邪馬台国 下関

アクセスカウンタ

zoom RSS 長き人、仙(ひじり)  下関市福江

<<   作成日時 : 2016/10/23 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0


下関市福江 長仙古墳
真鋒田高天 雄略紀 文庫書紀B30‐12
有冨のハンドウ山か。

A案
雄略天皇が遊猟をした場所は蒲生野。 参考 万葉集20 題詞
膳臣長野 文庫書紀B30-8  蒲生野の長尾池か
大津馬飼 大津は友田川下流で安岡港
安野 文庫書紀B38-11 安岡の上げ

B案
安岡の野村病院の横を流れる水路は竹内川 石川楯 文庫書紀B28-1
雄略天皇が遊猟をした場所は吉見。 参考 万葉集27
吉野宮は吉見で御馬瀬は 字「尾袋」(馬の尾につける飾り)


葛城一言主
葛城山 葛城一言主は福江の長仙古墳(人丸神社 福江 迫85番地)
近くに1200年前からあったと伝わる役行者像が立つ。 場所は農免道路横 細川ふとん店の前
文庫書紀B34-4 長き人  B34-10 で「長仙」


ゆめゆめ
雄略紀 文庫書記B38-1 努力努力(ゆめゆめ)

皇極紀 4年4月1日 文庫書記C226-10 慎矣慎矣(ゆめゆめ)
鞍作得志 → 鞍作 → 安岡の玄空寺に伝わる仏像に「鞍作鳥作」 がある。
玄空寺の裏山が葛城山か。
福江に字「山王」 があり、農免道路横 流水庵あたり。


文庫書記B36-末行 葛城山の「霊しき
  ↓
防長地下上申 第三巻  P318  安岡村由来
鳥声山
但往古一ノ宮二ノ宮両社之御神、毎年極月七日暮六ツ時より八ツ時迄、十七日之間御巡廻被成、此所ニて鶏鳴候間、御帰り被成たる由、其故鳥声山と申伝候事


防長地下上申 第三巻  P325上
井川と云小池  横の之内安岡境ニ有り
但往古弥左衛門と申者堀申ニ付弥左衛門川と申伝候事


横野の妙光寺前あたりに池があった。
来目水、百済の池津媛 文庫書紀B28-1
仁徳紀 横野堤 文庫書紀A244-10





月別リンク

長き人、仙(ひじり)  下関市福江 邪馬台国 下関/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる