日下 くさか


御崎の海岸へは長靴で川の土手を下って行く。
小川の河口は汚い。 漂着したゴミの中には韓国のペットボトルもある。
河口から岩の海岸を右側へ行くと祠がある。 弁財天を祀る。

御崎から室津「椿原」 「山中」 に抜ける山道を「かみ越し」 という。
三角点がある高い山を 小倉の辻(308.7m) という。

電波塔がある山は 草場山(289.7m) である。
吉母からよく目立つ尖った峰も同じく草場山という。
電波塔がある山は草場山、尖った峰も草場山で峰が連なり区別されてない。

草場山の下が「日下」 (くさか) だろうから、「日」 は草場山である。
永田川最上流の妙音寺付近が高天原
梅光学院大学の梅ヶ峠廃校舎は高天原校舎だった !!!

吉母の字「印内」 から見た草場山が春


考古学的な根拠
御堂遺跡の上流にある水源が高天原である。