テーマ:長門

亶洲 など

亶  豊か、実りが多い  豊国、豊浦 澶  「静かに水をたたえたさま」 の意味から、油谷湾 https://wikimatome.org/wiki/%E6%BE%B6 瀛  大海。 瀛=奥 で向津奥。 私見では向津具・油谷町 亶=豊か、実りが多い は山海経 海外東経の青丘国、常陸国風土記 であり、 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長門市の古代は、こうだ!

相 尾張の相津なる二俣椙  古事記 相海、相坂  万葉集 相=迎=向 で、記紀・万葉の「相」 の字は向津具を示す。 長門市 仙崎 正明市 地蔵十王堂 http://blogs.yahoo.co.jp/paguto2003/61843932.html 十王 https://ja.wikipedia.org…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向津具 油谷島

向津具の川尻岬は磁石の針を狂わせる場所である。 磁場を研究する学者は知っている。 向津具の本郷は耕作地が40町もあり、盆地であるが意外と広い。 「向国」 と表記された時代もあった。 船で向津具から朝鮮半島へは風向きが良ければすぐ行ける。 油谷島の人は、不思議とみな山の高い所に住んでいた。 今とちがい、200人か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹取物語の考察 3

竹取物語 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%8F%96%E7%89%A9%E8%AA%9E 万葉集 竹取物語を考える 改訂版 http://blog.goo.ne.jp/taketorinooyaji/e/23308c6846376e53a357e5e15ec7d459 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹取物語の考察 2

万葉集の讃岐 万葉集 5 卜歎居者 ・・・ 「卜」 より卜占で、油谷島南部の小字「甲亀」 か 遠神 ・・・ 私見では遠朝廷で向津具にあった 網の浦 海処女 焼く塩 6 小竹櫃 ・・・ 「小竹」 は油谷島南部の小字 220 狭岑島 4472 於保乃宇良 ・・・ 向津具の大浦だろう 『新日本古典文学大系 別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参考文献  長門市・油谷・日置 

ゼンリン住宅地図 長門市 西(日置・油谷) 2013年 10,800円 を購入した。 以下の諸本を図書館とコンビニでコピーした。 約1,200枚、コピー代 12,000円前後を費やした。 油谷町史  1990年 日置町史  1983年 日置町史 町制施行27年の歩み  平成17年  長門市史 民俗編  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油谷町 調査

日置町 守屋神社  JA 日置支所の横 主神 火産霊神 合祀祭神  大歳大神 御年神 須賀神 例祭日 10月1日 由緒   昭和4年、古市駅前道路の完成に当り、中野秀次郎氏の献資寄進によって原小路より新町の地に奉遷し、爾来、地域の火除神として又開運成就の守護神として奉斎、今日に至る。 昭和54年 50周年改修記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「美しい国」 の竃跡 岡ノ鼻遺跡

「美しい国」 の場所は山口県油谷町・日置町である。 平成の市町村合併によって現在は長門市に属している。 油谷 蔵小田に安倍家墓所、油谷総合運動公園の東側に三島由紀夫の割腹自殺に影響を与えた2・26事件の青年将校 磯部浅一の記念館がある。 日本の原点 向津具の谷河内堤の西に扶桑の地名「十日神」 (とびがみ) 日置上に小字「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長門市~下関市 山陰側

なぜ伊勢は「神風」 なのか 風土記446-14 伊勢国風土記 逸文 伊勢の国の号(一) 神功紀の神託 文庫書紀②138-5 神風の伊勢国の百伝ふ度逢県の拆鈴五十鈴宮に所居す神、名は撞賢木厳之御魂天疎向津媛命   ↓ 「向津」 から向津具か 「神」 は朝鮮半島からの渡来者ではなく中国からの渡来者で徐福である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海 美しい国へ

長門国の国府は関門海峡の瀬戸内沿岸に位置する下関市長府にあったが、長府は要衝地であるとはいえ長門国の端である。 長門国の範囲の地理的な中央部は大津郡(長門市) である。 大津郡の西側、油谷湾沿岸が "中央" である。 奈良県・大阪府にあったとされるヤマト王権、ヤマト政権といわれるものは存在してなかった。 大阪府・奈良県は「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楊貴妃墓 長門市 向津具  山口県風土誌

山口県風土誌 11巻 P321 楊貴妃墓 (向津具下村二尊院境内、石壱箇) もと十三重の塔婆なりしが、二尊院無住の時榎本伊豆 [□□] 萩に移す。 其時石2箇を海中に落したるを、其一を拾へるなりと云ふ (十三重塔婆、萩長寿寺にあり) 楊貴妃が墓、此地に在ん事疑ふべき事なり。 依て思ふに、皇朝に楊貴姓あり、若は此姓の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大海人皇子 向津具の久津の出身

『 壬申の乱の謎 』  関祐二 著 PHP文庫 2003年 P147 大海氏を尾張氏同族と考えるのは、横田健一氏、上田正昭氏、それに大和岩雄氏らである。 その証拠はいくつもあげられている。 『日本書紀』 崇神紀には尾張大海媛、『古事記』 崇神記には意富阿麻比売 (大海) が尾張連の祖とあり、『先代旧事本紀』 には、尾張氏の始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楊貴妃伝説 蓬莱 鯨大魚

東海 中国の原始地理書に見られる「東海」 であるが、 中国の都 西安の真東は山口県の豊北町の海岸である。 宇賀本郷 ~ 島戸 ~ 向津具 が西安の真東に位置する「東海」 である。 最寄りの気象台や海上保安本部の「海の相談室」 で風向きや海流を教えてくれる。 対馬中域から土井ヶ浜に向かう真東の海流がある。 対馬海流の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「美しい国」 倭  長門市日置

長門市日置 『 日置町史 』 1983年  ※ 地方の市町村史は国会図書館にある。 P93 長行古墳 古墳時代中期頃 長さ35センチ、刃部の最大幅が2センチの鉄槍が出土している。   ↓ 天日槍の墓である。 P94 国常古墳 古墳時代の後期になると、大陸文化の影響が一段と強くなり、古墳も横穴式石室が圧倒的に多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土井ヶ浜遺跡 但馬国

『 豊北町史 2 』 平成6年 P99 (私見) 土井ヶ浜遺跡の上層から出土した銅鏡2面は応神記の 奥津鏡・辺津鏡である。 根拠 海岸部から出土する鏡は割られて破片で出土する。 土井ヶ浜遺跡の鏡は完全な形で出土している点が珍しい。 しかも2面である。 『 豊北町史 』 昭和47年 P110 土井ヶ浜遺跡から出土し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい国へ 長門市 油谷

向津具小学校 http://member.hot-cha.tv/~htb12789/enkaku.html 油谷 川尻岬 http://situurakai.seesaa.net/article/347596784.html   ↓ 俵島に似た陸繋島の大島は謎の大神社か http://44051510.at.webry.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亶洲  長門市 油谷・日置

徐福亶洲居住説 徐福は平原広沢の亶洲に王として定住したとされる。 油谷・日置・土井ヶ浜には道教・方士を感じさせるものがある。 日置の地名「国常」 は国常立尊にちなむ? 国常立尊は徐福か。 角島 つのしま自然館には揚子江流域にあった木製の仏像が揚子江の氾濫によって漂流し角島に流れついた説明がある。 会稽から角島へ流れる海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夷洲は宗像市、亶洲は下関市の山陰側

作成日時 : 2015/02/28 02:43 邪馬台国への道 私見 http://44051510.at.webry.info/201502/article_33.html 末盧国  候補地多数 (志賀島 ~ 鐘﨑)。 津屋崎の渡か。 伊都国  宗像市 田熊 ― 出雲国の場所、夷洲 奴国  宗像市 野坂 (光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土井ヶ浜遺跡 狗奴国

考古学から海神がいた場所は土井ヶ浜である。 『中国正史の古代日本記録』 いき一郎 著 P43 史記 巻118 淮南衡山列伝 第58  司馬遷(前巻) 徐福の話に海神が登場する。 土井ヶ浜遺跡から少彦名命かと思える「西北九州タイプ」の弥生人骨が出土している。 土井ヶ浜弥生人は土民との混血がない100%渡来系であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四獣鏡 亀川古墳  油谷町河原

油谷町史 岡ノ鼻遺跡   久富の長久  P101、116 弥生時代末期の方形周溝墓 炉または竃の跡  P120 亀川古墳   河原の札場   P145 遺跡地図  P108 四獣鏡 発掘は大正時代  東京国立博物館蔵 文庫書紀②24-9 近江国の鏡村の谷の陶人は、天日槍の従人なり 須恵器生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

槁根津日子 古事記

槁根津日子 「日」 は向津具・油谷島の場所を示す。 槁根津日子は亀の甲に乗ってやってきた。 手元にある古い広辞苑で「亀の甲」 を調べると、 ① 亀の甲羅 ② 六家形 きっこうがた ③ 昔、軍船・荷船の船首につけた亀の甲状の厚板のかこい ④ 戦国時代、城攻めに用いた箱形の兵車で、外面を牛の皮で包んだもの ⑤ 船の甲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲荷森 水足 香椎  油谷島

小字 稲荷森 油谷島の入口付近にある小字「稲荷森」 が宇迦である。 宇迦 = 宇佐 とみて 「豊国の宇佐」 といわれるので、小字「稲荷森」 あたりが豊国である。 油谷町史に小字地図が載る。 筑紫の宇佐 豊国の聞の高浜・長浜 豊国の鏡山 豊国法師 などは油谷島の小字場所「稲荷森」 である。 万葉集 957…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久富 油谷町

久富 は江戸期には久留とも書いていた。 久富は日置庄との関係が深かった。 亀田 には、亀の甲に似た大きな岩がある。 『地下上申』 によると、大亀石・中亀石・下亀石を三亀大明神という小社に祀ってあるので亀田というようになったと伝えている。 長久 (ながひさ) は、長久の中の土居(地籍名土井) に、昔湯浅対馬守長久が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堀田遺跡  長門市

日置町史  1983年 堀田遺跡 P92 古墳時代の住居跡の検出は、日置町はもちろん周辺地域でも初めてのことであり、その意義は大きい。 古墳時代の住居形式は、弥生時代から受け継がれたもので、竪穴式住居・平地式住居・高床式住居の三種に大別されるが、充実する経済力を背景とする支配者層は、流入する大陸文化の刺戟などから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向津具 本郷

「日の本」 とは、   ・・・・ 東方の神仙の地 中国の都の西安と同緯度、沖ノ島と同緯度の真東を意味し、 その場所は 宇賀本郷~矢玉~土井ヶ浜~向津具~日置町 秋芳町の嘉万 国秀遺跡 美東町の長登銅山 も中国の西安・沖ノ島とほぼ同緯度である。 黄泉の伊賦夜坂→油谷の坂 また 油谷→暘谷→陽侯→楊侯→楊貴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日置町  長門市

向津具へ行く道  昭文社の山口県道路地図 日置町の「みのヶ峠」と「野田」 が要衝(不破の道) である。 堀田遺跡 近くに小字「日ノ本」 がある。 堀田遺跡は恭仁京か、とも思える。 「坂本」 は黄泉比良坂の坂本の候補地の一つ。 出雲国の伊賦夜坂 → 油谷の坂 文庫書紀⑤98-1 坂本臣財 ・・・・ 坂本 長尾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油谷島  長門市

俵 島 は 淤 能 碁 呂 島 で あ る 。 俵島 ― 笠沙、淤能碁呂島 (オノゴロ島) 俵島の橋立 ― 天浮橋、阿多の小椅 字「西ヶ平」「前ヶ平」 ― 日向の阿比良比売 字「木通」 ― 万葉集の「木海」 紀伊国の海岸とされている 五十猛命が木種を播いた所 字「天鳥」 ― 鳥髪 箸神 ― 出雲の肥の河…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島門 神代の地 遠朝廷

島門 神代の地 遠朝廷 大島 竹取翁 神仙の娘子 これらは向津具、とくに油谷島、俵島である。 越ノ浜  土師器の高杯、須恵器の提瓶 本油谷古墳  銅製の壺鐙(あぶみ) 万葉集 玉島川 853 854 856 862 863 玉津島 ・・・・ 油谷島の西側と俵島 917 左日鹿野 奥島 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向津具 の辺り

倭迹迹日百襲姫命 倭迹速神浅茅原目妙姫 大水口宿禰 ・・・・ 穂積臣の遠祖 伊勢麻績君 占いをする場所は、向津具本郷か土井ヶ浜 ~ 矢玉である。 崇神天皇、倭迹迹日百襲姫は向津具か 速 「速」 は海人だ。 襲 日向の襲 葛城襲津彦 瀛津世襲 向匱男聞襲大歴五御魂速狭騰尊 「襲」 は向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊北町 油谷町の向津具

文庫書紀②130-10  仲哀紀 津に向へる国有り ・・・・ 向津具の対岸 新羅の迎日湾 岩波文庫の解説では「津、すなわち日本の津(港) の向うの海彼の国」 と説明されているが誤りである。 日本=向津具 と解せばよい。   ↓ 記紀・万葉では 「日本」 は向津具 「倭」 は綾羅木川、内日・菊川など を分けて記述されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more