テーマ:古代史

集英社 日本後紀

日本後紀は最澄、空海が登場するあたりから文章の感じが変わる。 旧例を改め、唐の法に依れ。 つまり魏志倭人伝に記述された倭式の作法から唐式への転換 753-12 773-6 高位の人が入室して来たら、跪伏にかえて起立して深く拝礼しろ 貴い者に会ったら、跪くことをやめて起て 753-16 みな靴を履け 黒塗り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな 奈良

日本書紀の奈良 ― 参照 吉川弘文館 六国史索引 『日本書紀索引』 乃楽、奈羅、那羅 古事記の奈良 ― 参照 角川ソフィア文庫 『古事記』 巻末索引 那良 万葉集の奈良 ― 参照 笠間書院 『万葉集表記別類句索引』  奈良、平城、寧楽、楢、名良 ※ 万葉集の高松(高円)、山辺御井 の場所は対馬 峰町の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根の国 の候補地

根の国 の候補地 ① 佐世保市 南風﨑町 根 ― 小島川が流れる。佐世保市の中で、意外と遺跡や古墳が多い場所である。 ② 大村湾 東彼杵町 三根郷 ― 坂本郷がある。俵坂を越えて嬉野町に入り、塩田川の水源に川上丹生神社がある。 ③ 鹿児島県 薩摩半島南端の池田湖北岸 ― 池田湖周辺は巨大な湧水地帯であり、日本書紀の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯塚の立岩遺跡  吉野ヶ里遺跡  向津具 下関市

考古学では古墳が多くあって、石棺(棺桶)から鏡や剣などの宝物が地域で一番出る場所を「王都」「王邑」と定義する。しかし甕棺墓のような弥生墓や古墳は墓場であり、忌み嫌う黄泉の地であって、考古学は八王子霊園を王都といっているようなものだ。有力者は弥生墓や古墳がある場所には住まない。 弥生墓や古墳の場所は霊園だから「社(もり)」だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more