邪馬台国 下関

アクセスカウンタ

zoom RSS 青銅器、鉄器  記紀

<<   作成日時 : 2016/10/19 12:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0


古墳時代
日本書紀 「剣」 は青銅製だと思う。

神功紀 裂田溝 文庫書紀A142-9
大磐の上に・鏡を置いて、落雷を招いて磐を砕く。

推古紀26年 河辺臣 安芸国 霹靂の木 文庫書紀C132-1
大雨の中にを持って立ち、落雷を呼ぶ記述

七支  Wikipedia
七支刀(しちしとう) は、古代倭王家に仕えた豪族物部氏の武器庫であったとされる奈良県天理市の石上神宮に伝来した剣。 全長74.8cm。
私見
七支刀は「剣」 でなく「刀」 なので鉄製である。 避雷針の形だ。


五行  木、東、青天、霹靂
六十四卦  震


弥生時代
私見 青銅器は雨乞い占で使用ゆえ大型化か。

古事記 鉄
角川ソフィア文庫 新版 古事記 八俣の大蛇
P48-6
足名


仙術=占術、呪術  陰陽道
役君小角 続日本紀@17-8
続日本紀の始まり部分で役君小角がでてくるので、修験道の知識は必要。





月別リンク

青銅器、鉄器  記紀 邪馬台国 下関/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる