佐保 の場所


万葉集2677
佐保乃内従 下風之 吹礼波 還者胡 歎夜衣大寸

「粉」 は旧方城町弁城の岩屋の石灰粉

佐保の場所は弁城




旧方城町の弁城に 「上照り」、畑に 「高天」 という小字場所がある。
金田町と頴田町との境の山を 日王(ひのお)山系 という。