邪馬台国 下関

アクセスカウンタ

zoom RSS スパイだから気をつけろ

<<   作成日時 : 2011/11/29 05:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0


『国防の常識』 鍛冶俊樹 著 角川oneテーマ21新書 2012年
P113
ハニートラップの被害者は男とは限らない

P118‐5行目
いつの時代も、スパイにとって一番楽な方法は二重スパイになることだ。

P190‐9行目
ロシアを分裂の危機から救ったのは他ならぬ核兵器であった。


『戦争の常識』 鍛冶俊樹 著 文春新書 平成17年
P34‐3行目
更に安全保障と国防の異なる点は、国防が戦時に重点が置かれているのに対して安全保障には戦時と平時の区別がない点だ。


鍛冶俊樹の本(新書) を3冊読んだ。 どの本もたいへん勉強になった。
必読の書である。

だが、
鍛冶俊樹 は せと弘幸 と対立している。 そこでネットをあたると、

田母神俊雄先生は何故保釈されない。(2)
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53197783.html

チャンネル桜の田母神買収裁判報告
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53203742.html
  ↓
(コメント欄)
899 名前:右や左の名無し様 :2016/10/07(金) 23:58:57.35 ID:Qt5CrvDb
鍛冶俊樹 公明党の遠山清彦 
で検索!

900 名前:せと弘幸 :2016/10/08(土) 09:46:19.24 ID:Bte8BpVn
>899さん

検索しました。やはりカルト創価公明とつながりがあるようです。

こんな男が「公明党ぶっつぶせ!」と衆院選に立候補した田母神先生の事務所
になぜ出入りしていたのか?

 スパイだから気をつけろ・・・と皆さん言っていたのは水島氏のことでは
なく、カルトのスパイという事だったのですね。納得しました。

2ちゃんねるで情報ありました。

Posted by せと弘幸 at 2016年10月08日 09:56



YouTube
せと弘幸 真の保守田母神俊雄さんが保釈されないのはなぜか?
創価学会の政治的圧力やチャンネル桜水島聡の卑劣な裏切りを赤裸々に語る必見動画
ttps://www.youtube.com/watch?v=_6MNBNneWt8
2016/12/19 - アップロード元: aquilliasse

2016/12/29 - アップロード元: Andrew Babin
https://www.youtube.com/watch?v=QMIMbfxxEsM
38:31
公明党をぶっつぶせ! と何回か繰り返した。
46:45
公明党・創価学会がどのように見ていたか考えますとね、これは絶対に許さないぞ


鍛冶俊樹の本 3冊 − 創価公明寄りの言説はしてない。
田母神、せと弘幸  − 鍛冶俊樹を創価公明の回し者と見ている。


「瀬戸弘幸」 が赤旗の紙面に登場(2) 2014年02月18日
ttp://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53027865.html


ネットのブログ
田母神事務所使途不明金報道 水島社長の嘘を暴け!番外編 7Ptoown=りき@鍛冶の嘘を暴くよw #チャンネル桜
ttp://yumikw.blog.fc2.com/blog-entry-235.html

田母神俊雄氏が不当に代用監獄に拘留されて5か月になります。長期勾留は人権侵害だ。
ttp://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/7d49d08d328fc44edef68b2689a99ac0


" 田母神被告、業務上横領罪は不起訴 東京地検特捜部 "
当方は3つの点で田母神被告側の対応が非常に不可解!!
ttp://ccp58800.blog25.fc2.com/blog-entry-2881.html
  ↓
この件について当方は「田母神被告」 側の対応が非常に不可解である。
内容は2つであり、第1は、この「決定」 に対して「準抗告」 は行ったのかということであり、第2は、それ以後、「保釈請求」 は行ったのかということである



2ちゃんねる情報
日本文化チャンネル桜67 178 [無断転載禁止]c2ch.net - 2ちゃんねる
potato.2ch.net/test/read.cgi/skyp/1461177148/970-n

チャンネル桜水島は超絶卑怯ゴキブリ 3
ttps://egg.2ch.net/test/read.cgi/kova/1274103741/l50

統一教会とチャンネル桜の繋がり。親子二代の関係者。その1。
ttps://ameblo.jp/teruteru46/entry-12272317842.html



『日米友好時代は終った』 瀬戸弘幸 著 昭和62年8月15日
展転社 1200円  ネットで中古本を購入
P3 はじめに
 南北朝鮮問題では米国が積極的に両者に慫慂(しょうよう) する動きが見られる。 あくまでも米国のイニシアチブによるアジア問題の解決が基本であり、そこに日本が口をはさむことは一切許されない。 金は出せ!口は出すな! これが米国の基本的な 「対日戦略」 なのである。
 日本人には米国は日本にとって良きパートナーなどと思っている人も意外と多い。 しかし、そんな考えは "甘い" と言うしかない。 米国は東アジアにおける 『戦略=米国の国益追求』 にただ日本を利用して行こうと考えているだけなのである。
 米国の国益にいかに日本を合致させるか、それが米国の 「対日戦略」 である限り、日本も警戒を解いてはならない。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

スパイだから気をつけろ 邪馬台国 下関/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる