邪馬台国 下関

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀鉱山

<<   作成日時 : 2014/08/29 18:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0


武烈紀に 「銀郷」 文庫書紀B154-4 とある。
古事記 銀(しろがね) の王 が出てくる。

「銀」 という表記から、金鉱山で銀も出る所ではない。


銀鉱山があった場所
山口市 一の坂
http://www.tanuki-m.net/~tanuki-m/houben/araka_h/itinosaka/itinosaka.htm
美祢市 美東町
http://mitounavi.blog77.fc2.com/blog-entry-387.html
大分県 国東半島 立石
http://www.mineralwave.com/newinfo/mitsui/mitui.htm

山口大学工学部 学術資料展示館
http://www.msoc.eng.yamaguchi-u.ac.jp/img/ja_map11.jpg
石見銀山 銀鉱石の説明
http://www.youtube.com/watch?v=_YQ-5AThqds
生野銀山 日本の鉱石
http://www.youtube.com/watch?v=14VgTEgcqm4


鉱物
北九州市内の鉱山
http://members.jcom.home.ne.jp/eirakuan/kouzan.html

国産鉱物
http://www.takeda-mineral.com/japan_mineral.html
福岡県の鉱山等で採取できた岩石、鉱物のリスト
http://413828.web.fc2.com/03-40.html


香春岳
登山
http://www.geocities.jp/morikatsu55/kawaraCA.html
「 岩壁に緑青が出ている 」

製鉄・精銅地名 : 高良/香春/川原(河原)/郡浦 : かわら、こうら、こら
http://blog.livedoor.jp/ushijimatoshihiro/archives/33742201.html



以前、山口市の天花(てんげ) に小字「高橋」 があるので、一の坂銀山が武烈紀の銀郷かと考えたが、確証を得ることができなかった。
図書館で門司に関する戦前の史料を大量にコピーしていたら、小森江の風師山に銀鉱山があったことを "発見" した。 武烈紀の銀郷(文庫書紀B154-4) であると断言できるので、大倭の場所といえる。

小学館 日本書紀A  新編 日本古典文学全集 3
P277-5 銀郷(ぎんきやう)
頭注 朝鮮諸国をさす。 一般には「金銀の国」 と記され、「郷」 は本条のみ。

  ↓
「銀郷」 の場所は朝鮮諸国ではなく門司の風師山・小森江である。

古事記 銀(しろがね) の王 ・・・ 女


紺青(青い鉱物サビ) は粒子が細かく、微細粒子を吸えば塵肺になる。
Wikipedia から

廃鉱の理由は国際競争力に勝てる経済的採算性がないためである。
機械化による大規模採掘できない国内鉱山は廃鉱になる。
こつこつと ノミ、ツルハシを使って掘る程度の細い鉱脈は残っていると思える。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

銀鉱山 邪馬台国 下関/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる