氏文集』 山川出版社 2012年
住吉大社神代記

436 沙古田里 砂子多川
439 末地 川がない有冨 あるいは字「末田」
441 水分・水越 竹生観音の谷川が流れてくる所 字「大山田」
443 此の内 字「此の地」 か 場所 なごみの里


続日本紀@217-16
十一月戌子、
大倭国
添下郡の人 大倭忌寸果安、
添上郡の人 奈良許知麻呂、 ・・・・ 蒲生野山田の字「此の地」?
有智郡の女 四比信紗、

並に身を終ふるまで事勿からしむ。


大倭忌寸 ― 椎根津彦 倭直 長岡

奈良許知麻呂 ― 添上郡 山村 三林公 ・・・・ 山村、林という家がある

日名照額田比道男伊許知迩神



魏志倭人伝 皆徒跣(はだし)
穴門の践立 字面は践祚

字「大山田」
深坂用水路 幹線 竹生観音から流れ出る谷川
蒲生野山田の取水口 堰

用水路の山側に石組の跡があり、
有冨の迫本さん談 「この場所には戦争中、田があって米を作っていた」


字「横田」 万葉集22 題詞 波多横山

山口県風土誌 第九巻 P380
蒲生野村 境界 記述文中に「横山」


字「此地」 此の地、此ノ地
場所は なごみの里 の南西側 丘陵

『古代氏文集』 山川出版社
住吉大社神代記 P47  442・443 「此の内」

古事記 天孫降臨
此地は韓国に向ひ笠紗の御前にま来通りて、


字「蓮池」 万葉集の隠沼



過去記事 
安岡の地名考
http://44051510.at.webry.info/201402/article_51.html

三笠の山 春日の山 高座
http://44051510.at.webry.info/201503/article_31.html


有冨古墳 吉岡の家は吉野  蒲生野山田に平城京があった
http://44051510.at.webry.info/201406/article_13.html

東国 常世の虫 大生部多
http://44051510.at.webry.info/201508/article_13.html




記事へトラックバック / コメント


荘子の北海若 下関市吉母

2017/12/11 01:33

下関市吉母〜豊浦町〜豊北町二見 は若宮神社が多い。
吉母、室津、松谷、二見

文庫書記A20‐3
都怒我阿羅斯等 穴門の伊都都比古 嶋浦→北海→出雲国→都


涌田の海を古くは若海と呼んでいた。
(参照)
角川日本地名大辞典 山口県  オンデマンド版
吉永
P887左
「若海」 と書かれた場所は涌田 (わいた)

黒井の杜屋神社の社伝に亀甲に乗った三穂津命

吉母の黒嶋に宗像さん家があり、海北道中、道主貴


荘子 有名な「北海の若」 は吉母であろう。


通説
北海 北朝鮮の海岸
東海 山東半島の海岸
南海 揚子江河口南側〜海南島

私見
東海 永田本町・吉見漁港 ・・・ 海岸の赤石が特徴
東海の大魚=万葉集 難波の海の鯨

北海 吉母・御崎・豊浦町沿岸。 北浦。 特に吉母の黒嶋
南海 綾羅木川の河口


荘子
荘子 第一 逍遥遊篇
 北冥の鯤 吉母・御崎・室津・涌田
 南冥の鵬 綾羅木海岸。 「鵬」 は竹生観音の山

荘子 第十七 秋水篇
 北海若 吉母
 東海の大亀 吉見古宿の串山、吉母の黒嶋
 鵷雛(えんすう) 南海は綾羅木海岸。 鳳凰は竹生観音の山

荘子の逍遥遊篇、秋水篇は中国の雄大な幻想文学ではなく、下関市の吉永・室津・吉母から綾羅木へ行く "鳥の大船" だった。
考古資料 構造船の祭祀土器 吉永遺跡、要須遺跡




記事へトラックバック / コメント


孔子は下関の人

2017/12/11 01:10

孔子の「孔」=穴門の「穴」

中国の山東半島ではなく日本の山東(やまと、倭)


『史記 中』 中国古典文学大系 平凡社
P58下 孔子世家 第十七

『呪の思想』 白川静・梅原猛 平凡社ライブラリー
P76
孔子が巫女の私生児というのはショッキングな説ですね、あれは。


有冨上
竹生観音がある山の名 東ヵ嶽。 道教では東岳=泰山

薬師池の上 ふせぎが谷 ・・・ 孔子の父が葬られた防山
「地下上申絵図 有冨村地下図」 による


蒲生野山田
万葉集の田庄 生観音の参道入口
(こもりく) 白川静のシンボルマークである漢字「口」 の象形

平凡社 『新訂 字統』 P296 口(コウ) によれば、象形は
口耳の口とみるべきものはほとんどなく、おおむね祝禱・盟誓を収める器の形 ・・・ 他の漢和辞典と異なるユニークな解

『初期万葉論』 白川静 著 中公文庫
第三章 呪歌の伝統
二 遊猟と招魂
P95‐末から2行目 石が根 禁樹おしなべ
石が根もここでは「葬式のイメーヂを持つ」 語である。

石が根=湯津石村

私は蒲生野山田の王子権現山古墳は日並皇子陵かと思う。
市の文化財保護課は発掘調査の予定はないという。
 
の雨 「礼」 は祭祀。 記は葬式・墓の書

竹田庄の隣に「隠口」 がある。
隠口の始瀬 ・・・ 谷川

万葉集210 柿本人麻呂
大鳥乃 羽易乃山尓 吾恋流 者伊座等 

竹生観音の山の形は鳳凰の形である。
(参照)
『定本 地理風水大全』 御堂龍児 著 1997年 国書刊行会
P40 【鳳凰の山】
鳳が羽を広げて、今まさに飛び立たんとする鳳凰の姿に似ている。
これを 「飛鳳冲天形」 という。





記事へトラックバック / コメント


当ブログ 過去記事

2017/12/09 11:39

当ブログの過去記事  大半は今と考えがちがう。

穴門 の 場所
http://44051510.at.webry.info/201110/article_105.html

軽嶋の明宮
http://44051510.at.webry.info/201110/article_108.html

永田郷の由緒古跡
http://44051510.at.webry.info/201405/article_6.html

永田郷 妙寺の若王子池の読みは「にゃっこうじ」 ? 「びゃっこうじ」 ?
市役所土地係では「わかおうじ」 で登録されている。

溜池が決壊すれば下の集落に甚大な被害を及ぼすので、もしや水城かとも見て各地の池を見る。


宇賀本郷  なぎなた岩
http://44051510.at.webry.info/201203/article_57.html

扶桑日本の緯度
http://44051510.at.webry.info/201306/article_2.html

対馬 ⇒ 沖ノ島 ⇒ 向津具 の潮流 
http://44051510.at.webry.info/201211/article_6.html




記事へトラックバック / コメント


応神天皇の巻

2017/12/06 18:50

筑紫の蚊田
神功皇后は応神天皇を産んだので、その場所に鎮懐石を置いてきた。
万葉集813 「筑前国怡土郡深江村子原」 と同じ場所であり、
バス停 永田石原 の付近である。


日高  伊倉のお忌み石=鎮懐石 説
文庫書記A160‐末から2行目
南、紀伊国に詣りまして、太子に日高に会ひぬ。

日高  火の見山 「見山」 とも書かれた。

古代氏文集 住吉大社神代記 P43‐末行 400
木伊国伊都県 道の側  伊倉。 または綾羅木川沿いの字「糸田」
大河  綾羅木川

『ふるさと散歩みち』 下関市川中地区まちづくり協議会 平成7年
P80下 お忌石 (伊倉本町) 2か所
P84下 おう神社 (熊野町1丁目) 之森
  ↓
紀伊国伊都は下関市伊倉の火の見山 麓の道 という発見


軽島の豊明宮
有冨上の八幡宮 字「中村畔」 祭神は応神天皇のみ。
岩谷さん家前の山道入口に明治末まで社があった。
軽=銅 なら、銅山伝説が伝わる金鋳ヶ谷のへりである。

有冨 儀万さん家 ・・・ 有冨村の庄屋
「儀万」 は次の文言によるか。
  ↓
『淮南子 下』 明治書院 新釈漢文大系
巻二十 泰族訓
P1219下 訓読文 13行目
制度、以て民の為る可ければなり。


天一  淮南子では太歳、木星
淮南子 巻三 天文訓
『淮南子 上』 明治書院 新釈漢文大系 P155下 訓読文 1行目
『淮南子 説苑(抄)』 平凡社 中国古典文学大系 P45上 注78

淮南子 天文訓 は呂氏春秋 有始覧 を参考にして書いている。
『呂氏春秋 中』 明治書院 新編漢文選 巻十三 有始覧

韓国の研究家によれば、下関市の遺跡・墳墓は木星の配置で設計されているという。


難波の大隅宮
船越川沿い、大塚と船越の境に字「王仁」 があり、皇子八幡宮跡がある。
「王仁」「皇子」 は山口県風土誌などでは「応神」 と記されている。
吉母・正吉・吉見 の端にあるから「大隅」 か。

大国主神の 天の日隅宮 も福江の大塚
福江の大塚は出雲だった。

大塚は「王塚」 とも書かれる。


(参照)
山口県風土誌 第九巻 P386
福江川(単流) 応神ノ前
「矢ビツ」 は ふくふくうどん の小字



記事へトラックバック / コメント


「大津の渟中倉の長峡」 の住吉 浄満寺

2017/12/06 15:40

「よしみ史誌」 浄満寺 P534‐2行目 津守土佐之助宗綱

永田本町には津守さん家が2軒ある。
永田川下流の津守さんは浄専寺付近から越してきた。
浄満寺の国道向かいに津守さん家がある。 

ネットで検索 【 津守氏 】

万葉集
109 津守之  大津皇子 石川女郎 津守連通
2646 住吉乃 津守引之  網代橋


文庫書記A160‐9
大津の渟中の長峡

倉  文庫書記A128‐5 熊鰐 岡浦 大
古事記 猿田彦が沈んだ阿耶訶=万葉集121 住吉乃 浅鹿乃浦尓


「大津の渟中倉の長峡」 の住吉は浄満寺あたりにあった。




記事へトラックバック / コメント


角賀 神功皇后

2017/12/06 06:58

神功皇后の出身地は角賀。 福井県敦賀とされている。

万葉集366
手結我浦

手結(てつがい) とは - コトバンク
ttps://kotobank.jp/word/手結%28てつがい%29-1565672

手結 (てい) とは - コトバンク
ttps://kotobank.jp/word/手結-99706
世界大百科事典 第2版の解説
てつがい 【手結】
射術を競う朝廷の年中行事である射礼(じやらい),賭射(のりゆみ),騎射(うまゆみ) の前に行う武芸演習をいう。 手は射手,結は番(つがう) (2人を組み合わせる) の意味。 射手を前後,左右に分け競争させる。 射礼(1月17日) の手結は式日の2日前の15日に,兵部省では親王以下五位以上の者30人を選定し,その中から能射者20人をえらび,南門の射場において行い,これを兵部手結という。 六衛府の射手は六衛府で簡定しその庁で行う。
  ↓
永田郷 日野八幡宮 者祭
  ↓
万葉集20 良前野

万葉集295 麻呂
江乃 木松原 遠神 我王之 幸行

岩波 新日本古典文学大系、小学館 新編日本古典文学全集
万葉集 注釈 によれば、原文について
西本願寺本 木笶
紀州本・広瀬本 野木笶

「笶」 は竹 の意味。 魏志倭人伝に「竹箭」
「野木」 は野中の立木か
「処」 は遺跡または予定地

「清」 の字
古事記 天の日矛 多遅摩国 日子
荘子 外物 第二十六 清江  河伯 漁師の余且 神亀


永田郷 石川書道教室さん談 ・・・ 御堂遺跡の地権者、日野八幡宮の宮守
「先祖はから来たと家に伝わる」
「バス停 永田石原 の国道脇から土器が大量に出た所がある」

卑弥呼の「鬼道」 は墨子の「鬼神」 に通じる。
墨子 第三十一 明鬼篇 下


卑弥呼の女、壹與 ・・・ 御堂遺跡の小字「宗教」
「宗」 は「おおもと」 の意味か。

台与、壱与
原文 「與」
『角川 大字源』 によれば、「壹」 の解字は を入れた壺+

文庫書記A126‐2
渟田門
皇后、を以て鯽魚(たひ) に灑きたまふ。 鯽魚、即ち酔ひて浮びぬ。

「吉」 は母・正(永田)・見  ※ 正吉の「正」 は中央の意味

難波


角賀の場所は永田郷 御堂遺跡の近くである。




記事へトラックバック / コメント


邪靡堆の位置 日の出幼稚園

2017/12/05 23:36

隋書俀国伝 俀国の都、邪靡堆の場所は
下関市永田本町3丁目 永田神社、浄専寺・日の出幼稚園 である。

洞海は北九州市の洞海湾でなく下関市永田の浄満寺前の国道にあったであろう水道である。

菟夫羅媛の「つぶら」 は古事記の比良夫貝
その海水のつぶたつ時の名を、つぶ立つ御魂といひ、
  ↓
額田部連比羅

阿倍臣 ・・・ 洞海の鳥池

物部依連抱 ・・・ 網代橋

中臣地連烏麻呂 ・・・ 永田神社 字「宮」 


推古紀 裴世清を接客した人の名から推理して、
邪靡堆の場所は永田本町の日の出幼稚園である。




記事へトラックバック / コメント


半島有事 と 岩国  万葉集から

2017/12/05 03:13

下関市御崎・室津は韓国の難破船、漂流者、漂流物が着く所である。
その記述が豊浦町史にあった覚えがある。
室津は元寇時に元の使者が来た港なので、末盧国といえる。

室津・黒井に来た渡来人は梅ヶ峠を越えて永田郷に来る。
永田郷 バス停 永田石原 は冬の寂寥感で侘しい所である。

しかし、
ラブホテル セピアの峡谷は「平成の吉田松陰」「防衛省自衛隊 研究所」
の観点から、古代では朝鮮半島有事における戦略的要衝地点である。

古代を知れば - 未来が見える

ラブホテル セピア前の池は「大池」「石神池」 という。
万葉集 周防の岩国山 は永田郷 ラブホテル セピアの場所 字「石神」
である!




記事へトラックバック / コメント


穴門の大田、山田 再考 またまた再考

2017/12/05 01:28

私は記紀・万葉他の地名場所を都道府県下の通俗場所で解していない。


2017-12-04 10:00:06
住吉大神が希望
した穴門の山田邑は住吉神社の現在地とは違う
ttp://ameblo.jp/shimonose9m/

航空写真
山田地区の旧住吉神社、北西方向に見下ろす(3D)

現地写真
旧住吉神社の跡地あたりに、雨乞い祭りの神事の場らしき囲いがある

  ↓
角川日本地名大辞典 35 山口県 オンデマンド版 2009年
延行 P665
〔中世〕 延行名
文明13年6月日一宮神領豊東・豊西両郡田数并土貢注文案写(住吉神社文書/住吉神社史料上) に「壱所貞応参百歩 延行名内 平田弐反 分米捌斗」 と見え、わずかながらこの地に一宮社領のあったことがわかるが、天正17年5月3日 一宮神領付立(同前) には見当たらない。
  ↓
これか。
私の判断では、蒲生野山田は土質が赤土でないので神々しい所ではない。




<< 作成日時 : 2010/06/23 22:25 >>
http://44051510.at.webry.info/201006/article_66.html
邪馬台国下関説

  ↓

www.manyo-world.com/ 2011 年 12 月 15 日
万葉集 20 番歌の「蒲生野」の所在地について
竹 生 政 資*
On the Location of “Kamafuno” in the 20th Poem in Manyo-shu
Masasuke TAKEFU

私見
私のブログの方が先行している。 当ブログを開始したのが2009年秋で、
2010年〜2011年8月 に万葉集 20 の蒲生野は下関市蒲生野山田であるブログ記事を私はよく書いていた。
蒲生野山田
  イノシシ、鹿、野ウサギ、鳥など獲物が多い。
  馬を走らせるに適した平地が安岡〜蒲生野にある。

(難点)
安岡自動車学校の村崎ノ鼻→蒲生野山田 は距離があり過ぎる。
蒲生野山田は狩猟の追い込みに適していない。

そこで半島地形で獲物を追い込みやすい安岡漁港の脇ノ浦に「蒲生野」 があったかと推理した。 安岡漁協にある神社の「猟」 は「漁」 でなく「狩猟」 のことかと思った。

(最近)
「住吉大社神代記」 の場所は下関市母・永田(正)・見の「」 字の地
であり、住吉神社の穴門・穴戸は永田郷の字「石原屋敷」 あたりと考えている。

神功紀の羽白熊鷲は白い色をした空飛ぶ仙人であり、誅した場所は「安」。
神功紀の松峡宮=斉明紀の唐人仙人 「住吉の松嶺」 文庫書記C332‐3
  ↓
バス停 永田石原 から近い所

万葉集の蒲生野は永田石原、豊浦郡大領 額田部直塞守 は永田石原、
白雉の穴門は永田石原。 近頃はみな「永田石原」 ばかりと思いはじめた。


穴門の山田は下関市 バス停 永田石原 あたり。


穴門豊浦宮
私見は龍王神社の浜宮である。 「よしみ史誌」 P706

『古代氏文集』 山川出版社 2012年
住吉大社神代記
P17 139
十四代にあたりたまふ足仲彦天皇、穴門豊浦宮御宇めたまふ。
〔長門国豊浦郡に在る北樹社なり。 今、住吉斎宮と謂ふ。〕


斎宮については「よしみ史誌」 P544‐末行 「龍王山之記」

北樹社 ・・・ 「樹」 は山海経 海外東経 の扶桑


小字「木の中」
永田郷 御堂遺跡の南側 字「木の中」
文庫書記@46‐末から3行目
筑紫の日向の小戸の橘の


吉見 尾袋の南側 字「木の中」


「穴門の山田」 は吉見か
文庫書記A244‐末行
乃ち石河の水を引きて、上鈴鹿・下鈴鹿・上豊浦・下豊浦の四処の郊原に潤けて、墾りて四万余頃の田を得たり。

「古代氏文集」 山川出版社
住吉大社神代記 P44 401
西は河内の泉の上鈴鹿・下鈴鹿・雄浜・日禰野公田・宮処・志努田公田・三輪里道を限る。


横尾鼻堤(光善寺がある字「横尾」 の集落では「横鼻堤」 と呼ぶ) から流れ出る用水路の源は千石岩付近である。

吉見下
字「山田」  龍王神社の東側の山際
字「片山田」 光善寺の北側
横尾鼻堤

「穴門の山田」 は龍王神社が所有する神田、宮田、社田?




記事へトラックバック / コメント


東風  あゆのかぜ

2017/12/03 14:58

下関市永田郷 バス停 永田石原 の川沿いに小字「若宮」 がある。
この字「若宮」 の場所に
万葉集
若宮年魚麻呂
越中国 大伴家持 4017歌 東風(あゆのかぜ)
石川朝臣子(君子、吉美侯、少郎子)
丹後国風土記 逸文 水江の浦の嶼子
の住所があった。

越中国
永田郷 国道沿い 石川書道教室さん談
「先祖は北陸の越から来たと家に伝わる」


山口県風土誌 第九巻 吉母
若宮神社 祭神中の住吉荒魂大神は塩土郎翁に通じる。
P431
万葉集の海堺、古事記の海坂を吉母−蓋井島 の海底に広がる石畳に比定している。 吉母浜には豊玉姫が彦波瀲尊を生んだ伝説があり、海神の地であろう。

文庫書記@190‐末から3行目

吉母の黒嶋と対岸の 字「西条」 に宗像さん家がある。


大宰府 菅原道真の歌
東風(こち) 吹かば 匂い起こせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ


大宰府、越中国、伊都国は下関市永田郷 バス停 永田石原 である。





記事へトラックバック / コメント


墨子  大率 神社 尚同

2017/12/01 12:55

魏志倭人伝の「一大率」
大率

『古代国家と道教』 重松明久 著 吉川弘文館 昭和60年
P35‐末から4行目
「大率」 の言葉は 墨子 第六十八 迎敵祠篇 にある。


『韓非子 墨子』 中国古典文学大系 平凡社 1968年
墨子 P499‐末から8行目 に「大率」(方面軍の大将) の言葉がある。

P499‐1行目
占に長じた巫(みこ) を任用し、霊薬を備え、家を与えて養う。 巫を必ず公社(国土の神を祭るところ)近くのよい家に住ませ、巫をのように敬う。 望気を行なう巫は、その結果を守将に知らせる。守将だけが、巫から得た望気の結果を知っている。

第七十 号令篇
P507下‐15行目
望気(雲気を占う) を行なう者の宿舎は、必ず大守の官邸の近くにおき、巫(みこ) の宿舎は必ず公社の近くにおき、必ずの如く敬う。 巫・祝・吏と望気の者は、必ずよい知らせを人々に告げ、実情は守将に報告する。 守将だけが実情を知っている。 巫と望気の者が勝手によからぬことを言って人々を驚かせるならば、処罰して容赦はない。 望気(雲気を占う) を行なう者の宿舎は、必ず大守の官邸の近くにおき、巫(みこ) の宿舎は必ず公社の近くにおき、必ずの如く敬う。 巫・祝・吏と望気の者は、必ずよい知らせを人々に告げ、実情は守将に報告する。 守将だけが実情を知っている。 巫と望気の者が勝手によからぬことを言って人々を驚かせるならば、処罰して容赦はない。

  ↓
魏志倭人伝の卑弥呼、記紀の武内宿祢に通じる。
墨子の城には神の如く敬れた巫がいた。

置厨給事
『墨子 下』 全釈漢文大系 集英社
P541上 【給事之】 について注釈あり。

墨子 下』 新釈漢文大系 明治書院
P755 語釈 〇之 



言葉 「神社」 が出てくる
墨子 第三十一 明鬼篇 下

『韓非子 墨子』 中国古典文学大系 平凡社
P414上‐2行目 斉の神社で盟いをさせる

  ↓
墨子の鬼神は仲哀紀・神功紀の神託に通じる。


「尚同」
角川 新字源 改定版  学生・一般向けの小辞典
角川 大字源  大型辞典
には漢字「尚」 の熟語に「尚同」 がある。

広辞苑 2008年 第6版
新漢和大字典 2013年 第4刷 学研
字通 平凡社
には「尚同」 は載ってない。




記事へトラックバック / コメント


儀狄之酒  下関市永田郷 石川さんの家周辺

2017/11/28 20:31

漢字学者の論争
ネット検索 【 白川静 藤堂明保 】

『新訂 字統』 白川 静 (著) 平凡社 2004年
P416中
【酒】
形声
事物起源説話として、儀狄(ぎてき) がを作り、(う)が嘗(な)めてこれを(うま)しとし、ついに儀狄を疎んじ、杜康(とこう)がきび酒を作った話をしるしている。 〔戦国策 魏策〕


天の美禄
www1.odn.ne.jp/kushida/hk_kwb-j/hk_0412j.html

「儀狄之酒」 (ぎてきのさけ) の意味 - 四字熟語辞典オンライン
yoji.jitenon.jp/yojik/5176.html
「儀狄」 は人の名前で、中国のの時代に、酒を生み出したとされている伝説上の人物。 または、酒のたとえ。 中国のの国の禹王が儀狄の酒を飲み、そのうまさから、酒に溺れて国を滅ぼすものが出ると言い、酒を禁じたという故事から。 出典, 『戦国策』 「魏策」


夏花 文庫書記A66‐9
神夏磯媛 文庫書記A66‐10
夏羽 文庫書記A140‐9

夏王朝 禹 九州
「九州」 は永田郷 バス停 永田石原 の周辺
景行天皇の九州遠征は バス停 永田石原 の周辺 だった!


「酒と日本民族」
www.geocities.jp/m_kato_clinic/alco-yowa-minzoku-1.html
[古代中国人と酒について。今回は伝説の世界の話です。]
最も古い中国の酒の伝説
中国の酒の始祖といわれるのは「儀狄(ぎてき)」 でありまして、の時代(約四千百年前) のことであります。 この人は『戦国策』 によりますと禹の娘とありますが、一説には身の丈九尺五寸、ひたい黄色で鼻曲り、頭ゆがみ、耳薄い男であったともいわれます。 その儀狄がはじめて酒を造って、これを禹王に献上しました。 禹は明君として後世まで有名な人ですが、いかに明君でもうまいものはうまいにきまっています。 そこで「うむ、これは美味いものだ」 と感心し、その酔い心地に陶然となりましたが、しかしさすがは禹で、酔いながらも、「後世、その甘美なるを貪り、これを飲むこと節ならずして、必ず国を亡ぼし家を敗る者あらん」 といったといわれます。(参考 : 『酒おもしろ語典』 板倉又吉著、大和出版、1986年)




『戦国策 下』 全釈漢文大系 集英社
322 梁王魏嬰諸侯
P51〜54


『戦国策 国語(抄) 論衡(抄)』 中国古典文学大系 平凡社
332 国をほろぼす4つの悦楽
P263下


比定場所 考察
A案
狄 有冨の万さん先祖
禹 有冨の中村本家さん先祖


B案
吉備の酒

万葉集554
古人乃 令食有 吉備能酒 病者為便無 貫簀賜牟

石川王 (吉備大宰) Wikipedia



万葉集544 吉備酒より B案 を採る。

儀狄、禹が居た場所は下関市永田郷 石川さん・石田さんの付近である。

永田郷 石川書道教室の場所は「儀狄之酒」 の地である。


杜康 - china radio international
japanese.cri.cn/304/2006/12/11/1@81154.htm
  2006/12/11 - では、杜康とは何者? これはいい表現ではありませんから、杜康とは誰なのでしょうかとしておきましょう。 昔の本「説文解字」は、「康が杜康なり」 としています。 この康とは、大昔の有名な王である禹の息子の啓が打ちたてた中国最初の ...

  ↓
康 とつながる
神功紀
文庫書記A170‐8
皇太后、を挙げて太子に寿したまふ。
因りて歌して曰はく、
此の御酒は 吾が御酒ならず 神酒の司 常世に坐す
いはたたす 御神の豊寿き 寿き廻ほし 神寿き 
寿き狂ほし 奉り来し御酒そ あさず飲せ ささ



万葉集
石川君子(若子、吉美侯。 号は郎子) 風流侍従



『神仙伝』 墨子
周狄山は下関市永田郷 石川さん家・日野八幡宮跡あたりである。

下関市永田郷 バス停 永田石原
この場所に "中国4000年の歴史" の始原文化があった。

下関市永田郷 石川さんの家周辺は "酒発祥の地" である。




記事へトラックバック / コメント


永田郷 石川さん、家屋敷横の用水路

2017/11/28 17:21

角川ソフィア文庫 新訂 古事記  平成13年 41版
鎮懐石と釣魚
  また筑紫の末羅県の玉島の里に到りまして、その河の辺に御食したまふ時に、4月の上旬なりしを、ここにその河中の礒にいまして、御裳の糸を抜き取り、飯粒(いひぼ) を餌にして、その河の年魚を釣りたまひき。

日本書紀 岩波文庫
雄略 9年2月 文庫書紀B56-1
時に香賜、退り逃げ亡せて在らず。 天皇、復 弓削連豊穂を遣して、普く国郡県に求めて、遂に三嶋郡の藍原にして、執へて斬りつ。

安閑 元年閏12月 文庫書紀B218-8
閏12月の4日に、三嶋に行幸す。 大伴連金村 従へまつる。 天皇、大伴大連を使して、良田を県主飯粒 (いひぼ) に問いたまふ。 県主飯粒 (いひぼ)、慶悦ぶること限無し。

欽明 23年11月 文庫書紀B340-10
今の摂津国の三嶋郡の埴廬の新羅人の先祖

推古 9年4月 文庫書紀C92-4
夏4月の1日に、将軍来目皇子、筑紫に到ります。乃ち進みて嶋郡に屯みて、船舶を聚めて軍の粮を運ぶ。

皇極3年 正月 文庫書紀C214-8
中臣鎌子連を以て神祇伯に拝す。 再三に固辞びて就らず。疾を称して退でて三嶋に居り。



飯飯(いひぼ)
安閑紀 文庫書紀B218-8
三嶋県主の飯粒は、古事記の神功記で
「筑紫の末羅県の玉島の里で、飯粒を餌にして年魚を釣った。
小河 勝門比売 」


石川とは、
石が多い川
石の堰 目的 水田・灌漑
石で川などをせき止めて川魚をとる仕掛け


垂仁紀
文庫書記A46−10
行宮に至ります比に、大亀、河の中より出づ。 天皇、矛を挙げて亀を刺したまふ。 忽にに化為りぬ。 左右に謂りて曰はく


3234 五十師の原  永田郷 字「石原屋敷」
3236 石田の社  石田さん家、日野八幡宮跡

玉島 末羅県 年魚 飯粒 礒
三島 大阪府
三島野 富山県

  ↓
じつは同じ場所である。
永田郷 石川さん(606番地)、石田さん(598番地)
平野鉄工所 徳永第1踏切 
バス停 永田石原 字「宮の上」「石原屋敷」

肥国の玉島川、筑前の糸島、摂津の三島、越中国の三島
は同じ場所で、永田郷 石川さん家屋敷の横の細い水路


邪馬国の 「壹」 の字は 酒+吉
「吉」 は母・正(永田)・見。 正吉(永田) の中心は石原であるから、
邪馬国の場所は永田郷の石川さん家屋敷の周辺である。

邪馬壹国 永田郷 バス停 永田石原
邪馬臺国 有冨上 字「中村畔」
邪靡堆 吉見古宿 大葉山堤 上本さん家 小津見第1踏切



筑紫の防人
永田郷の石原

島守
永田郷の石原
または吉母〜御崎

地政学
室津、涌田、吉永、黒井は韓人の地であるが倭の属国。 仏教盛ん。

朝鮮からの渡航船は室津・涌田に着く。
吉母の大河原・御崎は海難の地で倭の見張りが立つ。
渡航船が室津・涌田に来た時は倭国に貢物をさせる。


老子「小国寡民」
弥生時代、いやそれ以前の縄文時代も、人々は食料確保や交易のため活発に移動していた。
ところが下関倭国は老子「小国寡民」 だったので、人の移動はなく生活範囲は家の回り20メートルだった。 外部から人を入れない関が永田郷の石原に築かれた。 伊都国、筑紫大宰府は下関市永田郷の石原にあった。

西関の関守 尹喜
= 伊都国の一大率
= 続日本紀 長門国豊浦団塞守




記事へトラックバック / コメント


1000年前の詩がえがく日本の明日

2017/11/27 20:11


『邪馬台の詩』 1000年前の詩がえがく日本の明日
武智 鉄二 (著)  白金書房 1975年
P180
窘急にして城に寄す

胡 ・・・ 匈奴(フン族) のことで、インド・ヨーロッパ系

『神仙伝』 墨子 にある周狄山に関係するか。
狄 ・・・ 中国北方の異民族


永田王朝
邪馬台国の都は梅光学院大学 梅ヶ峠廃校舎付近にあった
http://44051510.at.webry.info/201211/article_2.html

讃岐国 軍王
http://44051510.at.webry.info/201110/article_116.html



『下関市史 原始−中世』 平成20年
など、下関市が編集する歴史の本は下関市立歴史博物館(旧 長府博物館)
の受付で販売している。




記事へトラックバック / コメント


下関の 天一坊

2017/11/25 14:05

天一坊
大岡 越前の守
T(朝鮮) B(部落) S(創価)
制作 統一境界通信社

平成の天一坊事件 脚本 原高 月 
  春山の天一坊  有冨上 中村畔、竹生山
  秋山の天一坊  永田石原 御堂遺跡、日野八幡宮


神仙境
2か所の天一坊は中国黄帝の子孫たちである。
日本の皇室・徳川とは関係ない。


場所
末盧国  御崎、室津、涌田

高天原  永田の大池 ラブホテル セピア前 字「石神」 上ヶ原第1踏切
伊都国の一大率  弓矢の祭りが行われていた日野八幡宮 徳永第1踏切

奴国(難波宮) は吉見の古宿
上本さん家、奥本さん家 小津見第1踏切

邪馬台国(大倭国) 飛鳥 有冨 字「中村畔」 儀万・中村・岩谷さん家
風水 明堂はハンドウ山の登山口
周狄山 有冨墓地の東側 山曲がり尾根 = 登美の白庭


饒速日の尊
物部氏の祖、饒速日の尊

『研究紀要 第3号』 1999 下関市立考古博物館
下関市域における中世墓の様相 伊東照雄
P8 永田郷の塩田地に関して1327年、物部武久が訴えを起こす。

河内国の哮峰  吉見の竜王山で、農免道路脇の千石岩
千石岩は農免道路を造成した時に3分の2が撤去されたらしい。
現在は完全に撤去されている。

登美の白庭の邑  有冨 大迫池の上の尾根


ヤマト王権の正体
中国、台湾の人たちは「中国から神武天皇が来て日本を征服した」 と言っている。

『「神武」は呉からやって来た』 竹田昌暉 著 徳間書店 1997年
著者は東京大学医学部卒 虎ノ門病院 初代麻酔科部長を経て開業医

『徐福集団渡来と古代日本』 いき一郎 著 三一書房 1996年
『徐福王国相模』 前田豊 著 彩流社 2010年

といった本を読んで、
私見は「関西のヤマト王権は呉の孫権の将軍が建てた国。 日本書紀の呉国、東漢氏である」 と見る。


誰も書かなかった邪馬台国
「中国4000年の歴史」 は下関の永田郷と有冨上で始源した。
黄帝、堯、禹、神農、羿、西王母など、中国の聖人たちは東方の倭人だった。

関西のヤマト王権は呉の将軍が遠征してきて建てた国である。




記事へトラックバック / コメント


日野八幡宮跡、ユネスコ世界文化遺産に

2017/11/25 09:15

下関市永田郷 日野八幡宮跡 バス停 永田石原 の近く
石川書道教室さんは日野八幡宮の宮守をしてきた家で、先祖は越国から来たと家に代々伝わる。 縄文時代末期の木棺墓が出土した御堂遺跡の地主であるから、この家の田畑・山林の各場所は重要である。


万葉集247 石川朝臣宮麻呂 (宮守)

岩波書店  新 日本古典文学大系 万葉集索引 人名索引
人名の「石川」 を調べる。
石川朝臣吉美侯=石川朝臣君子=少郎子=子 から 永田郷 字「宮」
場所は バス停 永田石原 の川沿い

風流侍従より水江浦嶼子につながる。
神亀、大宰

石川難波麻呂
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/yoropara/mretu/mretu00343.htm

石川安麻呂 (蘇我安麻呂)
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/yoropara/mretu/mretu00223.htm


日野八幡宮 『山口県風土誌』 第9巻 P414
正月19日 矢を射る祭り 武者祭

隋書俀国伝 毎年正月1日に射戯・飲酒する。

天の加久矢 天の波士弓 天の真鹿児矢 天の羽羽矢

万葉集 越国を流れる水川
  ↓
万葉集366
手結(てつがい) とは - コトバンク
ttps://kotobank.jp/word/手結%28てつがい%29-1565672

手結 (てい) とは - コトバンク
ttps://kotobank.jp/word/手結-99706
世界大百科事典 第2版の解説
てつがい 【手結】
射術を競う朝廷の年中行事である射礼(じやらい),賭射(のりゆみ),騎射(うまゆみ) の前に行う武芸演習をいう。 は射手,は番(つがう) (2人を組み合わせる) の意味。 射手を前後,左右に分け競争させる。 射礼(1月17日) の手結は式日の2日前の15日に,兵部省では親王以下五位以上の者30人を選定し,その中から能射者20人をえらび,南門の射場において行い,これを兵部手結という。 六衛府の射手は六衛府で簡定しその庁で行う。

  ↓
永田郷 日野八幡宮 武者祭

日野八幡宮の創設は仁平2年である。

仁平 Wikipedia
仁平(にんぺい、にんぴょう) は、日本の元号の一つ。
1151年から1153年までの期間を指す。



列子
黄帝篇 第二 五 伯昏瞀人 弓 高い山
  高い山は、仲哀紀 文庫書記A132‐2 高き岳

説符篇 第八 四 尹子 弓術
  関は、天孫降臨の 「天関」  文庫書記@198‐末行


以上の場所は、
下関市永田郷 バス停 永田石原 徳永第1踏切のへり 日野八幡宮


原始道家の列子、関尹子は永田郷 字「石原屋敷」 の住人だった。
日野八幡宮跡は "中国4000年の歴史" の始源文化財である。

私見
中国の聖人である黄帝・西王母・老子・神農・堯・禹などは倭人で
下関市永田郷と有冨上の人間だった。


列子 楊朱篇 第七 十二
舜は河陽で農耕に従事し

河陽は川の北岸。 綾羅木川の北側。 舜は石原コスパ〜有冨の農家だった。



『下関市 年表』 編集者 下関市市史編修委員会 発行 下関市 平成23年
P2
縄文時代 晩期前半
吉見永田郷の御堂遺跡で、竪穴住居が1基、木棺墓9基、土壙墓8基が発見された。
 ※ガラス玉出土は記されてない。
  ↓
私見 渡来した墨家の墓地
  ↓
『神仙伝』 墨子  赤松子は永田郷 バス停 永田石原 の住人
  ↓
"中国4000年の歴史" の始源文化 は下関市内の寂しい場所だった、となる。


周狄山  『神仙伝』 墨子
「周」 は漢和辞典で「田」・「めぐらす」  山々が囲む。 風水の山
有冨の竹生山〜ハンドウ山か、永田郷 妙寺か

神功紀の羽白熊鷲  空飛ぶ仙人
「御笠」 は梅光学院大学 梅ヶ峠廃校舎の丘陵か

日本書紀から周山は葛城山である。 「狄」 は異民族
神武東征 高尾張邑の侏儒
雄略紀 葛城山の一事主神
斉明紀 空中にして竜に乗れる者 文庫書記C332‐1


墨子
秦の始皇帝が中国を統一した頃、墨家の集団は忽然と消えた。
魏志倭人伝には墨子の言葉がある。 一大率、鬼道、持衰

墨子の薄葬 木棺墓
  荘子 天下 第三十三
  墨子 第七章 節葬下篇 

巨勢 墨家の巨子




記事へトラックバック / コメント


土井ヶ浜の 「釜蓋」 ・・・ バス停 岡林 の東側

2017/11/23 15:36

狗留孫山 修禅寺 (真言宗) 下関市豊田町

修禅寺に磐座、小さい洞窟がある。
奥の院に滝がある。
狗留孫山の山頂近くに「手鏡の堤」 と称される池がある。

扶桑日本の緯度
http://44051510.at.webry.info/201306/article_2.html

下関市の狗留孫山は和歌山県 高野山 金剛峯寺の真西に位置する。

和歌山県高野山から見て下関市豊田の狗留孫山は "日が入る所" であり、
「黄帝の宮殿」「崑崙山の西王母」 の場所である。

(参照)
『老子・荘子・列子・孫氏・呉子』 中国古典文学大系 平凡社
列子 周穆王篇 第三
P252‐5行目 黄帝の宮殿
P255下 注61、62 其の上に醴泉瑤池有り 


山海経 海内北経
国は鉅燕の南、倭の北にあり、倭は燕に属す

「蓋」 の地名
蓋井島
土井ヶ浜の「釜蓋」 ・・・ バス停 岡林 の東側


『油谷町の昔話 第一集』 昭和51年
P94 (七) 角山地区 仏ア・牛ヶ爪
伝説 牛に乗った八幡様が海から上がってきた。

私見
牛に乗った八幡様は老子か。 八幡神は老子?


甲殿遺跡 下関市豊北町 田耕 杣地 
トンボ玉 中国の戦国時代 紀元前3〜前5世紀


祭 田耕 → 土井ヶ浜
古い時代 浜殿祭 田耕 → 宇賀本郷

山口県史だより  第20号 平成15年10月
豊北町で郷土の歴史を掘り起こされている伊藤忠芳氏は、それを裏付ける情報の一つとして、平安時代末から鎌倉時代には、田耕(たすき) から荒津浜(豊浦町宇賀本郷) に神幸する浜殿祭が営まれていた ( 『にぎめ』 創刊号) が、後に荒津浜から土井ヶ浜へ変更して浜祭<が斎行されるようになり、その年時は近世の元禄16年(1703) に遡る ( 『浜出祭』 豊北町教育委員会) と指摘されています。

宇賀本郷の海岸を「荒津」 という。
「荒津」 に夫婦岩がある。
豊北町二見の注連縄行事は江戸時代末期に始められたとされる。


川嶋神社  下関市豊浦町 湯玉
川嶋神社は神が海から上陸してきた場所で、神武天皇を祀る。

祭神  伊邪那岐命・伊邪那美命・菊理姫命・神日本磐余彦命・応神天皇
社伝に神が海岸から上陸し、上畑・八城に向かって引き返してきたという。
上畑・八城は北宇賀の太田川沿いにある。




記事へトラックバック / コメント


豎亥は蒲生野山田、人面蛇身は倭人

2017/11/23 04:39

山海経 海外東経  『山海経・列仙伝』 全釈漢文大系 集英社
黒歯国 吉見の船越か。

山海経の「国」 は怪人・怪獣がいる奇怪な場所である。

考古学の「クニ」 は人口が多く青銅器をたくさん保有し経済力がある地域。
下関考古博物館の見解は下関地域には「クニ」 はない。 拠点集落・王墓なし。


豎亥
左手をもて青丘の北を指す。

「青丘の北」 は有冨の竹生寺または有冨墓地である。
有冨の北は山海経「東西世界」 の基準または最果て極だった。

一に曰く、、豎亥に令すと。
豎亥の「亥」 は方位で北北西。 蒲生野山田の者だろう。
禹は有冨 字「中村畔」 の先祖である。

中国神話の場所
東方 有冨上。 中国の山東半島ではない。
西方 永田郷。 中国の西方(揚子江上流・黄河上流、西域) ではない。


『老子・荘子・列子・孫氏・呉子』 中国古典文学大系 平凡社
列子 福永光司 訳
P245下 注3
伏羲、女媧、神農、黄帝などは人面蛇身
  ↓
金印の蛇紐
  ↓
"縄文倭人" の蛇信仰
中国の伝説 人面蛇身だった太古の帝王は "縄文倭人" だった!


ネットで
【 縄文 蛇 】
【 縄文 蛇 本 】
を検索。 多くのサイト、書籍が見つかる。

縄文土器と蛇信仰 | シリーズ 骨董をもう少し深く楽しみましょう
ttps://www.aichi-kyosai.or.jp/service/culture/internet/art/antique/antique_4/post_732.html

縄文土器の縄目文様は蛇だった。目からウロコの縄文本5 - YouTube
ttps://www.youtube.com/watch?v=SvWkgJuE030


神農は人身牛首
  ↓
有冨 大年社 牛を祭る

文庫書紀@214-5 神武東征
已にして、弟猾大きに牛酒を設けて、皇師に饗す。


P292上 注6
堯 ・・・・・舜を召し因りて
  ↓
『先代旧事本紀』 の冒頭、天祖 天日天狭霧国日国狭霧尊

霧がたつ場所は有冨墓地。

竹生寺の山は鳳凰の形をしている。


中国人、台湾人
神武天皇は中国から来た!

中国で勢い増す「黄帝」崇拝 愛国心鼓舞、少数民族抑圧と紙一重
北海道新聞 掲載 2015/04/19


私見
中国神話の場所は下関市有冨上と永田郷だった!

黄帝、禹、神農、西王母、老子は下関の住人だった。
(根拠)
永田郷 御堂遺跡の木棺墓は 荘子 天下篇 墨子の木棺 である。
  ↓
雨師妾、赤松子の位置は永田郷 バス停 永田石原
  ↓
青丘国の位置は有冨上
  ↓
列子の地理注釈は有冨上と永田石原であり、中国ではない。




記事へトラックバック / コメント


高天原 − 出雲 の距離は 150メートル

2017/11/18 17:42

「永田郷の御堂遺跡は渡来した墨家の墓である」 との思いつきを得て、自分の今までの比定地を変更しなければならなくなった。

『鑑賞 中国の古典H 抱朴子・列仙伝』 角川書店 昭和63年
序−末行 執筆 平木 康平
秦の始皇帝は方士徐福に命じて、数千人の童男童女を引き連れ、その仙人の住むという島へ不老不死の薬を求めに行かせた、という。 この有名な出来事があってから、仙人の話が広く世間に知られるようになった。
  ↓
墨家の渡来は「徐福の東渡」 の頃か
  ↓
御堂遺跡を基準にして、考古学の年代測定論 「縄文時代 末期前半」 の時期が西暦で確定する。


纏向宮は永田郷 妙寺か。
纏向あるいは吉野は永田大池近くの上ヶ原第1踏切から東に上がった所か。

「正吉村地下図」 では妙音寺の東北側に厳島社があった。 伊都国か。
単なる鬼門か。

伊都国はバス停 永田石原〜大池 付近と思う。

永田郷 ラブホテル セピア前の池の名は永田郷の地元の人たちは「大池」 と呼ぶ。 江戸時代の古地図 「正吉村地下図」 では「石神池」 と記されている。


字「白」 

永田郷の小字 「白潰」 は伊予の地名
http://44051510.at.webry.info/201405/article_5.html

 次の箇所は場所が同じ。
古事記 雉子の頓使
文庫書紀B216-6 膏腴えたる雌雉田
白雉


高天原の場所
文庫書記@198‐末行 天 ・・・ 関所である。
  ↓
高天原はラブホテル セピア前 字「石神」「観福寺」「上ヶ原」 あたり。
高天原は上ヶ原第1踏切の周辺だと思う。

永田郷 石川書道教室さん談
上ヶ原第1踏切の山に凄い数の五輪塔が落ちている。
妙寺の梅花園の東側に昔の火葬場があった。
そこにも多くの五輪塔が埋まっていて、土中の五輪塔を整理して火葬場を建てたと聞いている。

字「国賀」「本田」 の畑には多くの五輪塔が埋まっていた。


出雲
出雲は字「石原」「石原屋敷」 。
高天原と出雲の距離はわずか150メートル。

根拠
かれ天若日子が妻 下照る比売の哭く声、風のむた響きて天に到りき。
  ↓
大泣きする声が聞こえる距離
若日子より字「若宮」 か。場所はバス停 永田石原の南側 川沿い。



大池 永田郷 ラブホテル セピア前の池
地元の人がいう、 「下田の倅が鰻を釣ってた池」

私見では、この池は鰻よりも亀が重要である。

『山海経・列仙伝』 全釈漢文大系 33 集英社
海外東経 雨師妾 P436‐末行
一に曰く、十日の北に在り、人為る黒身人面、各々一を操ると。

黒身人面は墨家の人たち。


垂仁紀 文庫書記A46‐末行
行宮に至ります比に、大亀、河の中より出づ。 天皇、矛を挙げてを刺したまふ。

雨師妾の亀 = 垂仁天皇が矛で突き刺して占いした亀

天浮橋 天瓊矛の場所
  ↓
永田郷 ラブホテル セピア前の池は日本発祥の地である。


十日
欽明 23年7月 文庫書紀B338‐9
韓国の 城の上に立ちて 大葉子は 領巾振らすも 日本へ向きて
或有和へて曰はく、
韓国の 城の上に立たし 大葉子は 領巾振らす見ゆ 難波を向きて


大葉子は吉見古宿の大葉池付近の人である。
扶桑の十日は光善寺近く、字「木の中」 か。
江戸時代の古地図 串本岬の海中に巨樹が描かれている。

字「木の中」 は永田郷にもあり、筑後の巨樹か。


伊都国  永田の大池 雨師妾
奴国  難波宮で吉見の古宿(こずく) 十日、暘谷
邪馬台国 有冨 字「中村畔(グロ)」 青丘国




記事へトラックバック / コメント


難波 − 筑紫 の距離は 300メートル

2017/11/18 10:45

孝徳紀 白雉2年是歳  文庫書紀C316‐末から2行目
是歳、新羅の貢調使知万沙飡等、唐の国の服を着て、筑紫に泊れり。
朝庭、恣に俗移せることを悪みて、呵責めて追ひ還したまふ。
時に、巨勢大臣、奏請して曰さく、「方に今新羅を伐ちたまはずは、後に必ず当に悔有らむ。 其の伐たむ状は、挙力むべからず。 難波津より、筑紫海の裏に至るまでに、相接ぎて艫舳を浮け盈てて、新羅を徴召して、其の罪を問はば、易く得べし」 とまうす。


大阪府(難波)から九州の福岡市(筑紫)まで船の先を連ねるのは不可能である。

難波 吉見の古宿
筑紫 永田
  ↓
距離 300メートル


新羅 涌田(わいた)

穴門館 永田郷 石川さん・稲田さん家あたり
大池の農道(線路沿い) は大草が生える 草壁連醜経
 大きな茅
 山際でクズ、カズラ(葛・蔓) が茂る

谷=丹波(たには) 永田郷ラブホテル セピア前の峡谷 谷迫る軍事的要衝
万葉集
3067
3288 玄之神祇 黄帝
3280 左奈葛、夢谷
3073 白山 字「白潰」 月読命の食国 大池の下 白雉 


皇極紀 元年正月29日  文庫書紀C186‐末行
乙酉に、百済の使人大仁阿曇比羅夫、筑紫国より、駅馬に乗りて来て言さく、「百済国、天皇崩りましたと聞りて ・・・・ 」

船でなく馬で九州の筑紫から大阪府(難波)または奈良県(大和)に来ている。 これもおかしい。

百済 黒井
筑紫国 永田郷 バス停 永田石原



万葉集96 石川郎女 久米禅師

続日本紀@63-6
始めて美濃国に岐蘇の山道を開く。
注7 岐蘇は吉蘇とも。

「吉蘇」 は吉見峠と思っていたが、永田郷の大池近くかも。




記事へトラックバック / コメント


「壹」 の解字から

2017/11/18 00:23

邪馬
『角川 大字源』 によれば、「壹」 の解字は を入れた


甑、酒器、大甕などが出土した場所
三輪の酒
若い女の唾で発酵

出雲の酒
八岐大蛇に飲ませた酒
神功紀 歌謡 少御神の豊寿き酒 文庫書記A170‐10
顕宗紀 歌謡 文庫書記B110‐3
  ↓
瑞穂の出雲は永田郷 石川書道教室(石川片淵)・稲田さん家

伊勢采女が雄略天皇に献上した酒

吉備の酒 万葉集554 丹生女王 ・・・ 松子の末裔
この吉備と大宰府は50 mぐらいしか離れていない。 近所である。
古代では、岡山県の酒を福岡県太宰府市に運ぶのは不可能である。

大宰府の酒 ・・・ バス停 永田石原 あたりか

交通
室津・涌田 (渡海船の港) 末盧国
→黒井→厚母→梅ヶ峠→妙寺→バス停 永田石原(伊都国)→ ...

永田郷 稲田さん家 奇稲田姫
大池の道に大草が生える 草薙剣大葉刈
二丘二谷二渡らす 味耜高彦根は永田郷妙寺と石川さん家の間を往復

ラブホテル セピア前の大池は谷狭く軍事的要衝。
谷の出口の稲田さん家に水田(豊葦原の水穂国) があったか。



母、正(永田)、


酒・吉から「壹」 の場所
永田郷 字「石神」「上ヶ原」
ラブホテルセピア前の大池北側 〜 石川書道教室の看板場所
※ 記紀の「葦原の水穂の国」 はここ。 ・・・ 伊都国

有冨・石原 サンヨー跡地 字「塚の原」「金鋳ヶ谷」 ・・・大倭

綾羅木郷 了元寺の西側


山部 ・・・ 石川書道教室さんの家裏、日野八幡宮跡あたり
吉備大宰 天武8年3月9日 D150-6
吉備大宰石川王、病して吉備国に薨せぬ

山部
顕宗紀 文庫書紀B122-12  
小楯、謝りて曰さく、「山官、宿より願しき所なり」 とまうす。
乃ち山官に拝して、改めて姓を山部連の氏と賜ふ。
吉備臣を以て副として、山守辺を以て民とす。


播磨国石郡 縮見屯倉 丹波小子 文庫書記B106‐1

万葉歌人 山部


下関市永田郷
御堂遺跡  縄文時代末期の木棺墓 渡来した墨家集団の墓地
石川書道教室  御堂遺跡の地主 赤松子の家




記事へトラックバック / コメント


東海の大壑 有冨上

2017/11/16 11:15

風の神=鳳 で竹生観音の山

地下上申絵図 有冨村地下図
有冨墓地 大谷 ・・・ 「逸文 常陸国」  大谷 榛
有冨墓地の東 かく石垰 ・・・ 迦久神


「東海の大壑」 は下関市有冨上の山である。
竹生寺の東ヵ嶽 〜 有冨墓地の上


古代史論叢 - 16 ページ - Google ブック検索結果
ttps://books.google.co.jp/books?isbn=4797106557
渡辺直彦 - 1994
夏革の語る 「渤海の東の大壑」 なお、「傳人」や「仙人」の語は 『史記』 封禅書以前には全?見えないともいわれるが、現行本 『列子」 には黄帝篇辺には、古くからのに関する観念や神話的背景が存しているのではないか、と管見したまでである。 列子をして直ちに
「 ...





記事へトラックバック / コメント


黄帝(有熊氏) 熊襲か

2017/11/16 03:02

橿日宮は永田郷の御堂遺跡である。

熊襲の場所 候補地
永田郷の庄屋 下田さん家
永田郷 妙寺 ― 日本武尊の熊襲 川上梟帥
吉母
の3つが考えられる。


吉母=熊野説
万葉集496 熊野の浜木綿  吉母浜の浜木綿 群落 ― 景行天皇の熊襲

熊野の御碕 文庫書記@104‐3 吉母の御崎

「熊」 = 阿、曲  吉母・御崎は海岸線が曲である。
熊野神社で出雲説も立論可能。

室津下
字「山田」 に熊野神社があり、祭神は伊弉冉尊


永田郷 妙寺=熊襲 説
黄帝 有氏 軒轅の
妙寺の消防倉庫から福永さん家方向を見れば丘の地形である。

熊襲は黄帝(有氏) の子孫だった!


『山海経・列仙伝』 全釈漢文大系 集英社
巻末索引 【軒轅】 ページ
137 南流して黒水に注ぐ。
207
408 八百歳の寿命 女子の国の北 ※女子国はバス停 永田石原
409 窮山=草場山、または梅光学院大学 廃校舎の丘
553 沃の国
557


山海経の黒水=黒川
播磨国風土記 賀毛郡
起勢の里 黒川
臭江 黒川


荘子 第22 知北遊篇
知、玄水、陰墳の丘 白水の南

白水 ・・・ 集落の西を流れる川
  有冨上 迫本さん、西本さん家の前を流れる用水路 (候補地)
  永田郷 妙寺 吉母の草場川 (候補地)

無為謂は「道」 を体得している者なので、永田郷 妙寺の穂積さん家か。
万葉集 穂積朝臣老の「老」 を老子=道 と見て、穂積さん家横にある日野殿の廟墓を陰墳の丘とみなす。

永田郷 妙寺の穂積さん家から「白水の南」 (西南の方向) は吉母の草場川下流の屈曲になり、ここに狂屈がいた?


黄帝
中国神話の黄帝は下関市永田郷 妙寺の丘上に住んでいた。


日本国黄帝 (@nihon_koutei) | Twitter
ttps://twitter.com/nihon_koutei




記事へトラックバック / コメント


中国神話のウソ

2017/11/15 17:13

『 中国神話のウソ 』 原高 罪(著) K殺舎 帯 「陳 舜臣もびっくり」
を書こうと思います。

平成の天一坊こと、「天一」 は日本の皇族ではなく中国神話の黄帝、西王母、赤松子の子孫である。


天一たち
永田郷 妙寺 字「大居」 黄帝の居があった。

永田郷 字「石原屋敷」 バス停 永田石原 近くの家々
赤松子が住み、中国から82歳の墨子が渡って来て赤松子と交接した。

有冨上 西王母が居た。


古田武彦がいう 「盗まれた神話」 とは根本的に異なる歴史観である。
下関にあった邪馬一国は中国神話の黄帝、西王母、赤松子の国だった。

韓国人が 「孔子は韓国人だった」 と言って顰蹙を買った。
私は 「中国神話の聖人である黄帝、神農、西王母、赤松子、羿(げい) などは倭人で、下関市永田郷と有冨上の人たちだった! 」 を唱える。




記事へトラックバック / コメント


方丈 竹生寺の山

2017/11/13 20:11

『徐福集団渡来と古代日本』 いき一郎 著 三一書房 1996年

P164‐6行目
三神山の中の方丈は分かりにくい地名であるが、
中国語の発音から風場風夷族とのつながりを説く見解がある。

  ↓
淮南子 本経訓
堯は羿(げい) に命じて大風を青丘の沢に射殺した。

『淮南子 説苑(抄)』 中国古典文学大系 平凡社
P94上‐末から4行目 大風(鷙鳥・または風伯)

『淮南子 上』 新釈漢文大系 明治書院
P371下 訓読文 末から3行目 大風 青丘


大風 Wikipedia 
大風(たいふう)は中国に伝わる伝説上の怪物。 東方にある青丘(せいきゅう) の沢に棲んでいたという。

概要
巨大な鳥の姿をしている。 大きな翼で強風を生じさせては家などを破壊し、人々を苦しめていた。 の命を受けた羿(げい) によって退治された。

中国の神話学者・袁珂は、「風」は「鳳」(鳳凰)を意味している名前であるとしている。

  ↓
鳳凰の形をしている下関市蒲生野山田・有冨の竹生寺がある山


『三星堆・中国古代文明の謎』 −史実としての『山海経』 徐 朝龍 著 
あじあブックス 大修館書店 1998年 第5刷 2009年
  ↓
この本を8月初旬にネットで購入して時々中を見ているが、まだきちんと読んでない。 私見は、西王母は中国西方でなく下関市有冨の山にいた!


竹生寺 竹生観音 開基は東大寺の金実中と伝わる。
場所は蒲生野山田にあるが住所は有冨で字「谷町」 である。
字「谷町」 は老子・列子の「谷神」 を連想させる。
竹生寺の横に妙見社跡がある。

谷神・玄牝
  老子 六章
  列子 第一 天瑞篇



孟宗竹は江戸時代に中国の江南地方から渡来した。 竹生寺では奈良時代に寺が開かれる前から、この場所に孟宗竹が生えていたと伝わる。

有冨 薬師池には河童伝説があり、なぜ山奥のこの場所に河童がいたのか謎である。

有冨 薬師池の西岸に 「いなり山」 と称する場所がある。
薬師池の南側竹林に薬師寺があった。 薬師寺跡の隣が山村さん家なので、
続日本紀B369-8  薬師寺 山村臣伎波都 ではないか。
  ↓
奈良県の大寺は老子のユートピア「小国寡民」 の下関倭国を超大にコピーしたものと見るのが私見である。


天御中主神社が次の場所にあった。
  有冨上 (有冨上八幡宮の末社で、その末社がどこにあったか不明)
  垢田の鼻ヅラ (黒崎妙見社の祭神。 垢田八幡宮に合祀)

有冨上八幡宮は岩谷さん家の前にあり、明治末に廃されて綾羅木の川北神社に合祀された。



列仙伝 服閭

方丈山は蓬莱山の南にある。

方丈  蒲生野山田・有冨 竹生寺の山 鳳凰の形をしている。

蓬莱山  吉見古宿の串山半島 赤石で覆われる。
      江戸期の地図では亀の頭に木がはえている。

瀛洲  吉母の黒嶋 宗像さん家がある。 前方後円墳の形


竹生寺がある山は 「山口県風土誌」 第9巻 有冨村 境界 によれば「東ヵ嶽」
という。 道教で「東岳」 は泰山のこと。


江戸期の元文4年(1739) の 「吉見村地下図」 を見ると、串本岬に天の橋立があり、地名は「三ヶ首」 で海に長い岩場が突き出た "橋立" から巨樹が扶桑のように生えている。 船の座礁を防止するため人が松を植えて大木に生長したものか?

地下上申絵図では地名が「串本岬」 ではなく「三ヶ首」 であり、海に長く突き出た天の橋立があり、その天の橋立から巨樹が生えているのが描かれている。


山海経 海外東経 青丘国は下関市 有冨上である。

炎帝は倭人だった。
『徐福集団渡来と古代日本』 いき一郎 著 三一書房 1996年
この本のP164 は重要なことが書かれている。




記事へトラックバック / コメント


倭の女王 と 墨吉神 性交

2017/11/13 04:18

ラブホテル 永田郷 ♂角刺し宮 ♀穴門 陰陽の元 渾沌 天一 天瓊矛

『神仙伝』 墨子
82歳になった墨子は赤松子とSEX

赤松子は永田郷 バス停「永田石原」 にいた。
墨家=墨吉

『古代氏文集』 沖森卓也・佐藤信・矢嶋泉 編著 山川出版社 2012年
住吉大社神代記
P42 381
住吉大神と広田大神 SEX
  ↓
御堂遺跡の石碑 「天照皇大神宮 後藤又兵衛敬□」

P21 180
住吉大神と神功皇后 SEX 橿比宮


清寧 3年7月 文庫書記B100‐5
飯豊皇女が角刺宮で SEX ・・・ 私見 相手は住吉神だろう。

角刺し 男の角(勃起した男根) を女の股穴に刺す宮
忍海角刺宮は御堂遺跡〜石川書道教室 にあった。


麻呂 万葉集292〜295

私見 角麻呂は橿比宮の人で、倭の女王を角刺しする。
福岡市東区 香椎宮の海側に浜男神社がある。
浜男は白水郎。 阿曇、河童=石川氏

万葉集295 清江
荘子 第26 外物 に「清江」 がでてくる。
  ↓
『荘子 下』 全釈漢文大系 集英社
P501 神亀寓話 の冒頭 は橘の小門、水江浦嶼子に通じる。
河伯 石川書道教室

角(つの)
角松原
角賀
角島

万葉集278 石川君子 (少郎子) 


羽白熊鷲 白色ゆえ神仙境の空飛ぶ仙人である。

磯媛、羽 の「夏」 は中国人を示す。


鎮懐石の位置
下関市伊倉に「神功皇后の石」 と称されるものが2個ある。
その近くに似たものが、もう1個ある。

万葉集4073 大伴池主 深見村=万葉集813 怡土郡深江村子負原
場所は永田の大池の字「石神」
または
国道沿い 石川書道教室の看板北側 〜 稲田さん家あたり

越の射水川は永田川。 「射」 は弓の兵、一大率、筑紫の防人
勢故 狩りの「勢子」


国道沿い 石川書道教室の看板場所は伊都国であり、また越前国、周芳国でもある。 田布施町の麻郷、八尋石八幡宮などと対応している。 穴門の麻山、白雉は石川書道教室あたり。

永田郷 国道沿い 石川書道教室の看板がある所が記紀神話の冒頭の場所である。 即ち 「浮かべる脂の如くにして...」。 中国神話の赤松子。 玄牝の門 もここか。


薄葬
老子 無為自然
列子 楊朱篇 第六

墨家 薄葬 木棺

『徐福集団渡来と古代日本』 いき一郎 著 三一書房 1996年
P193‐3行目 後漢 光武帝の薄葬令


忍海の角刺し宮
角(つの)  勃起した男のマラ、立ったチンポ
穴門、穴戸  女の穴

角刺し宮は永田郷のラブホテル ♂♀




記事へトラックバック / コメント


伊都国 比定地の変更

2017/11/13 02:32

当ブログはたしか2009年秋に始めたと覚えている。
5年前の2012年頃は豊浦町を調べていた。 室津の光蓮寺の先祖は藤原鎌足、阿弥陀寺の山号は蓬莱山、杜屋神社の社伝、犬鳴川沿いの小字「扶桑」、狗留孫山など。 鉄遺跡の山の神遺跡、新羅系の心光寺古墳など、考古学見地から下関市旧市域と比べて黒井川・吉永川流域の方が格が上か、とも感じていた。

『豊浦町史〔考古編〕』 平成4年 P499〜502
大門古墳の石室は夏至の夕日が射し込む設計
  ↓
万葉集254 か?
と思ってみたり。

『豊浦町史〔考古編〕』 平成4年
P467
日本の横穴式石室の源流は高句麗よりも百済の横穴式石室、それも漢城地域の石室が直接のモデルになった可能性がつよい。

P455
山口県下で最初に横穴式石室を受け入れたのは山口市(馬塚古墳) で、響灘沿岸でなかったのは謎である。


2012年頃、私は川棚の高野遺跡が難波宮で、黒井の大門〜石印寺に大倭があったかと考えていた。

記紀の現代語訳と考古学までなら整合性がつく。
万葉集・風土記まで広げるとわけがわからなくなり、「あてずっぽう」 で「下手な鉄砲も数撃てば当たる」 式で言ってみて、後々に書いたものを再読して候補地を取捨選択していくアプローチしかない。

記紀・万葉・風土記の注釈は漢籍からの典拠を示すものばかりなので、7月半ばから諸子百家など「中国の古典」 の現代語訳を読んでいる。 道家の神仙思想を知らずして邪馬台国の場所発見はない。

邪馬壱国の「壱」 は老子の「一」 で、壱与は一与。

黒岩重吾、重松明久など
魏志倭人伝の「鬼道」「一大率」「持衰」 は墨子である。

を頭に入れて荘子を読んでいると、第33章 天下篇 に墨子の木棺 が記述されている。 木棺といえば下関市永田郷の御堂遺跡(縄文晩期前半)である。 墨子の思想は薄葬だった。
  ↓
墨子 第7章 節葬下篇

『墨子』 講談社学術文庫 浅野裕一 著 1998年
解説 P278‐2行目
ところが、これほどに顕栄を極めた墨家は、秦帝国の成立以後、歴史上から忽然と姿を消してしまう。 このあまりにも急激な墨家消滅の原因は、いったい何であったろうか。 
  ↓
墨家集団は神仙郷だった下関市永田郷に渡来して御堂遺跡を形成した!
  ↓
伊都国の場所を永田郷 バス停 「永田石原」 付近に比定できる。



播磨国風土記
吉見・永田・吉母。 船越 〜 御崎。
永田郷の国道沿い、石川書道教室 〜 妙寺 の話が中心。

巨勢 墨家の巨氏




記事へトラックバック / コメント


雨師妾の亀  失われた永田王朝

2017/11/08 06:30

洞海 浄満寺前の国道に水道があったと見る
橿日の宮 永田郷の御堂遺跡

日本史の出発点  下関市 永田郷の大池
http://44051510.at.webry.info/201705/article_16.html

垂仁紀
文庫書記A46−10
34年3月2日に、天皇、山背に幸す。 時に左右奏して言さく、「此の国に佳人有り。 綺戸辺(かにはたとべ) と曰す。 姿形美麗し。 山背大国の不遅が女なり」 とまうす。天皇、玆に、を執りて祈ひて曰はく、「必ず其の佳人に遇はば、道路に瑞見えよ」 とのたまふ。 行宮に至ります比に、大亀、河の中より出づ。 天皇、矛を挙げてを刺したまふ。 忽にに化為りぬ。 左右に謂りて曰はく、「此の物に因りて推るに、必ず験あらむか」 とのたまふ。 仍りて綺戸辺を喚して、後宮に納る。 磐衝別命を生む。 是三尾君の始祖なり。 是より先に、山背の苅幡戸辺を娶したまふ。 三の男を生む。 第一に別命と曰す。 第二を五十日足彦命と曰す。 第三を胆武別命と曰す。 五十日足彦命は、是子石田君の始祖なり。

永田郷 国道沿い 石川書道教室前の川に天浮橋があり、天之瓊矛が行われた。


日本書紀の亀  『日本書紀索引』 六国史索引 一 吉川弘文館 を参照した。
神代 海宮遊幸 大亀 文庫書記@184‐6
崇神 7年2月15日 神亀 文庫書記@278‐11  亀卜(きぼく) 
垂仁 34年3月2日 大亀 文庫書記A46‐末行
雄略 22年7月 大亀 文庫書記B84‐5
天智 9年6月 亀
天武 10年9月5日 周芳国、赤亀を貢れり。


『山海経・列仙伝』 全釈漢文大系 33 集英社
海外東経 雨師妾 P436‐末行
一に曰く、十日の北に在り、人為る黒身人面、各々一を操ると。

通説では、亀卜(きぼく) は奈良時代からとされる。
崇神 7年2月15日 神亀 文庫書記@278‐11  盍ぞ命神亀へて


バス停 永田石原
雨師妾、内避高国避高松屋種は巫女であり、亀卜使いだったか。
永田郷の石川書道教室あたりは神仙の地、日本誕生の開闢の地。

山門県 田津媛  石川書道教室の北隣、稲田さん家
記紀の冒頭 浮かべるの如くして

安河 石川書道教室へりの用水路か

徳永第一踏切 石田さん家は万葉集3236 「石田の社の須馬神」  

列子の冒頭 谷神・玄牝の門  石川書道教室あたり


大居
永田郷 妙寺の小字「大居」 の「大」 は老子 第25章 にでてくる「大」 だろう。

大=老荘の道 とすれば 大居=道居 で道家思想

、将に汝のと為らんとす。
中公クラシックス 荘子U 外篇 第22 知北遊篇
P122−末から4行目

明治書院 新釈漢文大系 淮南子 中 巻12 道応訓
P607下 訓読文 4行目

小字「大居」 に中世の日野殿が居たというので、「大」 は帝、天子の意味か。
妙法寺に巨大な五輪塔がある。 元は小字「大居」 にあったものを寺に移した。
妙法寺は元は天台宗で歴史が古く、行基が開いたと伝わる。

小字「大居」 の読み
  地元の家々 昔から 「ダイ」 と呼ぶ
  市役所土地係 「オオイ」 で登録

小字「大居」 の景観は南の谷筋の先に海が見え、東に鬼ヶ城山がある。
山に囲まれて中野美代子がいう桃源郷であり、傾斜は天子南面だ。
小さい池がある。 「福永」 という家の名前は桃源郷によるか?


有光家文書  国指定の重要文化財
邪馬台国の都は梅光学院大学 梅ヶ峠廃校舎付近にあった
http://44051510.at.webry.info/201211/article_2.html


下関市立考古博物館
研究紀要  執筆 澤下孝信 学芸員
2009年 13号 縄文時代の木棺墓―下関市御堂遺跡の検討―(上)
2010年 14号 縄文時代の木棺墓―下関市御堂遺跡の検討―(下)

九大考古学の同級生
澤下−佐藤(北九州市埋文 室長)−岩永省三(九州大学)

澤下先生が言う、「考古学は文化に弱い」
佐藤さん談、「私ら考古学やってる者は、おかしなことを言えば学会で厳しく叩かれますから」


下関市立考古博物館 初代館長 小田富士雄
著書 『倭人伝の国々』 学生社 2000年
1998年11月末 福岡市で「邪馬台国シンポジウム」
武末純一、寺沢薫、渡辺貞幸
平田定幸 (奴国の丘歴史資料館)
宮崎貴夫 (長崎県教育庁文化課)


私見
下関市永田郷 御堂遺跡の木棺墓は渡来した墨家の墓である。
仙人の赤松子は御堂遺跡の土地所有者である石川書道教室に居た。

山海経 海外東経 雨師妾は永田郷、青丘国は有冨上。
永田郷は遠の朝廷か。


祖州 バス停 「永田石原」 のまわりである。
『 「邪馬台国」 徹底論争・第2巻 』 東方史学会・古田武彦 編
新泉社 1992年

P200
中小路駿逸がいう 「祖州」 の場所は下関市永田郷の御堂遺跡と石川書道教室の周辺である。


中国神話 盗まれた神話
赤松子、黄帝は倭人だった。
赤松子は永田郷の国道沿い「石川書道教室」 看板近くに住んでいた。
永田郷 妙寺の字「大居」 に黄帝の居(すまい) があった。

扶桑は日本。 弓の名人 羿(ゲイ) は倭人。

根拠
「若木」 は椿であり、椿は中国になく日本原産である。
中国神話に倭人の話が混じっている。

縄文時代、鹿児島のカルデラが大爆発して、中国とくに江南の道家は扶桑を南方の海上とした。
扶桑は下関市吉見にあった。




記事へトラックバック / コメント


赤松子の位置

2017/11/08 02:41

『平成の天一坊事件 2人目』 原高 罪 (著) 珪砂津企画
を書こうと思います。

『荘子 T』 中公クラシックス
第6 大宗師篇 P179‐10行目 「天一」、<寥たる天一>

崑崙(西王母)=渾淪(天一) 音が似る

赤松子
『列仙伝』 赤松子
『神仙伝』 墨子 「赤松子 周狄山 神仙」

神功紀 神託 文庫書記A152‐8
沙麼県主の祖 内避高国避高屋種

下関市吉見 船越の小字「赤松ヶ尾」 場所は船越川の大塚との境


『山海経・列仙伝』 全釈漢文大系 33 集英社
海外東経 雨師妾 P436‐末行
一に曰く、十日の北に在り、人為る黒身人面、各々一を操ると。
黒身人面  墨家だ!
亀  浦島太郎、豊玉姫の大亀船、垂仁紀の綺戸辺など

日本書紀で亀が出てくる箇所を調べる必要がある。


杜屋神社の社伝  亀甲に乗った三穂津姫
http://44051510.at.webry.info/201509/article_3.html

吉母で鵜葺草葺不合命が産まれた、応神天皇が産まれた伝説
吉母の蔵田正彦氏によれば、吉見の乳母屋社と黒井の杜屋神社は元は吉母にあったという。


古事記 神武東征
速吸の門で槁根津日子が亀の甲に乗って釣りをしていた。
「亀の甲」 は窓がない軍船か。 広辞苑 で「亀の甲」 を調べる。


『古代氏文集』 沖森卓也・佐藤信・矢嶋泉 編著 山川出版社
住吉大社神代記 訓読文編
P45 425
石川錦織許呂志・忍海刀自等、水別を争ひ論ふ。
水別(みくまり) 有冨の竹生山か、永田郷の山か。
綾羅木川の水源 「一之瀬」 には伊奘諾尊・伊奘冉尊が訪れた伝説がある。



と、いろいろ検討して、
橿日宮を永田郷の御堂遺跡と見るなら、雨師 赤子が居た場所は、沙麼県主の祖 内避高国避高屋種 と関係して、御堂遺跡の土地所有者である石川書道教室、または日野八幡宮跡 が赤松子が居た場所であろう。

邪馬台国の天一坊、2人目 は永田郷 石川書道教室さんの家。


『 「墨子」 の、自分の城は自分で守れ』
中島孝志 (著) 太陽企画出版 2007年 1500円+税
ネットで中古本を購入
はじめに P4
この墨家が、不思議なことに秦の始皇帝が戦国の世を統一する頃、水が蒸気となるように人々の目から忽然と姿を消してしまうのだ。 理由はいまもわからない。 集団自殺説が唱えられるほど、ふっと消えてしまった。
  ↓
中国の墨家軍団は下関市永田郷に来て、伊都国の一大率になった!

伊都国の位置は下関市永田郷であり、福岡県糸島市ではない。
末盧国は下関市 御崎(本州の最西端)、または元寇の前に元の使者が上陸した室津である。 室津・涌田・黒井・吉永は朝鮮渡来人の地で、朝鮮と船が往来していた。
吉母の御崎は1955年に下関市吉母に編入され、それまでは豊浦町室津上に属していた。
マツロ 国≒ムロ 津



『住吉大社神代記』 の場所は下関市吉母・永田・吉見である。

石川錦織許呂
「許呂」 自凝
下関市永田郷 国道沿い「石川書道教室」 看板の家が天の沼矛で国生みが行われた場所である。

石川書道教室=伊都国で、一大率(墨吉、墨家) があった。


石川錦織許呂斯
仁徳41年3月 文庫書記A266‐3
百済王は黒井の百済人入植地の人だろう。

朝鮮半島との渡海船は室津・涌田・黒井・吉永を港とする。
往来の道は、
室津・涌田・吉永・黒井→厚母→梅ヶ峠・笹ヶ峠→妙寺→石川書道教室→吉見古宿

国道ができる前は梅光学院大学 廃校舎 東側の道(笹ヶ峠) が主に利用されていた。

涌田 新羅人
吉永 田島に大寺あり
黒井 百済人? 大寺あり
酒君は黒井の字「才升」 の人か。 才=量りの単位か

小字「才舛」
http://44051510.at.webry.info/201305/article_19.html

日本史教科書の仏教伝来は黒井の伽藍から倭国の吉見に入ってきた。
室津、吉永、黒井、室津上〜厚母の遍路道 は仏教が盛んな跡
厚母大仏。 吉母、御崎にも仏教伝説あり。

万葉集4011
鷹の名 大黒 ・・・ 黒井産の鷹か
二上山 ・・・ 永田郷の国道から見たら草場山は峰が2つ


場所が同じ 永田郷 石川書道教室・日野八幡宮跡付近
逸文 丹後国 水江浦嶼子
日下部の首らが先祖 川の嶼子 「筒」 は筒男で住吉
伊預部馬養連

顕宗紀 文庫書記B104‐9
帳内日下部連使主、吾田彦 
播磨国司 山部連の先祖 伊予来目部小楯




記事へトラックバック / コメント


御堂遺跡の石碑 「天照皇大神宮 後藤又兵衛敬□」 の考察

2017/11/05 04:00

香椎宮 Wikipedia
古代には神社ではなく霊廟に位置づけられ、仲哀天皇・神功皇后の神霊を祀り 「香椎(かしいびょう)」 や 「樫日」 などと称された。 「」 の名を持つ施設として最古の例であったが、平安時代中頃からは神社化し、類例のない特殊な変遷を辿った。

「廟」 は中国式の先祖崇拝の堂である。
それは墨子の墓で住吉(墨吉) の霊地である。



橿日宮での神託
橿日宮は下関市永田郷 御堂遺跡 であり、福岡市東区の香椎宮ではない。

撞賢木厳之御魂天疎向津媛命
天照大神

『古代氏文集』 沖森卓也・佐藤信・矢嶋泉 編著 山川出版社 2012年
住吉大社神代記 訓読文編
P42 381
住吉大神と広田大神と、交親を成したまひき。
※神功皇后と住吉神も不倫して応神天皇が生まれた。

卑弥呼の女、壱与
「宗」 おおもと=老子の「一」
字「御堂」 の隣は字「教」

『研究紀要 第3号』 1999 下関市立考古博物館
下関市域における中世墓の様相 伊東照雄
P8
永田郷の塩田地に関して1327年、物部武久が訴えを起こす。
※ 物部氏がこの地にいた。

P9
また、J/k地区では、長さ1.8 m、高さ1.1 mの墓壇の上に 「天照皇大神宮 後藤又兵衛敬□」 と刻まれた砲弾形の石碑が立てられており、地元では後藤又兵衛の墓という伝承がある。
  ↓
御堂遺跡に天照大神を祀る石碑がある。



文庫書記@106‐5
事代主神、八尋熊鰐に化為りて、三嶋の溝樴姫、或は云はく、玉姫といふに通ひたまふ。 而して児 姫蹈鞴五十鈴姫命を生みたまふ。 是を神日本磐余彦火火出見天皇の后とす。

文庫書記A138‐8
天事代虚事代玉入彦厳之事代神
※ 櫛=籖

文庫書記A160‐7
事代主尊、誨へまつりて曰はく、「吾をば御心の長田国に祀れ」 とのたまふ。

蹈鞴 御堂遺跡から出土したガラス玉
五十鈴 羽白熊鷲の層増岐野(そそきの) 広辞苑「そそき」 噪き



尾田の吾田節の淡郡に所居る神  場所は吉見の尾袋 赤石堤

文庫書記@78‐7
稚日女尊、斎服殿に坐しまして、神之御服織りたまふ。



向匱男聞襲大歴五御魂速狭騰尊
永田神社は淡路島の伊奘諾尊か。



『豊浦町史』 昭和54年
P205 地名「富安」 の場所
応永27年(1420) 正吉の内入江に富安名が、下地に安成名が存在した。
「安成」 は一の宮住吉神社の秋根若宮社の伝では「アナ」 と訓む。
  ↓
穴門、穴戸で、「穴門の大田」 は永田郷か。


天照大神を祭る神社 下関市
福江八幡宮
吉見上 滝本神社  伊勢国 風土記 逸文 の滝原神宮

永田郷 御堂遺跡内の石碑 字「馬渡」 から度会県

永田八幡宮 宝亀10年9月17日 字「林」
祭神
誉田和気命、息長足姫命、天照大神、春日大明神、素盞嗚命
月読命、市杵島姫命

吉母 樋の口神社


月読命は夜の食国を治める。 永田郷のバス停「永田石原」 は夜の食国で、腹いっぱい御馳走が食べられる所であった。


行基 開基
吉見里町 野田 の安養寺
永田郷 妙寺 妙音寺
吉母の黒嶋観音


墨子の薄葬
『荘子』 第33 天下篇  墨子の木棺墓
  ↓
『墨子』 第25 節葬篇 下

amazon で墨子の本を見る。
墨家は始皇帝統一の頃、姿が消えたという。


『神仙伝』 墨子
晩年、赤松子(雨師) と交わるために周狄山に行き神仙の道を求めた。





記事へトラックバック / コメント


古代史  バス停 永田石原

2017/11/05 00:07

日野八幡宮跡 場所は徳永第一踏切、石田さん家(永田郷596) 近く 
日野八幡宮は万葉集の 「石田の社」 (いはたのもり) である。
  万葉集3236、1730、2856 など

日野八幡宮
山口県風土誌 9巻 P414


ホテルセピア前の池「大池」 は古事記の 「山代の大国の淵」 である。

永田郷に御堂遺跡(縄文時代末期の木棺墓、ガラス玉が出土) がある。
御堂遺跡の土地所有者は国道沿い 石川書道教室の家である。
永田郷の御堂遺跡が真の筑紫の橿日宮である。

羽白熊鷲 文庫書記A140‐2 は白色で空飛ぶ仙人である。
層増岐野(そそきの) 字「名切」 八王子池あたり。

熊襲は永田郷の庄屋 下田さん家の前 字「疫神」 か。


石川書道教室さんの家は大昔に越から来たと伝わる。
万葉集を読むと、
越中国 梅ヶ峠
越前国 バス停 永田中村 あたり


そして、また大発見!
御堂遺跡は墨子の墓で、住吉神は墨吉だから墨家である。

伊都国は下関市永田郷にあり、一大率は墨家軍団だった。
末盧国は本州最西端の御崎。 または室津(元寇の前、元の使者が来た港)。


一大率は万葉集5 の軍王である。 讃岐国安益軍
凡海部・豊浦団・塞守も永田であろう。

永田本町3丁目‐3 に 津守 という家がある。

海上自衛隊基地の裏山 箙山 ・・・ 山頂に小さい遺跡
バス停 永田中村 の東側 「かきが山」 ・・・ 未発見の軍事施設がある?

永田丸山の下 ワニヵ渕 ・・・ 神功皇后は和珥津から朝鮮へ出発
文庫書記A148‐2
飛廉 かぜのかみ
陽侯 うみのかみ、波の神
海の中の大魚
  ↓
日向国の陽侯氏
徐福が東海へ行った時、蓬莱山の手前で上陸の邪魔をした大魚 




記事へトラックバック / コメント


北海若

2017/11/01 18:58

荘子 第17 秋水篇
『荘子 T』 中公クラシックス
P389‐末から2行目 北海

北海
「北海」 は垂仁紀 都努我阿羅斯等 文庫書記A20‐3 にでてくる。
穴門 伊都都比古
道路を知らずして、嶋浦に留連ひつつ、北海より廻りて、出雲国を経て此間に至れり

嶋浦 下関市吉母の御崎
北海 吉母
出雲国 福江の大塚、船越


北海若の「若」 海神
龍王神社 綿津見神社 下宮  古宿の どさん子ラーメン店の場所
海神社 祭神 大綿津見之命  吉母 字「大迫」 

あるいは、
「北海」 は唐津・糸島〜宗像 の玄海灘 とも思える。
「玄」 北、北向き



嶋曲 (みさき) 継体紀 文庫書記B194‐5
本州の最西端に位置する吉母の御崎

海曲
『倭人伝を徹底して読む』 古田武彦 著 ミネルヴァ書房
P6〜P7
島夷、皮服す。
海曲、之をと謂う。 に居るの

『尚書』(『書経』)

書経 Wikipedia
現行本 『書経』 58篇のテキストは 「偽古文尚書」 であり、その大半は偽作されたものである。
  ↓
私は書経の実体を知らないが偽書説があるようだ。

私見では、「海曲」 は吉母の御崎


「海曲」 は山海経の「渤海」 を思い起こさせる。
  ↓
『山海経・列仙伝』 集英社 全釈漢文大系 33
山海経で「渤海」 は沿海州の渤海だけでなく複数か所ある。
  P71 南山経 〔郭璞注〕 海岸の屈曲した辺り・崖
  P486 海内東経 海に突き出たみさき


P7
海隅、日を出だす。 率俾せざるは罔し。 『尚書』 巻16
この「海隅」 も下関市吉母。

関東の富士山、茨城県 鹿島神宮 ではない。



東方の民。 「東夷」 「東海」 は山東半島の沿岸とされる。
私見はもちろん下関倭国で、下関市石原・有冨〜永田・吉母。


『宋書』 倭国伝
東は毛人を征すること55国、西は衆を服すること66国、渡りて海北を平ぐること95国。

西の衆  通説は九州にいた熊襲とされる。
私見は、宋書の倭国を関西のヤマト政権とみる。



荘子 第17 秋水篇
公孫竜
東海の大亀

亀は山海経 海外東経 雨師妾
豊玉姫の大亀船

雨師 = 赤松子
吉母の字「安常」 にあった樋口神社(旧号 神明社) 祭神 天照皇大神

着眼
吉母の黒嶋 前方後円墳の形をしている。
黒嶋観音 縁起中の行基は 風土記 逸文 志摩国 吉津嶋 と通じる。


恵子
南方に鵷鶵(えんすう) という名の鳥がいる

鵷鶵 鳳凰に似た想像上の鳥
南海 江南
北海 響灘の下関沿岸。 とくに吉母。 あるいは 北海=玄海。

角島の つのしま自然館 によれば、
揚子江の流域にあった木製仏像が揚子江の氾濫で押し流され、海流に乗って山口県角島に漂着している。




記事へトラックバック / コメント


墨子は下関の人だった

2017/11/01 11:32

魏志倭人伝と墨子との関係を論じていたのは重松明久である。
重松明久は邪馬台国は墨子主義だったという。

反論
神功皇后は侵略戦争をやった。
倭は半島に出兵して百済・新羅から人質を取っていた。


 重松明久 (著)
『古代国家と道教』 吉川弘文館 昭和60年
P33 鬼道と墨子の思想
P36 持衰と鬼道関係の遺跡

『古墳と古代宗教』 学生社 昭和53年
P143 鬼道の薄葬主義

『邪馬台国の研究』 白陵社 昭和44年
P111 「如墨委面


『倭人とはなにか』 出野正・張莉 (著) 明石書店 2016年
P134 「如墨委面」 の説明

『忘れられた島』 岩波写真文庫 148  1955年刊 の復刻版 
P24 下帯一つに鍋炭を塗った海賊連


『荘子 U』 中公クラシックス
第33 天下篇
P444‐末から2行目
桐棺3寸にして槨無く、以て方式と為す。
  ↓
下関市永田郷 御堂遺跡 木棺墓(縄文末期) は墨子の墓だ。
墨子は住吉神(墨吉) である。
伊都国の一大率は墨子軍団だった。


神仙伝 墨子
列仙伝 赤松子 ― 山海経 海外東経 雨師妾  

「崑崙」 は2か所ある。
『山海経・列仙伝』 全釈漢文大系 33 前野直彬 (著)
海外北経 P417下-末行 【崑崙山在海外者】
を見よ。

私見では、芳は周防ではなく下関市吉母の中にある。
「神仙伝」 墨子 の狄山は吉母にある。


ネットで墨子を調べる
墨子 - 松岡正剛の千夜千冊
1000ya.isis.ne.jp/0817.html
2003/07/15 - 墨守という。 絶対に守り抜くという意味だ。 歴史的には、墨子の死後も師の教えを守りつづけた墨家の言動と態度のことが墨守なのである。 墨家はそれほどに師の墨子を大切にした。 しかし、墨守にはもうひとつの意味があった。 それは専守防衛 ...


1970年代、墨子は社会主義の古典として読まれていた。



倭の位置

百済・新羅の東南で、下関市吉見に難波宮があった。
「倭の五王」 の宋書は高句麗の東南にあると書かれ、この倭は関西。
住吉大社神代記の場所は下関市吉母・永田・吉見

一大率の「大率」 は墨子の言葉
大率の「一」 は邪馬国の「一」 道家の「太一」、荘子の「渾沌」

伊都国は永田郷妙寺にあって、一大率は中世の日野殿 になった。
日野殿  日臣、道臣 道=一





記事へトラックバック / コメント


有冨泰山

2017/10/30 15:23

山口県風土誌 第9巻
P357
石原村
〇境界 もと有冨村の小村なり、境界別になし

〇字地、小字地
▽堂籠り  長尾 淵 堂籠
▽小原台(こはらだい)
▽笑ヒ坂 宮ノ後(うしろ)

有冨村
〇境界
境目書云、西より北之方え廻り蒲生野村との境は、小川境よりあぜきりに少し行き、畠の岸切りを行き、当村より蒲生野村え行本道を横切り、夫より畠の岸切に行き、西の岡平台尾境に行、道きりを少し通り、東ヵ嶽山麓を切、夫より東ヵ嶽ノ頭迄谷切境に登り、此所まて蒲生野村との境也。

北の方小野村との境は、右東ヵ嶽山よりタケウ山え尾続、カ石垰・カ石山頭・長尾山頭迄尾続峰尾切り、又長尾山尾筋を下り、当村より小野村のエボシ岩え出る本道を横切り、小野村より当村と秋根境え落る本川え取付き、此所まで小野村との境也。

〇字地 小字地
▽上畔  山田 西ノ岡 ・・・ 蒲生野山田ではない。
▽下畔  不転(ころばず) 暮坂 八幡


竹生観音、西側の奥の陰、北側の峰(324.9 m) ― 東ヵ嶽
砕石場のため、頂の東側が切り崩された山 ― タケウ山
有冨墓地の上から石原との境に続く尾根 ― 長尾山

地下上申絵図 1263 有冨村地下図 では
カト石垰は かく石垰
カベ石山は か辺石山
と表記されている。


道教では東岳=泰山 で、竹生観音がある場所は東ヵ嶽である。
竹生観音は泰山の山腹にある。 谷川の水が流れる。

竹生観音の西隣に妙見社がある。
椋野上町に妙見山(92 m) があり、竹生観音の妙見社と南北の線で繋げれば 方位磁石の南北 西偏7°である。

竹生観音の山号 高山

東岳泰山(とうがくたいざん) とは - コトバンク
ttps://kotobank.jp/word/東岳泰山
世界大百科事典 第2版 - 東岳泰山の用語解説 - 中国の五大名山,すなわち東岳泰山,南岳衡山,西岳華山,北岳恒山,中岳嵩山(すうざん)の総称。 五嶽とも書く


『定本 地理風水大全』 御堂龍児 (著) 国書刊行会 1997年
P40
【 鳳凰の山 】 写真
鳳が翼を広げて、今まさに飛び立たたんとする鳳凰の姿に似ている。
これを「飛鳳冲天形」 という。


金鶏や鳳凰の形をした山であれば、飛翔していく・高く上がるという意味が出てきて貴峰となるのである。

私見
山の名前が「東ヵ嶽」 とは道教の「泰山」 である。 風水から見る山の形の相は 「飛鳳冲天形」 で泰山説に真実味あり。




記事へトラックバック / コメント


平成の天一坊

2017/10/26 17:52

『平成の天一坊事件』 ‐sin実の歴史‐ 原高 罪 (著) 有冨出版
を書こうと思います。

下関市有冨 字「中村畔」 の「儀万」 という珍しい名前に興味をもった。
「やすおか史誌」 に有冨村儀万の記述がある。 専徳寺の宗門改帳に 「儀万」 という家が載るので、明治になってからの姓ではない。 有冨村の庄屋は儀万さんであった。

「儀」  日本書紀・万葉集の訓みは「すがた」。 例 光儀
漢和辞典 「儀」  「宇宙のおおもと、天地または陰陽をいう」(角川 新字源)
「万」  万物・万民

私は「儀万」 という名前に陰陽五行思想、易経、老子の「一」 を連想する。


邪馬台国 と 老子
邪馬台国 → 邪馬壱国 → 邪馬
台与 → 壱与 →
※「一」 の訓み 「いつ」
  ↓
「一与」 に類する語 与の才能の人 → 天一(坊)
あるいは、
『荘子U』 中公クラシックス
P278 注釈 「常与」 与は 「とも」「いっしょ」 にいる の意味か。

有冨の字「中村畔」 は風水村の景観がある。
東に青山、西は冨任の梶栗浜遺跡、北は竹生寺、南は火ノ山・火ノ見山

有冨と冨任の「冨」 はかんむり でなく かんむり で古事記と同じ。
方位磁石(偏角 7°) で、儀万さんの家の真西に梶栗浜遺跡がある。
弥生人の墓地が任の梶栗浜遺跡だ。 かんむり 「」 によって冨任の梶栗浜遺跡と有冨は繋がる。

先代旧事本紀 巻第一に大富・大富辺という名の神がでてくる。 この神の場所は下関市有冨の年池・迫池である。 神名の 「道」 の字は老子の 「道」 思想を示す。
  ↓
老子 25章 「道」、「大」

荘子 第24 大一 「大」「太」 
荘子 第12 泰初有無 「泰」 は「太」 の仮字 

古事記  安万侶
日本書紀 神武東征 では 道臣=日臣。 道=日。 

日天狭日国狭霧尊
  譲、禅  老荘思想
  霧  有冨墓地には霧がでる


有冨・冨任の「富」 は富貴ではなく、老子 33章 「足るを知る者は富む」。

隋書倭国伝 「文字なく縄を結ぶ」 は老子 80章 小国寡民。

天照大神は老子 52章 柔らかさ、万物を照らす知識の光
  ↓
種子島 広田遺跡  貝製品に 「山」(「仙」 か) と彫られた文字
女性に似た きゃしゃな男性人骨
老子思想は女性、弱者の生き方に通じるという。

参照
『完全版 天皇家の謎』 学研 2010年
P14 「天照大神は男神だった?」


魏志倭人伝の卑弥呼 宮室に引きこもる。
  ↓
老子 47章 戸口から出ないで万事を知る。

考古学で重視されるモノからは道家の「無為」、「守一」 は発見できない。
巨大建築物、巨大古墳は「無為」(ことさらなことはしない) に反する。


老子 6章 谷神、玄牝
有冨の薬師池 西側〜林さんの家 字「谷町」
竹生観音は有冨に属し、字「谷町」
あるいは
有冨墓地の上 地下上申絵図 「大谷」

下関市有冨の山は老子の理想郷だった。


『邪馬一国はなかった』 安本美典 (著) 徳間文庫 1988年
単行本 1980年 刊行
この本では「邪馬国」 は成立しないという。
私には魏志倭人伝、隋書倭国伝に老子の「一」 が見える。


魏志倭人伝 卑弥呼 と老子、先代旧事本紀の「富」 神と老子の関係を論じたのは私が最初である。


参考文献
『老子 荘子 列子 孫氏 呉子』 中国古典文学大系 4 平凡社

『「老子」 を読む』 現代に活かす「無為自然」 の哲学
楠山春樹 (著) PHP文庫 

『老子の読み方』 渡部昇一 谷沢永一 (著) PHP研究所
P34、P85

『男の老子』 童門冬二 (著) PHP研究所
P119‐10行目

『荘子』 上・下 赤塚忠 (著) 全釈漢文大系 集英社
上巻 P479 下巻 P429




記事へトラックバック / コメント


中国の古典 事始め

2017/10/15 17:15


邪馬台国と繋がる中国の古典を数年かけて読む。
「中国古典文学大系」 平凡社 ネットで中古本 2000円〜3000円


『抱朴子 列仙伝・神仙伝 山海経』 平凡社
抱朴子 内篇 P12下‐7行目
一たび黄金の(まさかり。 指揮権の象徴) をふるい、大斧(刑罰権の象徴) を将軍に授ければ、屍は千里にるいるいと倒れ伏し、血はあたり一面に流れる。 市場には胴斬りの刑が絶えまなく行なわれる。

市場で公開処刑が行なわれていた。
鉞(エツ) 活殺の権


文庫書記B80
筑紫の聞物部大斧
伊勢の朝日 「郎」 は馬鹿にして「坊や」 の意味か。

継体紀 磐井の乱 斧鉞

文庫書記B194‐5 嶋曲 みさき  下関市吉母の御崎 本州の最西端

筑紫、伊勢、斧・鉞 は下関市吉母の海岸部である。


野馬  野馬台詩
漢和辞典で「野」 の熟語を調べて、「野馬」 の意味に陽炎(かげろう) がある。
荘子 逍遥遊 ・・・ 『荘子』 の冒頭


蜘蛛の預言A〜『野馬台詩』の野馬台(野馬臺)とは何か?〜 - 不況対策!
on-linetrpgsite.sakura.ne.jp 蜘蛛の預言


小字 戎沖  土井ヶ浜 江尻下 古澤さん(1571‐1 番地 の南 山際)
戎 三国志 蜀書 に「戎」

漢和辞典によれば
夷 中国の東部 異民族
戎 中国の西北部 異民族
越 中国の南方 ヤマト政権では北陸

冲(にすい) 沖(さんずい)
学研「新漢和大字典」 P171 によれば、
冲(にすい) を 沖(さんずい) の俗字 としていない。

冲(にすい) は老荘の用語。
出典 『漢書・後漢書・三国志列伝選』 平凡社 P370下‐9行目





記事へトラックバック / コメント


有冨銭

2017/09/30 19:27

朝日新聞 縮刷版
1998年1月15日(木)
主張・解説
天理・黒塚古墳出土の三角縁神獣鏡
邪馬台国の所在解くかぎ

1998年3月10日(火)
社説 古代から現代を遠望する
古代に回り道しながら現代を見る。 そんな楽しみが増している。

1998年10月3日(土)
主張・解説
一からわかる建物遺跡の復元
Q 今なぜ、古代ブームなの?
A 有力な町おこし策。 不透明な時代の「自分探し」 かも。


1999年1月20日(水)
1面
最古の通貨は「富本銭」 奈良・飛鳥池

主張・解説
富本銭、律令国家の象徴



富本銭
[PDF] 日 本 文 化 と 道 教 - Publications
publications.nichibun.ac.jp/region/d/NSH/series/kosh/2000-12-22/.../article.pdf

[PDF] 東アジアの中の富本銭 - 奈良大学リポジトリ
repo.nara-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?file_id=2544

[PDF] 明日香村発掘調査報告会 1999【PDF】
www.asukamura.jp/chosa_hokoku/hokokukai/imgs/1999.pdf


長野日報 2017年09月21日06時00分
縄文文化賞に矢野さん (立命館大 文学部教授)
ttps://topics.smt.docomo.ne.jp/article/naganonp/region/naganonp-22383




記事へトラックバック / コメント


中国の古典 古本を買う

2017/09/27 09:58

テーマ 「扶桑日本」 の当ブログ記事
http://44051510.at.webry.info/theme/5f1b5159c8.html

宇賀本郷  なぎなた岩
http://44051510.at.webry.info/201203/article_57.html

※ 過去記事は半分以上、今とは考えがちがう。


7月、私は中国の諸子百家などに無知だから、これから2、3年は中国の古典を読もうと決めた。 神仙思想(道家) を学ぶには3、4年かかる。

明治書院の全集は歯が立たないので、まずは現代語訳の本を読む。

1970年代前半の全集である平凡社 「中国古典文学大系」 は字が小さく上下2段ある。1冊で本4冊分の量がある。 毎日4時間、気楽に読めば2か月で読み終える。

まっさらでは私は読めないので、数色の蛍光ペン等を使って解剖しながら読む。 マーカーで色を塗っておけば該当箇所を探しやすい利点もある。

平凡社 中国古典文学大系 現代語訳(読み物、講談調の文体)
4 『老子 荘子 列子 孫氏 呉氏』
8 『抱朴子 列仙伝・神仙伝 山海経』
13 『漢書・後漢書・三国志列伝選』
の3冊は古代史に関心がある人は必読と思う。
ゆったり半年かけて、この3冊を読む。

8月に買った時の古本価格は程度 美本・良 で3,500円程度だった。


集英社の1970年代半ばの全集 「全釈漢文大系」 は驚くほど紙質がよい。
15 『老子』 古本 程度 美本 6,000円
33 『山海経・列仙伝』 古本 程度 美本10,000円
で買った。

老子は学術書だけでなく、「ビジネス書」 扱いの単行本、やさしく解説した文庫本が多数刊行されている。

『山海経・列仙伝』 は1か月費やしてザッと通読してみた。
この本は4、5回、入念に精読する必要があり、3〜4か月かかる。


『道教事典』 平河出版社 ヤフオクで 程度 良 6,500円だった。
中国古典を読む時、語を調べる辞典はこれしかない。


淮南子、論衡
西王母に関する本
中国考古学 (林 巳奈夫 など)
数多の道教概説書
は来年後半から読む予定だ。

論衡
ttp://www.max.hi-ho.ne.jp/sundaymorning10/4index.html


墨子
道教と古代の天皇制 』 福永光司 上田正明 上山春平 徳間書店 1978年
  ↓
福永光司は道教の研究、卑弥呼の鬼道の解明にあたり墨子を重視する。

P152‐7行目
神道が『抱朴子』 で理論的に整備されて

P200‐2行目
福永 神社という言葉は『墨子』 の明鬼篇から出てきますね。


P127〜129
伊勢神宮の遷宮儀式に山口祭がある。
「山口」 といえば
岩波書店 日本古典文学大系 『古事記 祝詞』
祝詞 P399‐6行目 注九 「山の口に坐す皇祖神等」 の文言が謎とされる。  



邪馬台国の時代 』 黒岩重吾・大和岩雄 大和書房 1997年
P211 卑弥呼の鬼道について
黒岩重吾が墨子の思想が見られると力説している。

P190‐末から2行目、P227 〔付記〕 桜井市教育委員会の発表
P195‐10行目 松下孝幸

鬼道については
『「道教」 の大事典』 別冊歴史読本 特別増刊 新人物往来社 1994年
P144 に記載がある。


『邪馬台国の研究』 重松明久著 白陵社 1969年
P65〜P131 魏志倭人伝における鬼道、墨子に論究

『古代国家と道教』 重松明久 著 吉川弘文館 1985年
P24、P33

『抱朴子 列仙伝・神仙伝 山海経』 中国古典文学大系 平凡社 1969年
P279下‐末行 (墨子は)防禦戦術を研究した。


聖王 堯
漢書 後漢書 三国志列伝選』 中国古典文学大系 平凡社
漢書 楊王孫 P96下〜P97上、P101上 注
 
「鬼」 とはなにか。 薄葬の思想。
中国古代の伝説的聖王 堯 裸で葬る。 鬼=帰
  ↓
木棺墓
下関市永田郷 字「宗教」 縄文末期の御堂遺跡 は聖王 堯 の埋葬である。
  ↓
下関市 仁馬山古墳
主体部の埋葬施設は粘土槨、割竹形木棺

北部九州の甕棺墓は 漢書 楊王孫 の埋葬思想ではない。


土坑墓、石室のない横穴墓、簡単な箱式石棺墓も「聖王 堯 の思想」 があったか。


同上書 P397下‐6行目 三国志 蜀書 諸葛亮伝
にも、薄葬を美徳とする記述がある。


P439下 漢書、後漢書、三国志  総目録
この訳本は全体の1割程度しか収録されてない。

前漢の高祖を尊び、始皇帝は尊敬されてない。
「堯 → 漢の高祖 → 漢王朝の子孫 → 漢の復興をはかる」 の流れ 

天武天皇を漢の高祖になぞる説あり。
倭国では始皇帝よりも漢の高祖の方が偉い。




記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

邪馬台国 下関/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる