「日本」 である土井ヶ浜遺跡


Wikipedia 土井ヶ浜遺跡 から

『 土井ヶ浜人は、頭が丸く、顔は面長で扁平であり、四肢骨は長く、男性の平均身長は縄文人より 3 - 5 センチメートルほど高く、163センチメートル前後と推定された。
このことから金関丈夫(かなせきたけお) は、これらの集団が朝鮮半島からの渡来者と、土着の縄文人との混血であろうと考えた。
また、土井ヶ浜人の故郷が朝鮮半島北部と思われることを示唆した。
埴原和郎(はにはらかずろう)は、中国東北地方、あるいは東シベリアにあるという可能性がつよい。 混血に対しては、渡来人そのものであると主張し、その証拠に、4世紀の慶尚南道金海の礼安里遺跡の人骨が極めてよく似ている、としている。

しかし、その後、礼安里遺跡人骨との比較分析が行われたが、形質的な同質性をみるに至らなかった
同じ慶尚南道の海岸線にある勒島(ろくしま) などの、比較的土井ヶ浜遺跡と年代の近い人骨との比較では、かなり異なっていることが分かった。

最近の調査で、中国山東省の遺跡で発掘された漢代の人骨資料の中に、土井ヶ浜人ときわめてよく似た形質をもつ資料が多く見つかっている。 』




土井ヶ浜弥生人は朝鮮半島人と倭人との混血ではなく、山東省の漢代人骨と酷似する。
徐福一行 5000人 は山東省の港から出航した。

土井ヶ浜遺跡の人骨は倭人と混血をしていない純中国系であり、朝鮮半島の人骨とは大きく異なっている。
川棚の中ノ浜遺跡の人骨が倭人と渡来系が混血しているのと対照的である。


「鵜を抱く女」 は女シャーマンとされ、卑弥呼の鬼道に通じる。
これは徐福が方士(占い師) だったためである。

土井ヶ浜遺跡の埋葬形態は頭を東に向け、西の海を見ている。
「日本」 とは、西安の真西、及び沖ノ島の真西の意味で、場所は下関市豊北町である。 「扶桑」「蓬莱」「東海」 は西安の真西にある海岸だ。
日本書紀は豊北町の原始郷土史である。
「神州 日本」、「美しい国 日本」 とは豊北町である。

山口県で最古の水田跡は土井ヶ浜にある。