吉野宮  吉永の白滝


山口県風土誌  P462

殿屋敷  吉永村の白瀧の殿屋敷
同上に往古白瀧村の領主、此所に居住被仕たる由、其故に殿屋敷と申習し候由申伝候とみゆ。

ここが雄略天皇の吉野宮だ !!!!!
豊浦町史によれば、白滝に「船頭ヶ迫」 という地名がある。 泊瀬だ。

個人ブログ様のリンクを張らせてください
http://www.geocities.jp/bara_999/taki/yamaguchi/seibu/houhoku2.html

万葉集429
溺死した出雲娘子を吉野に火葬する歌
出雲と吉野は近い。
こもりく ・・・・ 黄泉の出雲

古事記 引田部の赤猪子
赤猪子は美和河の辺にいた。
美和山は鬼ヶ城なので、鬼ヶ城から流れる川が美和河であり、吉野宮が近い。



平凡社の地名辞典 山口県巻  日本歴史地名大系 36
P499中  吉永庄
四至
東限峯 「美禰郡也、」 ・・・・ この記述は誤りとされている 
南限大池隼人之流也、」 ・・・・ 場所不明。 吉永川は「隼人の流れ」
北限 「河棚堺」
西限海

岩波文庫 日本書紀(三)  P98
清寧天皇 即位前紀 元年10月9日
大泊瀬天皇を丹比高鷲原陵に葬りまつる。
時に隼人、昼夜陵の側に哀号す

この大池の場所が河内国で、隼人がいた。
往古、黒井は大門まで海だったとされる。

難波の大隅 ・・・・ 大隅隼人
応神紀 22年3月5日  文庫(二) P210 
安閑紀 2年9月  文庫(三 ) P224