万葉集 巻7  1068 ~ 1417

1092 動神は吉見の千石岩
1095 植林といえば深坂
1233 織機上  鐘﨑の織幡神社
1226 神前 豊北町の神田岬
1233 鐘﨑 織幡神社 
1234 礒廻 鐘﨑の小字 「廻原」
1235 浪高 彦島西山のバス停 波高
1236 竹嶋 彦島の竹ノ子島
※ 竹嶋は小字 「竹ノ山」 がある宗像沖の地島か、七夕祭の大島かも。
岩波文庫 日本書紀(一) P154
「 吾田の笠狭の御崎に到ります。遂に長屋の竹嶋に登ります 」
古事記 天孫降臨の 「ここは韓国に向かい」 の場所は宗像だろう。
1295 砂子多川の曲水の宴
1301~1303  土井ヶ浜か、鐘﨑  
1368 ①考 石倉は老僧岩 ②考 音無稲荷

1401 奥津小島  下関沖の小島か、宗像沖の地島