記紀・万葉の場所は 遠賀川


上津役(かみこうじゃく)村  北九州市 八幡西区 
安在野 引野区の北4町許にあり
欽明天皇この所に駐駅し玉ふ時、道路に布設けし故に此の里を引布の庄と云

欽明天皇の伝承地は山口県岩国市の欽明峠 (欽明天皇がこの峠を通ったという) と八幡西区上津役 の2か所。

戦前の津田左右吉の頃から、日本書紀 仲哀天皇の 熊鰐が天石屋の儀式で仲哀天皇を出迎えたことが問題視されていた。
五十迹手の場所は筑紫が山鹿で、伊蘇は千畳敷。
折尾の日峰山に山幸彦の伝承がある。筑紫日向はここから近い。
神夏磯媛も芦屋町の夏井ヶ浜か田川の夏吉の人だと思われる。
私見では 「神」 がつく神名や地名の場所は芦屋町の山鹿貝塚周辺である。
天石屋の儀式は田川市から芦屋町のお祓い文化である。

神功皇后は下関方面からやってきて若松の江川を通って遠賀川の河口に出た記述があることから、岡県は通説どおり遠賀川の河口付近にある。

遠賀郡誌によれば、仲哀天皇御一行は中間市底井野の八幡社で熊襲討伐の協議をしたとあるので、ここが本当の香椎宮だ。 熊襲は甕棺埋葬文化である飯塚市立岩の豪族とみれる。 田川市 ・ 宗像市は甕棺文化ではない。
熊襲の名を取石鹿文または川上梟帥という。
※ 立岩遺跡は石包丁の生産地であった。
※ 佐賀県大和町の地名に川上がある。川上川が流れ、川上峡がある。
大和町は淀姫神社がある場所として著名。

日本書紀 仲哀天皇 熊鰐より、記紀 ・ 万葉の国は遠賀川の流域にあった。

遠賀川流域には物部氏に関する言い伝えが多い。
万葉集の物部 八十氏川 は遠賀川・犬鳴川である。

大日本豊津洲 は和名抄の 郷 である宗像市である(赤間説あり)。

卑弥呼の冢は神功皇后に関係する場所とみて、穴門豊浦宮の伝承地である下関市長府 日頼寺仲哀天皇殯斂地 (ひんれんち)である。