テーマ:山口

須佐町・田万川町 ― 阿東町 ― 防府市

黄帝社は狗留孫仏黄帝社という。 山口県内で狗留孫山は   萩市須佐町高山の狗留孫仏黄帝社   下関市豊田町杢路子の狗留孫山   山口市徳地町の狗留孫山 の3か所だ。 徳地町の狗留孫山の南麓には大元神社と周防二の宮の出雲神社がある。 狗留孫仏黄帝社                     狗留孫山 高山 ― 弥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青景  秋芳町

角川の地名辞典 山口県巻 オンデマンド版 青景 < 秋芳町 > 「 一説に船木(楠町) にあった楠が繁茂して、その一枝がこの地を覆い青葉蔭になったためという (注進案)。 銀山にかかわる地名とも思われる。 」 青景は楠町船木の勢力下にあったのだろう。 船木の楠が扶桑で高木神だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滝町 山口市

角川の地名辞典 山口県巻  オンデマンド版 たき 滝 < 山口市 >  ※ 山口県庁がある場所 椹野(ふしの) 川支流一の坂川右岸に位置する。 地名は、法泉寺にある滝に由来する。 戦国期に見える地名。 周防国吉敷郡のうち。 「大内義隆記」 (群書21) によれば、 大内義隆は「滝ノ法泉寺ニテ弥生七日」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田中晋作  「帯金式甲冑の研究」 を逆転させた私見 2

田中晋作氏は山口大学に新任された考古学の先生である。 大阪府堺市の百舌鳥古墳群がエジプトのピラミッドを越える建造物であることを最重視する。 その付近で定形の甲冑が大量に生産され、その流通から古墳時代中期における古代国家形成の動静を分析する理論を立てられた。 私はこれと正反対の考え方で、 ① 山口県の旧長門国域の古墳からは帯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防府市  出雲 2

出雲 = 淡海国  楽浪の志賀の唐﨑 は防府市 万葉集33 から、淡海国は国つ神の浦だから出雲である。 山口市 下小鯖に小字「相(あい)ノ坂」 がある。 佐波川の河口、防府市と秋穂町の間は大海湾で音が淡海に似る。 右田ヶ岳は岩山で、「石走る淡海」 である。 右田は古く「熟田」 と書いた。 温泉はない。 防府市の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防府市  出雲 1

小野田市の本山 (竜王山) に、大国主神と少彦名命が中国から帰る時に、ここの沖を船で通ったという言い伝えがある。 出雲は瀬戸内沿岸にある。 防府天満宮は出雲の野見宿禰を祀る。 佐波川を上って徳地町の伊賀地に周防二ノ宮の出雲神社がある。 防府市 伊佐江町 ・・・・ 伊耶佐の小浜 新田の須賀・立登 ・・・・出雲の新墾、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田中晋作  「帯金式甲冑の研究」 を逆転させた私見 1

田中晋作氏は山口大学の考古学の先生である。 その論は Google で検索してください 【 5世紀のヤマト政権下における武器と軍事制度 】 私の見解はヤマト政権は下関倭国の「成りすまし」 であり、下関倭国の神々しい歴史を丸ごと剽窃したというものである。 佐紀は吉母の御崎である。 馬見は御崎馬がいた場所で、渕ヶ谷の丸山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上八  柳井市

玄海町は2003年4月1日に宗像市と合併し消滅した。 『 玄海町誌 』 1979年  P51  筑前の上八という地名について 山口県柳井港の南方室津半島東海岸に上八あり、カウジョウという事、「郡誌」 にあり、現在柳井市字伊保庄上八である。 この場所は弥生時代の高地性集落があった場所だ。 下関市にあった倭国の蝦夷の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高山  山口県万葉集

記紀・万葉は関西でなく山口県長門国の古代郷土史である。 六国史の全部、平安時代の続日本後紀まで山口県である! 高山  万葉集では高山 = 天香具山 とされる。 ① 山口県で一番高い山 阿東町徳佐の十種ヶ峰 989メートル スキー場もある豪雪地帯 YouTube の動画から http://www.youtube…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国  阿東町 と 長門峡

個人の方のブログからリンクを張らせてもらいました。 阿東町  見どころ観光 http://www.ato-kankou.org/View/ http://atokan.sblo.jp/category/1582295-1.html 長門峡 (ちょうもんきょう) 長門耶馬渓ともいわれる。 萩市に注ぐ阿武川の上流に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投馬国 玉  紀の道

邪馬台国は山口県。 都は阿東町徳佐の宮ヶ久保遺跡。 宮ヶ久保遺跡は著名な弥生遺跡だから、「山口県の歴史」 書を図書館で調べたら載ってます。 邪馬台国の都は考古学でいう「王墓」「国邑」 の定義では発見できない。 投馬国は「タマ」 で、  防府市の玉祖神社 近くに「日の本」 の地名がある。  萩市 阿武川の河口 J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名水 病気が治る

この名水を飲むと病気が治る、若返る 日本書紀 持統天皇 7年11月14日 沙門法員・善往・真義等を遣わして、試に近江国の益須(やす) 郡の醴泉を飲服ましめたまふ。 8年3月16日 醴泉、近江国の益須郡の都賀(つが) 山に涌く。 諸の疾病人、益須寺に停宿りて、療め差ゆる者衆し。 万葉集1034 美濃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀湯

日本書紀 斉明天皇 今城、紀湯 がある。 邪馬台国(旧唐書で書かれる、大和朝廷の日本国とは別の倭国) が山口県にあったのは間違いない!!! どうやら山奥地らしい。 紀湯の候補地 学研 ジョー・マクモニーグル透視術によれば 卑弥呼の冢は 豊田湖の北 安徳天皇陵参考地 紀湯は  俵山温泉  湯本温泉 豊田湖の東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山台 小字

邪馬台国は山台国で、山台は阿東町徳佐だった!! 角川の地名辞典 山口県巻  巻末小字一覧 から 阿東町 徳佐 の小字  一部 徳佐上 領家 西領家 弘法 高町 石 御所河内 嵯峨  徳佐中 ・・・・ 山奥地の環濠集落 宮ヶ久保遺跡の場所 台 山門 黒田 片山 冬付 合六 上真土 下真土 己村 宮ヶ久保 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊北町 リンク

リンクを張らせてもらいます。 吉田松陰が萩から下関へ行った時の記録 http://www.geocities.jp/ochappy_l/yomu/kaihokiryaku/kaihokiryaku_02.html 「 涌浦は60戸で寺がふたつと神社がふたつ。 一つは住吉社で一つは神后の祠である 」 和久に住吉社と神后…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿東町から 防府市へ行く

邪馬台国は山台国で阿東町徳佐説。 根拠は、宮ヶ久保遺跡から木製の戟(げき) という極めて珍しい物が出土している。 邪馬台国は「台」 の字が高い場所を意味することから、山口県で最も標高が高い集落にあった。 山口市は山台国の入口だから山口という。 阿東町は2010年1月に山口市に合併された。 阿東町の盆地は夏は県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿東町嘉年から 萩市大井に行く

山口県で最も標高の高い集落は阿東町の嘉年(かね) だ。 嘉年には記紀風の民俗が濃く残り、柳田国男民俗学の研究対象地である。 邪馬台国は山台国。 「台」 は高い所を表す字である。 山台国は山口県で最も標高が高い阿東町 嘉年説が思いつく。 嘉年 字「堂面」 にある三明原神社 ・・・・ 891年 授長門国従5位上 三明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粟野国  山台国

空海の高野山が狗留孫山と同じ緯度なので、邪馬台国は粟野川流域である。 「漢委奴国王」 金印は 漢の粟野の国王 とよめる。 日本書紀で、景行天皇の九州遠征や仲哀・神功の熊襲征討を読むと、九州は倭ではない。 北九州の一部「筑紫」 は倭国に属しているが倭ではない。 倭は長門国である。 本州の極南界が長門(山口県の西部)。 明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隋書倭国伝の 道程から 

『 倭国伝 』  講談社学術文庫  2010年 P186 倭国は、百済・新羅の東南、水陸3000里〔のところ〕 に在り。 〔倭人は〕 大海の中に於いて、山島に依りて居る。 P193 都斯麻国の、迥か大海の中に在るを経。 又東して一支国に至り、 又、竹斯国に至り、 又東して秦王国に至る。 其の人華夏に同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萩市の地名 

川島 土原 (ひじはら)  弘法寺 御許 平安古 (ひやこ) 堀内 津守町 ⇒ 津守連 椿東 (ちんとう) 香川津 鶴江 大渡 田ノ浦 越ヶ浜 奈古屋 ※ 万葉集4116  鶴が鳴く奈呉江 ①考 歌は小字地名に因むとみて椿東 ②考 奈古の鶴ヶ嶺八幡宮 椿 田村 長羅 青海 桜江 大井 奈柄(な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珈琲タイムの考古学

『珈琲タイムの考古学』  1994年 山口県埋蔵文化財センター所長(当時) 著 P67 ~ 72 耳にたこができる話 土井ヶ浜 弥生時代の300体あまりの人骨の約4人に1人に外耳道骨腫があった。 原因は長い間潜水によって冷たい水の刺激を受けたためではないか。 P42 ~ 45 海を渡ってきたガラス 田耕(た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒田  日本書紀

吉川弘文館 日本書紀索引 平成6年 第7刷  で「荒田」 を調べて 岩波文庫 日本書紀  の該当ページ  を示す。 忍海造荒田 天武10年4月12日  (五)170 倭漢直荒田井比羅夫 大化元年7月14日  (四)244  245注 参照せよ 同 3年是歳  (四)294 3行  P292 に小郡宮 ⇒ 小郡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有間 の場所

岩波 新日本古典文学大系 別巻 萬葉集索引 地名索引 によれば、 有間 ・・・・ 神戸市北区有馬町 461 2757 3064 有間山 ・・・・ 神戸市北区有馬町の有馬温泉近辺の山 460 1140 正統派の万葉集学者による地名場所の比定はオカシイ。 私は歌より、佐保から有間山の雲居が見えると推論した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口大学  吉田遺跡

Google で検索   【  山口大学の遺跡  】  PDF 肥中街道の起点は山口市中心街の道場門前で、道場門前は古くは十日市とも称した。 一の坂川が流れる。 ⇒ 邪馬壱国 大内氏の「大内」 とは内裏の意味である。 山口市 仁保上郷の小字「栖郷」 は吉野の国栖 とすれば、山口大学キャンパス内の吉田遺跡は吉野か。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥中漁港

角川の地名辞典 山口県巻   P702右 1988年 肥中漁港 豊浦郡豊北町神田字肥中(ひじゅう) にある第2種漁港。 響灘に面し、西長門海岸の溺れ谷に立地する港湾。 古くは肥中湊として知られ、「注進案」 には、「南風・東風当り海浅く、繋船して交易はできない」 とあるが、漁船の係留には不便はない。 天然の良港とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥中街道

角川の地名辞典 山口県巻  (角川日本地名大辞典  35 山口県) 1988年 肥中街道   P702左 山口と肥中浦(豊浦郡豊北町) を東西に結ぶ街道。 里程約14里。 山口方向に進む場合、山口街道とも呼ばれた。 大内氏の時代には、肥中浦から筑前博多への出帆が多く、明や朝鮮との貿易港としても重要であった。 山口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊都国  奴国

魏志倭人伝の記述は正確とみて、伊都国は洞海湾にあった。 黒崎と若松が候補地である。 黒崎説 八幡市史 P381 によれば、 黒崎の藤田はもと上の名(メウ)といった。 古事記で、山幸彦は綿津見神の宮から「上つ国」 に帰った。 岩波文庫 古事記  P75 天津日高の御子、虚空津日高、上つ国に出幸でまさむとしたまふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楢 と 春日野

万葉集 79  楢の京師の佐保川 80  寧楽 460  佐保と新羅渡来人 楢(寧楽)・佐保は考古学により、秋芳町嘉万の 国秀遺跡 である。 美祢市の公式ホームページ 文化財一覧  から 国秀遺跡 所在地:美祢市秋芳町嘉万 ●概要:嘉万盆地北端の沖積低地上にあり、県営圃場整備に伴い昭和62年度、平成3年度に発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越の角鹿は 防府市 説

伊奢沙和気の大神 ・・・・ 防府市 伊佐江町 旦浜・・・・ 台道の「旦」 手結ヶ浦の製塩 ・・・・ 山口市美濃ヶ浜の製塩遺跡 <問題点> 瀬戸内海の山陽であり、方向がちがう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国は 秋吉台説

青丹吉 奈良の都 の「青丹吉」 は美東町大田の長登銅山 長登銅山から万葉歌の木簡が出土している。 石上振宮などの「石」 の字が表す場所はカルスト台地 天の真名井は秋芳町の別府弁天池 大坂は三隅川を上って美東町へ入る県道28号 当麻路は萩市から美東町へ入る県道32号 宇部市の 棚井 と 霜降岳 は物部氏の本拠地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more