長門

万葉集1024~1026
    3243
    3621~3624

長門は対馬北端の豊の「長崎」長畑」であり、竺紫君石井もこの辺。
まさに国の「奥」である。
「奥」であるが「海表」でもある。

長門は豊嶋があり、命がけの渡海の地である。

感動の邪馬台国九州説。