岡垣町 伊都国


遠賀川式土器が東日本まで普及
オノゴロ島は水巻町の頃末

岡垣町は金属器の出土が豊富 → 八千戈神 細戈の千足る国
 → 玉の内つ国
根の堅州国は岡垣町

「漢委奴国王」 は岡垣町

野間は沼の転訛 → 水沼
あるいは水巻町が水沼

野間 → 野馬台
「野間」 は鹿児島県笠沙町の野間半島ではなく、岡垣町野間である。

岡垣町内浦の田は須勢理
下照姫の歌に「石川片淵」 → 汐入川の別名が石川
※ 宗像市の田野に「石川」「高向」 という地名がある。

天皇の親征で関門海峡を山口県側から渡るときに、神夏磯媛・熊鰐・五十迹手が天磐戸の儀式で出迎えた。

山海経の君子国
「其の人譲るを好みて争はず」 は出雲の国譲り

岡垣町は出雲で伊都国
高千穂宮も鐘﨑~岡垣町か

和名抄に遠賀郡宗像郷がある。
和名抄の頃は宗像市の鐘﨑・上八は遠賀郡宗像郷だった?



万葉集304
大王之 遠乃朝廷跡 蟻通 嶋門乎見者 神代之所念.
大君の 遠の朝廷と あり通ふ 島門を見れば 神代し思ほゆ

「島門」は水巻町~芦屋町にあったとされる。
その島門を見れば 神代の場所を想う。
の朝廷の「遠」 は賀川


岡垣町 波津 から海を見て、対岸に下関市の蓋井島・吉母がある。
舟は 吉母 ⇒ 蓋井島 ⇒ 岡垣町 と渡る。