邪馬台国 下関

アクセスカウンタ

zoom RSS 呼野金山 北九州市小倉南区

<<   作成日時 : 2017/02/13 05:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0


北九州市小倉南区 呼野金山
『福岡県の地名』 日本歴史地名大系 41 平凡社 2004年
P1245中 呼野村
大山祇神社が鎮座。 和銅年間(708−715) 銅鉱採掘のとき鉱山の守護神として創立されたという。 天平年間(729−749) 宇佐宮の神鏡鋳造のため銅を採掘したと伝える。

銀鉱山
http://44051510.at.webry.info/201408/article_17.html



きたきゅう発掘! 『考古学ノート』 1200円
(財)北九州市芸術文化振興財団 埋蔵文化財調査室 2012年11月
P114
「弥生人は中国大陸のトレンドがわかっていたか?」
P118
「北九州市内の終末期古墳」


宗像市の東部、上八(こうじょう) に金鉱があった。 鐘ア貝塚が近い。
宗像の金鉱
宗像は黄金のまち
ttp://d-munahaku.com/news/dtl.jsp?kid=91759&cgid=1001%5D%5B1002
上八(こうじょう) 金山
ttp://www.city.munakata.lg.jp/shigai/chiikisyokai-10.html
平信盛墓所 と 宗像金山
ttp://blog.livedoor.jp/keitokuchin/archives/65585837.html


山の名が仙境を意味する  仙人が住む山、仙人暮らしの山
東ヵ嶽 「東嶽」 は泰山 下関市有冨 竹生山の東峰 無残にも砕石場となった。
風師山 北九州市門司区

万葉集1 漢字原文に「師」 の字があるので、門司の風
万葉集2 「山常」 と「常」 があるので、下関市有冨のハンドウ山。 「取與呂布」 の場所は大迫池の上、有冨墓地の東側の尾根で、ここが鳥見山である。 真朱が出るのか?

『古代物部氏と先代旧事本紀の謎』 安本美典 著 勉誠出版 平成21年
P146  饒速日の尊の天下り
河内の国の河上の哮峰
大倭の国の鳥見の白庭山(または 山)
  ↓
鳥見山は白い山と表現されている。
鳥見山の条件は白い土、白い岩(石灰岩、石英など) がある所である。

下関市有冨 字「中村畔」 は天子南面・天心十道の倭京であり、真南に門司の風師山、小森江西小学校がくる。


小森江  門司区
小森江 小字名の聞書 
http://44051510.at.webry.info/201409/article_14.html

『小森江村志』 によれば、山の高い所に自然または人が掘った洞窟がたくさんあるという。

『門司郷土叢書 第8集』 海峡叢談
P99下 産の子松
応神天皇が誕生した場所と伝えられる。
蚊田は小森江の片上(潟上) か。
場所は神戸製鋼の敷地内なので、大字片上ではない。

『 北九州市史 総論  先史・原史 』  昭和60年12月
P751
丸山古墳  門司区小森江2丁目 (字丸山)
大正5年(1916) 九州鉄道拡張工事の際、古墳が破壊されて五獣鏡 1 ・ 鉄刀 3 が発見された。 鏡は東京国立博物館に保有されている。
墳頂1.2メートルの土中から検出され、石材などはなかったと伝えられるので、土壙墓か粘土槨のような構造であろうかと考えられる。
国鉄門司駅から線路沿いに2キロメートルたらず北上したあたりと思われるが、現在は工場内となり痕跡すらとどめていない。

五獣鏡は表面緑青色を呈し、平縁をなす外周の3分の2 は欠損しているが、復元18.2センチメートルとなる。
内区模様は円座乳で5区に分けられ、各区にS字状の半肉彫長胴とその左上に獣首を付した5つの同形獣を配している。
細線式の手法を加えた鼉龍鏡(だりゅうきょう) の変形とみられる点は珍しい。 鋸歯(きょし)文を加えた隆圏帯で内外区が区分され、その両側に櫛歯文帯と、さらに外区には整った菱雲文帯がめぐらされている。

この種の獣形鏡では、まださして変形していない優れた部類の作品である。
この鏡から推して5世紀代の古墳であろうと考えられ、ほとんど現存しない門司区の古墳時代遺跡のなかで、注目すべき資料である。

《 参考文献 》  1924−1
          1976−1

※ 出土した漢式鏡の鮮明な白黒写真が掲載されている。
獣形鏡(五獣鏡) なので、渦巻く雲のように見えるのは抽象的な獣である。

学芸員 宇野愼敏 談
小森江 丸山古墳から出土した漢式鏡は後漢すなわち卑弥呼の時代に中国で作られた舶載鏡である。
この種の鏡は5世紀代の古墳から出土するため、小森江 丸山古墳も5世紀の古墳と推定される。 つまり伝世鏡である。 奈良県のヤマト政権が後漢時代に作られたこの種の鏡を複数枚保有して、それを5世紀なって各地の豪族に配布したと解されている。


万葉集1 は北九州市門司区 小森江の風師山である!
門司の丸山古墳から出土した鏡に大注目したのは私が最初だ。

万葉集249 隠江(こもりえ)
三津埼
文庫書紀@130-9
吾が児事代主、射鳥遨遊して、三津の埼に在り。
出雲国の三穂の碕、出雲の御大の御前 ・・・ 丸山古墳あたりか

万葉集429
門司の山津波で溺死した出雲娘子を吉野山に葬る。 出雲と吉野は場所が近い。
吉野山は門司の風師山だ。

下関市有冨 字「中村畔」 の真南の方角 ピンポイントで門司の風師山、小森江西小学校(大量の銅滓が散らばっていた場所) がくる。
真南の "こだわり" が見られる。 方位方角のこだわりが凄い。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

呼野金山 北九州市小倉南区 邪馬台国 下関/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる