邪馬台国 下関

アクセスカウンタ

zoom RSS 壱岐は吉母の黒嶋

<<   作成日時 : 2017/05/15 08:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0


邪馬台国の場所は下関市有冨・石原〜豊浦町室津である。
この範囲に記紀・万葉、風土記の全部がある。


風土記 逸文 から、記紀・万葉の壱岐は吉母の黒嶋と思える。
吉母の黒嶋は前方後円墳の形をしているから蓬莱山であろう。
仏教以前の信仰は不老不死の蓬莱山信仰だった。

ゼンリン地図
吉母の黒嶋と字「西条」 の宗像さん家 市杵嶋姫 (瀛津嶋姫)
壱岐 「いちき」 と訓める。

淤能碁呂島、伊岐島(天比登都柱) は吉母の黒嶋で、場所が同じ。

対馬は表記の「馬」 より御崎馬が泳いで渡った蓋井島か。


前方後円墳を造った関西政権
呉の孫権の遠征軍が建てた国であり、東漢氏である。





月別リンク

壱岐は吉母の黒嶋 邪馬台国 下関/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる