テーマ:北九州市

小森江の古野さん 筑紫君

筑紫君 門司の小森江西説 小森江西校区 ・・・ 略して「小西」 と称されている 『ふるさと 小森江 にしひがし』 1976年  自費出版の郷土史本  小森江村の庄屋 羽山1丁目 古野文子さんの家 ― 周辺に古野一族の家 古野家の歴史は神武天皇まで遡る。 古野家は古くは富留野といっていた。 門司区小森江西の古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呼野金山 北九州市小倉南区

北九州市小倉南区 呼野金山 『福岡県の地名』 日本歴史地名大系 41 平凡社 2004年 P1245中 呼野村 大山祇神社が鎮座。 和銅年間(708-715) 銅鉱採掘のとき鉱山の守護神として創立されたという。 天平年間(729-749) 宇佐宮の神鏡鋳造のため銅を採掘したと伝える。 銀鉱山 http://44051…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城野石棺の被葬者 香坂王・忍熊王 説

『おもしろ地名 北九州事典』 増補総集版  小倉北区 富野 P95 魚池・鳥池を作ったのが魚野鳥野で、鳥野がなまって鳶野、富野になったという説。 小倉北区 富野を熊鰐の地とする説があるようだ。 『福岡県の地名』 平凡社 日本歴史地名大系 P1234中  萩﨑村 (萩﨑町、明和町、三萩野 1丁目) は博士(陰陽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城野石棺を読み解く

重留銅矛 記紀神話と照合 文庫書紀①120-5 乃ち国平けし時に杖けりし広矛を以て、二の神に授りて曰はく、「吾此の矛を以て、卒に功治せること有り。 常陸国風土記 信太の郡 伊川  門司区伊川 白山神社 普都の大神 出雲 雲に覆われる足立山 霧ヶ丘 小倉北区 大畠は雨の日の濃霧がすごい。 城野石棺の子供2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重留銅矛は何を語るか  北九州市 文化企画課

平成28年 9月17日(土) 重留遺跡出土広形銅矛 国重要文化財指定記念シンポジウム 「重留銅矛は何を語るか ~邪馬台国の時代in北九州~」 場所 北九州市立いのちのたび博物館  13:00~16:30 北九州市市民文化スポーツ局 文化企画課 パネリストの1人 橿原考古学研究所共同研究員/桜井市纏向学研究センター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨人伝説  門司区 小森江東

常陸国風土記の巨人伝説は門司区 小森江東小学校前の「巨人坂」 である。 風土記403 那賀の郡 平津の駅家の西、1、2里 大櫛の岡 ダイダラボッチ  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%9C%E3%83%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苅羽田刀弁

文庫書紀②46-10  垂仁紀 34年の春3月の乙丑の朔丙寅(2日) に、天皇、山背に幸す。 時に左右奏して言さく、「此の国に佳人有り。 綺戸辺と曰す。 姿形美麗し。 山背大国の不遅の女なり」 とまうす。 天皇、茲に、矛を執りて祈ひて曰はく、「必ず其の佳人に遇はば、道路に瑞見えよ」 とのたまふ。 行宮に至ります比に、大亀、河の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風師神社 荒熊稲荷

高皇産霊尊 高龗(たかおかみ) 「龗」 の音は レイ 雨雪を降らす神、龍神 → 金印の蛇紐 高龗は音で「こうれい」 だから高麗(こうれい) と同じ。 小森江か。 古事記では高皇産霊尊は高木神、高御産巣日神 万葉集104 藤原夫人 於可美 風師神社の小字「葛原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海神の場所

万葉集15 渡津海乃 豊旗雲尓 伊理比紗之 今夜乃月夜 清明己曽 門司の広石2丁目・風師2丁目を登った所、または葛葉を登った所 から彦島方面に沈む夕日を眺めて詠んだ歌である。   ↓ 渡津海は彦島にある。 ①考 彦島の西端 竹ノ子島 竹ノ子島西端の内側に砂浜があり、「ターの浜」 という。 漢字は不明。 鯛の浜か、田の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦島の 机岩

門司郷土叢書 9巻  島めぐり 長門彦島 机岩の奇観 是の机岩は、昔日は非常で奇観な曾つて殿様の来臨を忝ふしたなど真偽の程は知らぬが、伝へられて居るのを見ても分るが、惜むべし某浦の人が打毀ちて持ち帰ったと云ふ。 而し今その跡を見ると完全に打毀ち去った様には見らるぬから、多分風景を損じたと云ふに留まって居るらしい。 手取鑵子の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦島ピラミッド 龍宮神社 姫塚

彦島 山口県風土誌 彦島村 長門国志に、古老相伝へて古へ彦火火出見尊、此島に住居給へり。 故に彦島と云ふと云へり。 勅旨町 弟子待という地名は勅旨町の転訛という。 門司郷土叢書 9巻  島めぐり 長門彦島 島の京通り (今と昔) 天の江の渡 ― 弟子待の渡 ― 天の江より弟子待間の陸路 ― 渡賃 昔時九州と中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪連  法音寺の坂を上がった所の墓地は雪の名所

旧門司の史跡に門司関(文字関) があるが、そこの海は渦が巻いているし、関所としては適地ではない。 門司で山城があった場所として、三角山城や黒川の金山城やなどが地政学上は重要である。 奥畑川上流の黒川、高砂町、春日町は重要な要地である。 北九州の城 http://www.geocities.jp/eizanroku/sir…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門司区  高天原は黒川の地獄谷温泉 説

門司港 旧浪花町 筆立山南麓~老松公園の東 門司港の商店街 角川日本地名大辞典 福岡県 によれば、大阪の浪花にあやかった地名という。 門司校区公民館の小冊子(創設60周年記念誌) P28 によれば、なぜ「浪花町」 なのか町名の由来は定かではないという。 難波の堀江は塩州の回りで、 八幡橋―東堀川8丁目―入船町―東堀川1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門司の広石あたり

万葉集 960  大伴旅人 隼人之 湍門乃磐母 年魚走 芳野之瀧尓 尚不及家里 滝があった場所は清滝と葛葉1丁目の貴布祢川である。 清寧紀 文庫書紀③98-2 雄略天皇の丹比高鷲陵で号泣する隼人だから、芳野と隼人の地は近い。 芳野と隼人の地は距離で200メートルくらいだろう。 吉野の小倉の山 黒川の小字「小倉」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白雲稲荷大明神  門司区 広石1丁目-4

風師2丁目-1-17 急坂を上った突当たりに小田という家がある。 家の前に堅そうな岩壁を掘った洞窟が2つある。   ↓ 昭和12年頃か、南篠さんの家(風師2丁目-1-11) の上の石垣がある所に銅山があった。 掘って銅の鉱石が出たが量が少なかったので採掘を止めた。 その後銅山の廃鉱は海軍の通信施設にされトンネルを大きくした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲国  下関市

出雲の肥の河、簸の河 = 樋 樋 Google で【 樋 土木 】 で検索 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%8B_(%E5%9C%9F%E6%9C%A8) 下関市 稗田地蔵堂遺跡から楽浪郡の蓋弓帽が出土 梶栗浜遺跡から多紐細文鏡と細形銅剣が出土 延行(のぶゆき) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他にいるか 調べました。

邪馬台国は関門海峡あたり とする見解をネットで検索して、他にいるか調べました。 古田史学会報 葦牙彦舅は彦島(下関市) の初現神 http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou97/kai09706.html http://6556.teacup.com/shugyo/bbs/383…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国は 門司 だ!!

原始古代 列島支配の地政学 ― 高天原の場所柄 門司区役所から葛葉1丁目まで、山が海に迫る急斜面の地である。 陸の関所、船の検問所を築く場所は門司警察署の山側である。 ここが兵がいる所で、天の波士弓、天の波々矢、天の鳥船の地である。 門司区 広石2丁目・風師2丁目は急な傾斜地で、ゼンリン住宅地図で植生を見ると小竹(篠)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中臣清麻呂  清滝 門司区役所の辺り

万葉集 3879 能登酒屋 = 4031 中臣の酒 新羅斧 = 筑紫の聞物部大斧手 雄略紀 文庫書紀③80-7 白木﨑公園、朝鮮会館あたり 中臣清麻呂 ・・・ 清滝の人 4296  高円 ・・・ 三角山 (194 m) http://www.moji9.com/ka6.html http://www.ooi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不弥国 (小森江東小学校)   邪馬台国 (日本書紀の「山部」 慈雲寺)   難波 (井戸)

不弥国 小森江東小学校 風師あいの坂道   ↓ 「相」 の地名 万葉集3236 ~ 3241  相坂、相坂山 3157 相海(あふみ) の安河   ↓ 魏志倭人伝の不弥国 山部 ・・・ 高天原 広石2丁目 風師2丁目 が日本書紀の「山部」「山守部」 である。 「越の大山」 もここか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小森江 自然と歴史  未調査

門司区 小森江の自然と歴史 未調査 江戸期、明治期の史料に小森江から銀が出た報告がある。 小森江東小学校の横を流れる藤見川の谷の最上部か、あるいは葛葉川の最上流か。 『小森江村志』 によれば、山の高い所に自然または人が掘った洞窟がたくさんあるという。 銀山は珍しいので、銀の鉱脈を発見できれば武烈紀の小泊瀬に比定できる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セメント社宅の上の方にあった大きな岩

『 ふるさと 小森江 にしひがし 』  1976年 自費出版物 この本に70年代前半の小森江地図が掲載されている。 小森江東小学校から風師山山頂に登る道は風師4丁目-1、26 から上がっている。 P111 上 「 片上から葛葉に向う街道、二タ松町 (字大人) にやや急な坂があり、これを巨人坂といった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風師あいの坂道 近江国

小森江東小学校の「風師あいの坂道」   ↓ 万葉集3157 相海之 安河   ↓ 安河は藤見川である。 藤見川 ・・・ 小森江東小学校の正門前、風師中学跡の小川 石見国=淡海国 135 石見之海乃 辛乃埼 152 四賀乃辛埼 淡海は国津神の浦なので、出雲勢の地 万葉集131、138 石見の歌の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青丹吉 奈良の小森江西小 近江国の小森江東小  

小森江西校区の羽山神社は甲宗八幡神社が管理している。 『門司郷土叢書』 7巻 ・・・ 北九州市内の図書館にある 甲宗八幡神社志 次の頁に羽山神社のことが書かれている。 横頁58 山ノ神  祭神 火之夜芸速男 亦名 火之迦具土神 横頁67 建速社  祭神 金山毘古  横頁71 豊日別社 横頁75 羽山社 横頁9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊川 平山観音

小学館 風土記 新編日本古典文学全集 常陸国風土記 P365-8 此より以西に、高来の里あり。 古老の曰へらく、天地の権輿(はじめ)、草木言語ひし時に、天より降り来たまひし神、名は普都の大神と称す。 葦原の中つ国を巡り行でまし、山河の荒ぶる梗(かみ) の類を和し平けたまふ。 大神、化道(ことむけ) 已(すで) に畢(を) へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外記殿山 銅山

『門司郷土叢書』 3巻 に収録 小森江村志 横頁220 風師山 ・ ・ ・ ・ 風師山は何処からでも見られ、各地夫々趣を異にし美しいが、小森江浄水地からの眺望が殊によい。 砲台山の脚が苅田ヶ原谷の渓流にはばまれ、貯水池の右側の小道を通っていく。 駅前に常緑樹で被われた小高い丸い山は、古墳の様相をもっている。 山頂を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小森江 小字名の聞書 

『門司郷土叢書』 3巻 に収録 小森江村志 横頁257 昭和34年1月 入江 貨物航送船の発着所 平江 神田町。 電車道より市民病院へ上る一帯 北原 小森江西小学校の北側一帯。 今製鋼所の社宅のあるところ。 莚給 小森江西小学校の西側をいう。 此附近は一面田で学校の傍を流れている羽山川から灌漑の水を引いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小森江西  ぐみの木谷 銅鉱口

考古学の業界 金属関連の研究   主流 ・・・ 青銅器   新潮流 ・・・ 鉄器、鉄関連の遺跡 歴史学 岡田英弘 ・・・ 日本列島産の黄金、砂金に注目 『日本史の誕生』 弓立社 2001年 第5刷 P186 上 「古い時代の貿易では、小さい量で大きな価値を持つものが商品になります。」 素人研究の私 銀に注目 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高田丘

武烈紀  文庫書紀③154-最後の行 百済の意多郎卒せぬ。 高田丘の上に葬る。 孝徳紀 大化5年  文庫書紀④304-11 高田醜雄 高田 大字で門司区 高田 小字で下関市 吉田 字「高田」 門司区大里の高田だろう。 文庫書紀③156-5 筑紫島 門司区 大里本町1丁目、2丁目 は島である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原宮  小森江西小学校 古野宅 

続日本紀①13-最後の行  文武天皇 2年11月23日 己卯、直広肆 榎井朝臣倭麻呂、大楯を竪て、直広肆 大伴宿禰手拍、楯桙を竪つ。 神祇官人と事に供れる尾張・美濃二国の郡司百姓らに物賜ふこと各差有り。 黄金町 文武天皇の皇居は藤原京。 奈良県橿原市高殿にあり、大和三山に囲まれた地域とされる。上に引用した文によれば、尾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more