邪馬台国はここだ!  永田郷


魏志倭人伝の邪馬台国は梅ヶ峠 妙音寺 のあたり。

考古学に基づく根拠は
永田郷の御堂遺跡から出土した縄文時代の木棺墓とガラス
に拠る。

御堂遺跡の場所は、ラブホテル むらさき の北100メートル 川沿いの林


宗像の鐘﨑から東側 ~ 山口県西部 山陰側 の海を響灘といいます。
鐘﨑から西側が玄海灘。

邪馬台国は土井ヶ浜人類学ミュージアム主催シンポジウムの大題である
「 響灘の弥生人 」 です。