出雲 と 淡海


出雲は3か所ある。
素戔嗚尊の都  松浦市 = 天智天皇の淡海の大津 ※ 後に訂正
根の堅州国 ?
大国主神・少彦名命の都  宇久島の山本

天智天皇の「淡海の大津」を宇久島・小値賀島に比定すると志我の場所を比定できない。


製塩土器が出土した遺跡
松浦市の今福遺跡
宇久島 本飯良の 宮ノ首遺跡


松浦市の不老山(徐福伝説あり)の小字地名が「平山」である
付近には他に「平の山」「戸平」「平塔」「前平」がある。
⇒ 万葉集29平山 は不老山である。

淡海の来田綿の蚊屋野 ⇒ 佐々山川の栢木(かやのき) 

鳥髪(鳥上) ⇒ 笛吹免の「鳥渡」

石川 ⇒ 今福町 北免 「岩川」「岩椽」か

黄泉の比良坂
①案  田平町 上亀免 「平坂」「岩ノ上」「岩ノ本」
②案  江迎町 飯良坂-伊賦夜坂 の転訛とみる 
③案  宇久島にも「平坂」がある-平郷、針木郷