岡垣町 磯辺の前方後円墳


海を見下ろす前方後円墳
波津地区の丘陵に西から磯辺1・2号墳、向鼻古墳、塩屋古墳が分布する。
いずれも墳丘に葺石を持っており、その中でも、磯辺1号墳と塩屋古墳は前方後円墳の形式をとった古墳である。
磯辺1号墳は、全長60メートル前後、塩屋古墳は70メートル前後の規模を有している。
両墳はいずれも円筒埴輪を出土し、その編年から、磯辺1号墳は4世紀後半代、塩屋古墳は4世紀末から5世紀前半ころの築造と見ることができる。
向鼻古墳は原状をかなり損なっており、墳形を断定することは難しいが前方後円墳であった可能性もある。
いずれにしても4世紀から5世紀前半かけて、波津地区の海を見下ろす丘陵上に一世代ごとに前方後円墳を含む首長墓が築かれていることは疑いない。

現在、遠賀地域には、遠賀川河口の島津に丸山前方後円墳があり、全長60メートル前後の規模を有している。
墳型から見れば前期に属するものと見られるが、築造年代は確定できてない。
また、そこでは他に前方後円墳は分布していない。
ここからおおまかに考えられることは、波津地区が5世紀中ごろまで、海上交通の重要な基地としてあったこと、遠賀地域の首長の中で最高首長の地歩を弥生時代以来築いてきたことなどが考えられることである。
旧奴国や旧伊都国などの対朝鮮交通の要地である博多湾沿岸勢力との橋渡しとして、波津地区の海上交通基地は宗像の勢力と共にあなどりがたい位置を占めたと想像される。

波津の前方後円墳の被葬者は、『日本書紀』 に見える「崗県主」 との関係においては、それよりも先行する世代の地域の最高首長だったと思われる。
そのように言うのは、詳しい地理地名を説いた『日本書紀』 に波津について解説はなく専ら崗水門として遠賀川河口を重視しているからである。
このことは、崗県主そのものをも5世紀中ごろ以前には遡及しえないことを意味しており、遠賀川河口に海上交通の基地が移った後の状況が反映された記事ということができる。
このように、波津における前方後円墳は、弥生時代の地域の最有力集団の墓地であった元松原の系譜を継承した地域首長の存在と、引き続いて地域内外の物資流通のセンター的位置を保持していることを実証するものであった。


岡垣町史  昭和63年   P117 ~ 120 より



波津は神武天皇こと始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと) であり、天照大神の高天原である。

湯川は天湯河板挙の地。  日本書紀 垂仁天皇 23年10月8日

神武天皇は日向高千穂宮から高天原に攻め上り、高天原の初代王となった。
天照大神は居場所がなくなって伊勢(沖ノ島) に隠居した。
天照大神は王ではなく共立の人。

天は岡垣町。 高天原は岡垣町の波津。
熊鰐、五十迹手が天磐戸のお祓い儀式で仲哀天皇・神功皇后を出迎えたことから、高天原は熊鰐の地にあった。

藤原広嗣は大宰府市でなく遠賀郡で兵を挙げたのだから、倭国の中心は遠賀郡だった。
考古学による知見から、古墳時代の遠賀郡の中心は岡垣町の波津だった。