山口県宇部市

古事記の竺紫日向高千穂は対馬北端の向日郷で、橘の小戸の檍原の檍(あはき)の木は鰐浦の国指定天然記念物のヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)である。
山幸彦が鰐浦・豊で釣りをしていたなら塩椎神は椎根島の人である。
そこから間なし勝間の小船に乗って対馬海流で流されて着く先は山口県山陰の海辺である。
玄海灘の沖ノ島は人が住める場所ではない。
豊玉姫・玉依姫の父親の綿津見神は下関市から長門市の海神とみれる。

下関市吉見の竜王神社は綿津見神を祀る。
下関市長府沖には満珠島がある。
ネットで神社を調べたら下関市伊倉に豊神社がある。下関は豊浦と称されている。
「海坂」は関門海峡の激流(海水が坂を落ちるように流れるので海坂)か、陸路越えの長府から綾羅木に抜ける道路である。

土井ヶ浜遺跡から鵜を抱く女の人骨が発見されて、これが土井ヶ浜遺跡の名物になっている。その人骨が豊玉姫か。
土井ヶ浜遺跡は弥生中期の集団墓地であり、集落遺跡は見つかっていない。埋葬者は他所から運ばれてきたのである。

「奥つ鳥 鴨著く島」は山口県下関市の彦島か、長府~油谷町向津具である。
土井ヶ浜遺跡は海神豊玉彦(綿津見神)の集団墓地である。

「海坂」を関門海峡、彦島の小瀬戸、陸路越えで下関市住吉神社付近の山道のいずれかとすれば、豊玉姫は海坂を塞いで帰ったのだから、山陽側の周防灘に居たことになる。

「鴨著く島」は「鴨着く島」とちがい、鴨が著しくいる島である。
ネットで下関野鳥の会のバードウオッチング観察地を調べると、長府の乃木浜(神田川河口)で鳥観察をしている。
山幸彦が3年暮らした「奥つ島」は下関市長府の王司(おうじ)地区または海上自衛隊小月教育航空基地付近である。

いや豊玉姫が居た場所は下関ではない。
綿津見神の子の名前は 角川文庫 新訂古事記 P31より 宇都志日金柝命 なので、「宇都志」より宇部市である。
宇部市には古代の中国銭が土器に入れられて大量に出土した謎の沖ノ山遺跡がある。宇都志日金柝命は名が金柝なので扱っていた物はカネである。
沖ノ山は現在の「島」地区であり、付近に鵜ノ島小学校がある。

書紀1巻 P102より、大国主神の別名を顕国玉(うつしくにたま)神というから、宇部市も大国主神の領域だった。
小野田市本山(竜王山)に大国主神と少彦名神が中国から戻ったときに立寄ったという伝承がある。
宇部市東須恵に「高天原」の地名がある(高天原浄水場の地)。



感動の邪馬台国九州説
山幸彦が3年暮らした綿津見神の宮は山口県宇部市で謎とされている沖ノ山遺跡である。
「奥つ島 鴨著く島」は宇部市の島で沖ノ山遺跡である。
鵜ノ島小学校付近だ。