テーマ:宗像

夷洲は宗像市、亶洲は下関市の山陰側

作成日時 : 2015/02/28 02:43 邪馬台国への道 私見 http://44051510.at.webry.info/201502/article_33.html 末盧国  候補地多数 (志賀島 ~ 鐘﨑)。 津屋崎の渡か。 伊都国  宗像市 田熊 ― 出雲国の場所、夷洲 奴国  宗像市 野坂 (光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯の郡 伊社迩波の岡 ― 津屋﨑 楯﨑 説

斉明紀 伊予の熟田津の石湯行宮  文庫書紀④368-2 風土記505 伊予国風土記 逸文 湯の郡 伊社迩波の岡 大穴持命、宿奈比古那命 天皇の行幸 大帯日子天皇、八坂入姫命  ― 景行天皇 帯中日子天皇、息長帯姫命 ― 仲哀天皇 上宮聖徳太子、高麗僧 恵慈、葛城臣 岡本天皇、皇后 ― 舒明天皇 後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有冨 字「下方」 「高堂下」 大甕

宗像市 海の道 むなかた館に須恵器の大甕が2個、展示されている。 それと同サイズのものが下関市 有冨龍王山(ハンドウ山) に破片となって散らばる。 下関市 有冨の地元の言い伝えによれば、 ハンドウ山の大甕は有冨の字「下方」 299番地 木村さんの家の裏にあった または ハンドウ山の割れた大甕の破片が木村さんの家の前に飛ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖ノ島 祭祀

沖ノ島祭祀を独自の視点で考察する 神宿る島 沖ノ島2/2(日本語版) https://www.youtube.com/watch?v=ibKFED5QKBM   ↓ この動画の 2:48 岩上祭祀は神功紀の裂田溝を連想させる。 文庫書紀②142-9 岩上祭祀は神功皇后の鬼道と関係し、雷電霹靂を呼ぶ目的があったと考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八俣大蛇を退治した場所 宗像ユリックス

角川ソフィア文庫 新版 古事記  平成21年9月 発行 P48-6行目 足 名 鉄 下註21 「足名椎に同じ。 鉄 は斧(おの) を表す字であるが、ここは椎と同じ「ツチ」 の国語表記に当てている。 」   ↓ 古墳時代前期の遺跡であるが、 久原滝ヶ下遺跡の住居跡から板状鉄斧が出土している。   ↓ 八俣大蛇を退…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津屋崎 渡の山 → 海の道 むなかた館 → 下関市の山陰側 宇賀

福津市 津屋崎の渡にある楯﨑神社に行ってきた。 神社の脇から山道を歩いて5分、「園地」 にある奥の院の岩窟を見た。 岩窟の中は浅い。 奥が埋まっているのかもしれないが1メートルぐらいしかない。 岩窟は岩壁の崖下にあり、沖ノ島の岩陰遺跡と似ている。 柿本人麻呂の「渡の山」「石見国」 は楯﨑の園地と考えられる。 渡半島は「山跡島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野坂 神社など

往昔、名残は常世村と称していた。 名残が高天原か。 心吉神社  野坂字広宗前 祭神  倭姫命 国常立命 宇賀魂神 幸神社  野坂字下後畑 祭神  大己貴智神 鈿女神 日本後紀 657-2 小野朝臣野主等言さく、「猨女の興、国史に詳かなり。 其の後絶えず、今猶お見在す。 又猨女の養田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角鹿 = 葦北 = 秦王国 = 奴国 = 漢委奴国王

角鹿 = 葦北 = 秦王国 = 奴国 = 漢委奴国王 角鹿の場所は福井県の敦賀ではなく、宗像市 光岡の八幡宮である。 ここが奴国で「漢委奴国王」 の奴国であり、魏志倭人伝の旁国最終地点にある奴国(大阪・奈良) は宗像ユリックス付近にあった奴国の分国である。 漢委奴国の場所 = 近江国の大津宮で「楽浪の志賀の唐﨑」 この場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前方後円墳 と 沖ノ島

九州前方後円墳研究会  熊本大学 文学部 杉井研究室 http://snow.advenbbs.net/bbs/kyuzenken.htm 第15回 (2012年度) 九州前方後円墳研究会 北九州大会 投稿者:杉井 健 投稿日:2012/04/10(Tue) 18:14 No.8 【テーマ】 沖ノ島祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各羅島 軍王

筑紫の各羅嶋 雄略紀 5年6月  文庫書紀③40-11 軍君 武烈紀 4年 是歳 註  文庫書紀③156-6 角川日本地名大辞典 35 山口県 角島 下関市豊北町 「 井王家系図によれば、百済王の子孫が角島に漂着し、代々瀬崎安寿密寺に住んだが、のち永久年間賊火に焼かれ、それより筑前鐘﨑に移って海女になったという (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国 鐘﨑説  初登場

まほらまの奈良県 サイト様 泊瀬朝倉宮跡 http://bell.jp/pancho/travel/yamanobe/hase-asakura-no-miya.htm 泊瀬列城宮 http://ryobo.fromnara.com/palace/p025-1.html 武烈紀 影姫の歌  文庫書紀③146-末行 潮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛原神社 鐘﨑

『宗像郡誌 上編』  P179 葛原神社 鐘﨑字一本松 国連神社ともいう。 読み「クヅラ、クスラ」  七戸の大宮司 第七者は三宅国連と云。 祭神 武雄心命 影姫命 屋主忍男武雄心命、山下影姫は武内大臣の父母なり。 境内社 粟島神社  祭神 伊邪那美神 山上神社 鐘﨑字鳶尾 明治34年 祓川より移転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欽明紀 解読

文庫書紀③312-11 内臣、船師を率て、百済に詣る。 「内」 がつく地名 岡垣町 内浦 福津市 内殿 津屋崎の渡 内浦 奴山 内野 宗像市 牟田尻 小字「内ヤシキ」 宗像市 神湊 草﨑半島の西側 通称「うじら浜」  『玄海町史話伝説』 P209上 私見 鶉浜の場所は岡垣町の内浦ではなく、神湊の「うじら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞍橋君

文庫書紀③318-9 鞍手町再発見(歴史)  鞍橋君 http://www.town.kurate.lg.jp/kankou/rekishi.html 鞍手町 長谷(ハセ) に小字「鞍橋谷」 がある。 遠賀川流域の市町村史、郷土史本を読むと、 夏羽は田川市の夏吉、鞍橋君は鞍手町かと載っている。 また、遠賀川は物部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白山 宗像市

孔大寺山の南に白山がある。 白山は秦氏に関係する。 欽明紀の冒頭 文庫書紀③234-3 秦大津父 山背国の紀郡の深草里 ― 山田の畑公民館あたりか 古事記 丹波四女王 山代の国 相楽 弟国 ― 稲元 字「乙方」 1103~1116 番地
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都奴賀

『宗像郡誌 上編』 P107 光岡 八幡宮 由緒 誉田天皇東宮ニテ御位ニ即セ玉ハサル時此所ニ御遊軍マシマシテ、御車ヲ駐メ玉ヒタル其陣迹ニ、御社ヲ建シト。   ↓ 古事記 都奴賀 「明日の旦浜」 は朝町、若狭国は久原の小字「若狭ヶ浦」 である。 「朝」 には明日の意味もある。 明日香川は朝町川か。 文庫書紀②20-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国への道 私見

末盧国  候補地多数 (志賀島 ~ 鐘﨑) 伊都国  宗像市 田熊 ― 出雲国の場所、夷洲 奴国  宗像市 野坂 (光岡・久原を含む) 不弥国  鞍手町古門 投馬国  門司 邪馬台国 下関市の山陰側 ・・・ 宗像市の響灘対岸に位置する 狗奴国  不明 どうでもよい 関西 「ヤマト王権」 はメソポタミア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秦王国の場所  宗像市

現在の韓国・北朝鮮の人たちはモンゴル系だが、 古代の韓人は中央アジア方面のトルキスタン系の人種だった。 Google 画像検索 【 唐閻立本王會圖 】 【 職貢図】 秦の始皇帝もトルキスタン系だった。 秦王国はく言語が「華夏」 (秦の都があった所 咸陽 の方言) だった。 秦王国は華僑の大聚落だった。 『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高天原の場所  上八の 今門公民館 大日様

文庫書紀②36-6 天湯河板挙   ↓ 天の場所は湯川山の近くである。 天湯河板挙は、古事記の御倉板挙(みくらたな) の神だろう。 当ブログの過去記事  岡垣町 磯辺の前方後円墳 http://44051510.at.webry.info/201201/article_49.html 鐘﨑貝塚から老年女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津屋崎の渡 尊

渡  小字 船越 梅津 梶ヶ原 池尻 勝山 俵瀬 京泊 田ノ尻 内浦 田ノ浦 金山 松原田 広田 御園 北谷 フクシ 脇ノ田 水上 北 中 南  山ノ上 唐船 神田(かんでん) 平磯 清水(しょうず) 蛭子ノ元 津屋崎の渡にいた天皇・皇族は「命」 でなく「尊」 の尊称である。 例 忍海飯豊青尊 武小広国押盾尊 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗像市  鐘﨑 ・ 上八 

むなかた電子博物館 地名 http://d-munahaku.com/history/timei/timei_html.html 上八 http://d-munahaku.com/history/timei/koujyou.html 鐘崎 (上八)貝塚 http://d-munahaku.com/search/dtl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小字  鐘﨑 田野

稲元  水町 浮洲 天上久 乙方 船庭 河東  相原 大浦 池田  釣山 孔大寺 大王寺 阿久住 千疋 木原 梛野 多礼  高尾 楠木 長ヶ坪 椿 池ノ浦  椿 高山 高田 吉田  轟 甘浦 鴈田 安入寺 山ノ上 向 今ヶ浦  田野  藤ヶ上 竹ノ下 向野 伊丹田 水町 浜山 高向 生元 小呂界 瀬戸 竹ノ田 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗像市 田野 ― 筑紫の日向

宗像で玉依姫を祭るのは田野の依嶽神社である。 與里嶽神社とも書き、丹波の與社郡を想起させる。 田野あたりに津日駅があったという。 津日は橿日と字が似る。 続日本紀③ 307-15 大宰府は三面に海を帯び  は鐘﨑の織幡神社がある所の地勢である。 万葉集 955 石川朝臣足人 957~959 香椎潟 景行紀1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津屋崎 渡の梅津

飯飯(いひぼ) 安閑紀 文庫書紀③218-8 三嶋県主の飯粒は、古事記の神功記で 「筑紫の末羅県の玉島の里で、飯粒を餌にして年魚を釣った。 小河 勝門比売 」 渡の梅津にある森神社 大正5年に池尻にあった楯﨑神社を合祀する前は祭神が大己貴神だった。   ↓ 神功紀の大三輪社 文庫書紀②144-12 他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀伊国の 徳勒津宮

仲哀紀 文庫書紀②124-6 角鹿の笥飯宮  光岡八幡宮 南国  南郷村 ( 朝町 曲 光岡 大穂町 大穂 王丸 野坂 宮田町 ) 紀伊国の徳勒津宮  宮田町本城の小字「徳城」 か 紀伊国は宗像郡 荒木郷 (宮田町 有木説、宗像市 河東説) 熊襲  建日別 ①考 大穂の小字「建浦」 460~487 番地 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗像市  秦王国 「ユリックス」  血鹿 (敏達紀) = 血浦 (古事記)

秦王国 「ユリックス」 意味不明の名 「ユリックス」。 朝鮮風のネーミングだ。 隋書倭国伝にある秦王国は宗像市のユリックスあたりにあった。 秦王国の位置は、宗像市 久原・光岡 である。 隋書倭国伝 竹斯国  津屋崎の在自~神湊 東に行って秦王国 はユリックスあたり  『福岡県の地名』  平凡社 日本歴史地名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本牟智和気王  出雲と倭国は 山一つの隔て

江口の五月浜 「御前の浜」  『宗像郡誌 上編』 P373 ここが出雲の御前の御前 岩波文庫 古事記50-6 出雲より倭国に上りまさむとて、 岩波文庫 古事記111  本牟智和気王 ・・・ 出雲と倭国は山一つの隔て 木戸  葦木神社の場所 字「木戸ノ内」 石クマの曾宮 ― 田熊石畑遺跡 葦原色許男大神 ― …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗像市の日並さん

ゼンリン住宅地図 宗像市 田島 P102 右 に 日並 という家がある。 草壁皇子は日並皇子ともいう。 【 宗像 日並 】 をネットで検索した。 宗像大社の宗像氏一族に日並氏がいるので、日並氏は田島の人だろう。 宗像市役所 広報担当の日並さん 旧宗像市民俗資料館の関係者に日並さん 京都府与謝郡 野田川町 下山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田熊石畑遺跡

田熊石畑遺跡 http://d-munahaku.com/takumaishihatake/cts_takumaishihatake.html http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=147114 『宗像郡誌 上編』 P95 田熊神社 祭神  素盞嗚尊 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗像  住吉神 を祭る神社

『宗像郡誌 上編』 頁 31  宗像神社 辺津宮  境内末社 百大神社 41  織幡神社 80  依嶽神社  境内神社 波折神社 85  津加計志神社  社家には住吉大明神を祭るといふ 86  葦木神社 108  住吉神社  野坂の宮首 132  波折神社  津屋崎の古小路 141  年毛神社  日吉神社の境内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more