邪馬台国 下関

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿保山 阿毎  「阿」 は有冨墓地の東側の地形

<<   作成日時 : 2016/10/20 02:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0


山辺の道
有冨古墳−大年池−大迫池−薬師池−竹生観音の参道下
大年池 埴安池
大迫池 石上池
薬師池 藤原の山池か

葛城山=石上山=鳥見山=蓬莱山 ・・・ 葛城一言主は仙人、神仙境
場所 有冨 ハンドウ山の山頂から平たい尾根伝いに20分歩いて登る。

先代旧事本紀 巻第三 饒速日尊の天下り
鳥見の庭山
神仙境は白い所である。
ハンドウ山 乳白色の石英は国の重要文化財に値する。


文庫書紀@236-2
又高尾張邑に、土蜘蛛有り。 其の為人、身短くして手足長し。 侏儒と相類たり。
手足長し ・・・ 長髄彦、七束脛

高尾張邑  有冨上 大迫池の上の尾根
懼坂  ハンドウ山の登山道 



『抱朴子 列仙伝・神仙伝 山海経』 平凡社 中国古典シリーズ
大荒南経  P499下-末から2行目
不死の国あり、の姓、甘木(不死のき) を食う。
  ↓
万葉集1867 保山
春が来れば桜の花が咲く。 有冨の山には山桜が多い特徴がある。

学研 新漢和大字典など大型の漢和辞典で「」 を調べる。
かぎ形になった丘、くま、山や川の曲がって入りこんだ所

青(あを)、阿保(あほ) は字音仮名の表記が異なる。
」 の地形は有冨墓地の東側である。

甘木は花に蜜がある椿か。 椿は日本の特産で中国・朝鮮にはなかった。


隋書俀国伝
倭王の姓は毎、字は多利思比弧、号して阿輩雞弥という
これも「」 は音だけではなく意味(山並みがかぎ状に曲がった所) も表していたと見れる。





月別リンク

阿保山 阿毎  「阿」 は有冨墓地の東側の地形 邪馬台国 下関/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる