山跡 を発見 !!


五島の福江市 長手町に小字 「 山跡 」 がある !!

万葉集
虚見津 山跡乃国者 押奈戸手 吾許曽居

「虚見津」(そらみつ)は木が生えてない鬼岳頂上からの眺めだ。


天平12年(740)9月に九州諸国の兵を動員して反乱を起こした藤原広嗣が追討軍に敗れて朝鮮半島に渡るため値賀島から出航し東風に乗って4日後に耽羅島(済州島)の近くまで達したものの、風がやんだため一昼夜漂流したあと西風を受けて戻され、「等保知駕島色都島」に着岸を余儀なくされ(「続日本紀」同年11月5日条)、10月23日に至って、「松浦郡値嘉島」長野村(現 宇久島か)で安倍黒麻呂によって捕らえられたという(同書同年11月3日条)。
『長崎県の地名』(平凡社の地名辞典)  P677下

この長野は福江市の長手だろう。