公安警察  Wikipedia


公安警察
ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%AE%89%E8%AD%A6%E5%AF%9F
「警視庁公安部」 も参照

全国の公安警察官の三分の一以上は、全て警察庁 警備局警備企画課 情報第二担当理事官 (「キャップ」 または「裏理事官」 と称される) がトップを務める、ゼロと呼ばれる、スパイの獲得や運営などの協力者獲得工作を取り仕切る極秘の中央指揮命令センターの指揮下にある。 県警本部長、警備部、所属長でさえ、ゼロの任務やオペレーションを知らされていないとされる。 これは、警察庁警備局などから発せられた特命事項を表の組織で行えば情報漏れのリスクを伴うので、ゼロが全国の公安警察に直接指示を出したほうが表沙汰になる危険が少なく、話が早いからである。 また、余計な指揮系統の人間に気を遣わなくて済むメリットもある。

「チヨダ (警察)」 も参照

戦前に発生した五・一五事件や二・二六事件で、警察官が5名殉職した過去があるため、警察は自衛隊によるクーデターを警戒しており、公安警察の自衛隊監視班(マル自) が、自衛隊内部の「右翼的な思想を持つ隊員」 を監視しているとされる。 そのため、終戦記念日の8月15日に靖国神社に訪れる自衛官は、マル自によって顔写真を撮られているという。 また、自衛隊内部の機密情報が、自衛隊関係者や各国大使館の駐在武官などが頻繁に出入りする軍事情報誌などを刊行する出版社を経由して流出することが多いため、公安警察はこういった出版社に出入りしている要注意人物をリストアップして、行動を徹底的に監視しているという。

なお、法務省の外局である公安調査庁とは、源流は同じく旧内務省だが、別の組織である。 公安調査庁は、公安警察に付与されているような逮捕権や強制捜査権限を有さず、あくまで情報収集による調査にとどまるのに対し、公安警察はそれに加えて、事後的な犯罪捜査をも任務とする点で異なる。 ただし、公安調査庁次長と、公安警察を統括する警察庁警備局長は、ともに国内の情報機関が集う合同情報会議の構成員であり、また法律により、公安調査庁と警察は協力関係にあるとされている(破壊活動防止法第29条)。


チヨダ (警察)
ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A8%E3%83%80_(%E8%AD%A6%E5%AF%9F)

警察庁警備局警備企画課に属しており、任務は全国で行われる協力者運営の管理と警視庁公安部・各道府県警察本部警備部に存在する直轄部隊(作業班などと呼ばれる) への指示と教育である。 「チヨダ」という名前は一種のコードネームであり、現在でも正式な名称は不明である。

「裏理事官」 と通称される警察庁キャリアの理事官によって統括されており、課員は警視庁・道府県警察本部から派遣される。

公安調査庁には協力者運営の管理を行う組織として本庁総務部に工作推進室があり、参事官が室長を務める。

公安警察官がある人物を協力者として獲得する場合、まずはチヨダに申請し、承認されると登録番号と工作費が与えられ作業が開始される仕組みとなっている。 協力者のファイルはチヨダで一元管理される。 こうする事によって複数の公安警察官が同一人物に接触するのを防ぐとともに、「情報の管理」 と「協力者の運営」 を分離する事で、運営における恣意性や情緒性を排除する効果がある。

チヨダの直属部隊は警視庁公安部に数十名前後、各道府県警察本部警備部に十名前後が存在するとされる。 彼らが所属している係は作業班などと呼ばれる。 直属部隊は、優れた協力者運営の能力に加え盗聴盗撮 (「秘聴」「秘撮」 と呼ばれる)、ピッキング行為といった非合法工作を行う能力も持つとされる。

直属部隊の隊員は高い保秘意識を持つだけでなく、もし工作が暴露された場合には自分が潔く罪を引き受け、組織を守るという「個人責任の原則」 に従って行動する。 そのため、作業班の工作が表に出る事はほとんど無い。

直轄部隊の教育は警察大学校で行われていた。 講習は20日間ほどで全員が偽名で参加し、追尾や張り込み、協力者獲得の技術に加え、盗聴、写真撮影、ピッキングといった技術、さらには共産主義研究といった理論教育も行われたという。 茨城県警察本部で警備部長を務めた江間恒によると、初期には特務機関で勤務した元軍人にピッキングの講習を依頼していたという。

直轄部隊は指揮系統が独立しており、警視総監や道府県警察本部長でさえ直属部隊がどんな工作を行っているかを把握しきれない場合があるという。 チヨダは直属部隊を直接指揮するほか、彼らの人事権を事実上掌握している。



私見
1998年2月、新井将敬が東京港区のホテルで自殺した。
1983年の総選挙で、石原慎太郎事務所は新人 新井将敬のポスターに
「1966年に北朝鮮から帰化」 シールを貼っていた。

不審死・未解決事件に関しては「小泉内閣の黒幕」 が問題と考えられる。
エシュロン絡みで通信傍受法が成立した1999年が重要である。

1998年~2002年、この5年間に何が起きたか注目したい。


当時の警察庁 警備局長
杉田和博 1994 - 1997 オウム事件
前 神奈川県警察本部長
後 内閣情報調査室長(内調 つまり 日本版CIA)

伊達興治 1997 - 1999 後にチヨダのウラ理事官に就任

金重凱之 1999 - 2001 通信傍受法の成立、世田谷一家殺害事件

漆間巌 2001 - 2002 911事件 と NHK 長谷川浩の転落死

奥村萬壽雄 2002 - 2004 石井紘基刺殺事件


私見
外国の「日本研究」 は「在日コリアンの研究」 になっている。 外国の諜報情報部にとって「誰が隠れ在日か」 「CIA朝鮮人」 は最重要の事である。

石破茂 談 「ちょっとでも油断すれば韓国から寝首をかられる」
この「韓国」 は日本の公安である。
朝日る警察なので、内偵者の醜聞は朝日新聞の特ダネになる。

公安の朝鮮人 
公安(警備局、生活安全課、広域捜査、公安調査庁) によるGPS尾行監視の実行部隊は韓国系民団や朝鮮学校の人たちであり、この事から 公安=KCIA=CIA である。 また「危機管理」 は偽旗作戦の謀略事件を起こして危機を作ることから始まる。 朝鮮人の電通を通して総体革命(戦後民主主義=在日革命、公明党政権) を行う。 マスコミ発の「騒動 → イメージダウン」 には裏がある。

公安調査庁は菅沼光弘が言ってるような愛国的役所ではない。 何事もない時、ふだんの集団ストーカーは公安調査庁が行う。 その全員が在日チョウ鮮である。 大きな事件・出来事があって警備レベルが上がれば警察によるマークが始まる。 それもまたチョウ鮮の人たちが行う。

6月、12月に集団ストーカー要員たちのボーナスを出すため、5月下旬と11月下旬に監視ターゲットに対して「演習」 がある。

「危機管理」 とは、
2ちゃんねる語が口から出る盗賊朝鮮人の暗躍
偽旗のマッチポンプ
コトバの力は在コパス
敵とグルで殺される者多数

日本の公安当局は韓国系民団や金日成を拝む朝鮮学校と一心同体であり、創価は中国共産党とグルである。

警察・公安の監視対象者には「協力者」(その全員が在日のチョウ鮮) を動員して徹底的に尾行するだけでなく、監視対象者の家の近所にアジト(秘密基地) が設置され盗聴監視活動が行われる。 これは通信傍受法が成立(1999年)、911事件(2001年) が起きた後の大きな利権である。 「テロ対策」 は在日チョウ鮮の福祉政策である。 集団ストーカーはパチンコップの巨大利権。

自民党は公明党に吸収されて消滅している。

こんなことをブログで書けば、
夏の深夜に窓を閉める時、ピカッピカッ とフラッシュが光って写真を撮られる。



親米右翼の正体 中川隆 - 阿修羅
http://www.asyura2.com/13/ban6/msg/710.html

中川隆 阿修羅番外地 相場・経済・社会関係投稿集 中川隆
http://www.asyura2.com/13/ban6/msg/571.html

やりすぎ防パトと創価学会 [無断転載禁止]©2ch.net